菜々緒の性格は悪い?!マネージャー14人替わるのはプロ意識の高さか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

型破りな演技力にも定評がある女優の菜々緒。ミステリアスな顔立ちに、股下85センチの美脚の持ち主として有名。そんな菜々緒の性格が悪すぎるという噂についてまとめてみました。

菜々緒のマネージャーが次々代わって合計で14人目!

ファッション誌『PINKY』や「ミス東京ガールズコレクション」ではグランプリを受賞してきた菜々緒。モデルとして数々の実績を残しています。そして2011年にテレビドラマ『ウレロ☆未確認少女』で女優デビューを果たました。クールで整った美しい顔立ちに均等の取れたプロポーションは瞬く間に注目を集めます。2017年で女優としては8年目の節目を前にした菜々緒。そんな彼女にマネージャーがこれまでに14人も代わっていたことが『週間文春』で取り上げられました。

via google imghp

しかし、8年の間に既に14人も頻繁にマネージャーが代わる理由は菜々緒の性格にあるといいます。気性がかなりはっきりしており、加えて気に入らないことがあると極端に機嫌を損ねると言う目下のわがままぶりなんだとか。そんな菜々緒の性格に振り回されてマネージャーがしょっちゅう入れ代わるという始末になっている様です。

菜々緒(ナナオ)

生年月日:1988年10月28日 (28歳)

身長:172 cm

モデル 女優

本名:荒井 菜々緒

出身地:埼玉県大宮市


身長:172cm 血液型:O型

スリーサイズ:80 57 86cm

所属事務所;プラチナムプロダクション

菜々緒のわがまま過ぎる性格エピソード

8年もの女優活動で既に14人も入れ代わっている異名を持つ菜々緒。マネージャー泣かせのエピソードは数多くあげられています。

via google imghp

マネージャーが運転する移動中の車で運悪く渋滞にはまったものならあからさまに機嫌が悪くなる。ロケ先でのお弁当が気に入らなければそれはそれで気分を害する。
又彼女はタバコの臭いも大の苦手。タバコの香りは好みがあるから仕方ないですがこの辺りもマネージャーにしっかりわがままを主張するのでしょう。
とにかく8年の間に14回というのはちょっと不自然な回転具合です。その14回という実態を紐解くと菜々緒自身が替える場合もあればマネージャーからお願いする場合もあるようです。マネージャー自らが希望を出すところから見ても既に実際の菜々緒の行き過ぎたわがままぶりが予想されます。

via google imghp

そんな菜々緒の性格に事務所幹部もお手上げ状態で手を焼いている様です。しかしそんな菜々緒の暴君振りが懸念される一方で、現実は事務所の大切な稼ぎ頭であり、そのうえ与えられた仕事に対しても前向きで完璧にこなすと言われている。そんな彼女を邪険に扱うなど言語道断。たとえ、ワンマンな性格でマネージャー泣かせであっても事務所側が我慢して折れる他はないのかもしれません。
また、ある意味菜々緒のこの性格の激しさは典型的女優であるとも言えそうです。彼女がこうしてモデルから売れっ子女優になれたのもひとえに才能があったからこそ考えられることだと思われます。筋の通ったワンマンということでしょう。

菜々緒はプライベートでも本当の悪女だった?!

『週刊文春』に報じられた菜々緒のマネージャーがちょくちょく入れ代わることについて彼女の所属事務所に直撃したところ「仕事に対するモチベーションがすごく高いので、現場マネがついていけない場合もありますし、会社の事情で替えることもあります」などの擁護する見方の発言がなされた様です。

via google imghp

こうしてみるとあたらずも遠からず、菜々緒の気難しさは確かに女優としての演技に生かされている部分も十分考えられそうです。2014年にはドラマ『ファーストクラス』に出演。
劇中では 菜々緒演じる 川島レミ絵の悪女ぶりが注目されました。これに火がつき2015年10月に放送された『サイレーン刑事×彼女×悪女』では深い闇を持つ整形美人の橘カラ役として作品では重要な役柄を演じます。

via google imghp

またしてもヒール役であるものの史上最強の悪女を熱演。最終章の体を張ったクライマックスシーンではドラマの恐怖感を大いに盛り上げ話題となりました。菜々緒自身もかなり役にのめり込んでいたのではないでしょうか。
菜々緒はドラマ以外にもCMなどでも個性が炸裂しています。auの乙姫役など、すっかりドSキャラのインパクトが定着してしまっており気持ちのいいくらい役にハマっています。他にもファブリーズやブランディアのCMにも出演。ドSキャラのインパクトなのか、菜々緒がCMに出ているというだけで存在感が放たれます。

via google imghp

この年齢で彼女以外にここまでぴったりくる女優もなかなかいないでしょう。こと、サスペンスやミステリー作品ではいわゆる悪役には外せない、立て役者としての地位を確立したと思われます。どうやらこの定着した悪女キャラはこの一件からして言うまでもなく私生活の菜々緒そのものだった様です。
しかし、一方では2017年4月放送のドラマ『ボク、運命の人です。』ではこれまでのヒール役はいったん休符し、美沙子役で好人物を演じています。悪役から一変し良い人を演じる真逆のバランスもパーフェクトに役を演じきる女優・菜々緒にとって大切な要素なのかもしれません。一女優として年齢を追うごとに悪女役中心からやがては幅広い役をこなせる役者へと成長していく菜々緒の今後が楽しみだと思います。