菅田将暉がMステで歌うも下手すぎてヤバい!【動画】

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雰囲気あり、実力ありのイケメン俳優菅田将暉(24)がMステで自作歌詞の楽曲を披露するも、その音痴具合に思わず消音にしてしまうファンまで出現!見た目はカッコいいのに…と落胆させてしまうに至ったその歌声を聞いてみましょう!

菅田将暉がMステに出演

ディーンフジオカに次いで菅田将暉までもがそのお粗末な歌声を全国に晒してしまいました!こんなことはディーンフジオカでラストにして欲しいと願っていましたが、そう簡単には済まなかったようです。

2017年8月25日、長く続いているため皆が絶対に知っているであろう音楽番組『ミュージックステーション』略してMステで悲劇は起きました。俳優の菅田将暉(24)が、自身の作詞したという楽曲をひっさげて歌を歌うため出演しに来たのです!

菅田将暉、Mステ堂々と登場

菅田将暉は1993年生まれの現在24歳と若くありながらも独特な雰囲気で女性ファンを獲得。2008年にジュノンスーパーボーイコンテストでファイナリスト12人に選ばれたことがきっかけで今も所属する事務所「トップコート」に所属し、2013年に主演を務めた『共喰い』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

当時若干20歳ということになりますからほんと才能があったんでしょうね〜!顔だけではないことを実力で証明できたのでしょう、その後2016年にはオリコンの調査である「2016年度のブレイク俳優」ランキング見事1位を獲得。勢いが止まらない、旬な俳優さんですね!

@masakisuda20)さんの投稿

独特な雰囲気が人気の俳優、菅田将暉

そんな俳優として脂がのりまくりの菅田将暉ですが、音楽業として活動もちょくちょくしており、その流れで2ndシングルが2017年8月30日に発売する運びとなり、今回のMステ出演が決まったのだとか。さて、彼が生放送で放った歌声とは一体どんな素敵な歌声だったのでしょうか。

菅田将暉、歌が下手すぎる

実は彼はMステ出演は今回が初ではなく、初登場は同じく2017年の1月でした。しかし今回の出演とは異なり、同じく俳優の横浜流星(20)、成田凌(23)、杉野遥亮(21)からなる4人組のボーカルグループ「グリーンボーイズ」として出演。「グリーンボーイズ」に関しては以下の経緯で結成されたそうです。

同グループは、GReeeeNの代表曲にまつわる実話を描いた映画『キセキ -あの日のソビト-』(28日公開)で、GReeeeNのメンバーを演じる4人で結成。GReeeeNのデビュー日でもある今月24日にグループ名と同じ「グリーンボーイズ」でCDデビューも果たす。

@masakisuda20)さんの投稿

グリーンボーイズの菅田将暉、音痴

via google.imghpさて、前回は仲間が4人一緒に出演していましたから初登場で緊張はしていても心強かったとは思いますが、今回はたった1人であの生放送の舞台に立ったわけですが、その映像を見た視聴者からは思わず消音にしてしまったという女性ファンまで見受けられたのです!お待たせしました、それでは聞いてみましょう。

一見「別に下手ではなくない?」とも思えるんですが要所要所きちんと音程を外してくるあたり、ちょっと聞くに耐え難くなってくるこの感じ、つたわりますでしょうか。これはちょっとショックが隠せません。

なんせ雰囲気は良いし、歌声なんかはBUMP OF CHICKENの藤原基央やRADWIMPSの野田洋次郎とよく比較されているというだけあるのも頷けます。頷けますが、ですがしかし、比較されたら木っ端微塵に大敗してしまうレベルな気がするのが逆に可哀想です!

菅田将暉Mステ初登場時

しかもバンプやラッドなんかと系統が正反対とまでは言えないポジションにいると思うんですよね。そうなると余計に本人にとって良いことは一つもない…一体全体どうしてこうなった〜!

視聴者の反応

いや、それでもめちゃくちゃ致命的に下手すぎる!というわけではかろうじて無いとも思うんですよね。菅田将暉自体はカッコいいと思いますし、やはりその独特のオーラは誰にでも出せるものでもないと思いますから、ファンならきっと目はハートなはずです!

お、おお…俳優として好きな人でも歌はダメだったか…

いくら音程外してても、画面に映る菅田将暉はカッコいいことに変わりはない、同意です。

むしろ前回の出演時から思われていたという悲しい事実が判明してしまいました。

これはなかなか辛い意見!歌手活動している人に「気が散る」発言はかなり傷付くでしょうけどこればかりは仕方がないと思えてしまう出来栄え…

ですがきちんと、菅田将暉ファンで歌手としての菅田将暉も大好き!という層はもちろんいます。

今回の出演時に流れていた歌詞は、本人の直筆によるものだったそうで、ファンはそんなところも嬉しいですよね!

大好きな人は何をしていてもカッコいいですよね、間違いないです。ファンが幸せならそれでいい…はず。

なんでも、失恋の実体験を作詞したということですのでファンは悲鳴必至ですね!とはいえもう少し完璧に上手かったら話は別だったかもしれませんが、歌が上手いことだけがヨシではないですもんね!

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。普段は俳優としての菅田将暉しか知らない人も多かったかもしれませんが、彼は音楽活動にも積極的なようで、きっと今後も新たな楽曲を引っさげてテレビの前で披露してくれると思います。

また彼の生声が聴ける日が来るとと良いですね。楽しみですし、本業の俳優業もさらなる飛躍を期待したいですね!



ページトップへ