【画像】自撮りグランプリ2016、15歳岡本莉音が可愛い

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

益若つばさや近藤千尋らが所属するエイジアグループが主催する「セルフィーオーディション2016」で愛媛県出身の15歳、岡本莉音さんがグランプリを獲得しました。”オーラが輝いていた”と話題に。

自撮りオーディションとは?

自撮りオーディションとは、スマートフォンの自撮りアプリ「egg」を使って撮影した写真を応募し、審査を受けます。グランプリを獲得したら益若つばさや近藤千尋らが所属する事務所、イベントの主催元であるエイジアグループでタレントとして活動するほか、賞金が100万円が贈られるというものでした。”自撮りアプリを使って”というところが、なんとも今の時代らしい感じがしますね。しかも、その書類審査までの流れというのが「egg」の専用フィルターを使って自撮りをしたものをLINEで送るといった方法らしく、そんなゆるい感じなんだと個人的に思ってしまいました。LINEという誰もが気軽に応募出来そうな感じだからか、なんと1万1613人もの応募があったみたいです。審査する方も相当苦労したのではないかと思います。

グランプリは15歳、岡本莉音さん

名前     岡本莉音(おかもとりおん)
生年月日   2001年5月12日
出身地    愛媛県
趣味・特技   ダンス、バレーボール
学校     松山市立内宮中学校via google imghp1万1613人の中から見事グランプリを獲得したのは、愛媛県出身の15歳、岡本莉音さんでした!なんと中学三年生。2000年代生まれなんですね。。若々しいけど、他の中学三年生と比べたら大人っぽいんだろうという印象です。15歳がスマホアプリやSNSを使いこなしているなんて、ジェネレーションギャップを感じます。(笑)審査委員特別賞には12歳や13歳の子もいますからね~驚きです。趣味や特技がダンスとバレーボールって、スポーツ女子ですね。ダンスやバレーボールが好きな女の子ってサバサバ系が多いイメージなので、可愛らしい岡本莉音さんですが、実はサバサバ系のカッコいい女子なのかも。そのグランプリを獲得した岡本莉音さんですが、オーディションに送った自撮り画像がこちら。

google imghp

via google imghpスッピンですかね?とってもナチュラルで中学生らしい若々しさが存分に伝わってきます。自撮りというと盛りすぎて実物見た時にがっかりしてしまうパターンが多いですが、この画像からは多少は加工が入っていいるかもしれませんが、ほとんどそのままの自然体って感じですね。ちなみに、岡本さんのチャームポイントは大きな瞳だそうです。グランプリを獲得したことについて、「まさか自分がグランプリを頂けるなんて思わなかったので、すごく嬉しいです。」と笑顔でコメント、「誰もが知っているモデルさんになりたいです。」と目標として菜々緒の名前を挙げ、益若つばさを苦笑いさせる場面も。益若つばさや近藤千尋といった同じ事務所の先輩になる方を前に、菜々緒の名前を挙げてしまうところがなんとも大物感が感じられます。(笑)

渡辺直美のダンスものまね、益若つばさ絶賛!

審査委員として携わった益若つばさは、岡本莉音に対して「意見が割れるくらい素敵な方が多い中、パッと輝くオーラに引きつけられました。こんなに可愛いのに、審査では渡辺直美さんのモノマネをした度胸もすごい!ギャップに惚れました。」と彼女から滲み出る輝くオーラを高く評価し、また渡辺直美のモノマネに関しては大絶賛といった感じです。その益若つばさが絶賛した渡辺直美のダンスものまねがこちらです。

益若つばさが絶賛!岡本莉音がする、渡辺直美のダンスものまね

via www.youtube.com渡辺直美ほどのキレはありませんが、確かになぜ渡辺直美のものまね?と思ってしまいますね。岡本さん曰く、自分らしさを出したくてこのものまねを選んだそう。きっと明るい子なんでしょう!岡本さんはダンスを習っていて(しかも地元のEXILE PROFESSIONAL GYMに通っていてかなり本格的!)、他にも踊れるものがあったはずなのに敢えて渡辺直美のダンスものまねにして笑いを取りに行く姿勢が”ただ可愛いだけ”ではない感じが個人的にとても好感度が高いです!岡本さん自身、自分らしさを出したくてこのものまねを選んだそう。そして、この15歳とは思えない堂々っぷり。モデルだけでなく、テレビでも今後活躍していきそうな予感。


岡本莉音はオーラが違う

審査委員を務めた益若つばさやその場にいた関係者らが口を揃えて、岡本莉音は”オーラの輝きが違う”と話しています。そんなにオーラが違うのか、疑わしいところですが(というか自撮りグランプリにオーラって必要なの?と思ってしまいますが)、ファイナリストを見てみるとその”輝き”というものが分かります!

どこにいるか分かりましたでしょうか?右から三番目に岡本莉音さんはいました!ファイナリストというだけあってみんなそれだけの可愛さはありました。が、その中でも飛び抜けたオーラというものを感じませんでしたか??個人的にものすごく感じましたね。すぐにこの子だ!って分かりましたし。輝いていました。

via google imghp岡本さんは小学生の頃からモデルに憧れていたみたいです。足が長くて、身長も高くとても健康的なスタイルの良さです。小学生の頃からモデルに憧れていたということは驚きました。普通小学生ってゲームや外遊びに夢中で雑誌を読んでいる子はあまりいないイメージ。読んでいる子がいたらすごい大人っぽいな~って感じます。モデルに対する意識の高さが分かります。
自撮りって大体盛ってなんぼのところがあるから、今回グランプリを獲得した岡本莉音さんやその他ファイナリストの方たちのように実物も可愛いとなると自撮りの概念を覆してしまいすよね。また、自撮りオーディションと称しながら、実際に表舞台に立って評価を受けるということであるので自撮りで可愛くするだけではダメなんだな~と思いました。
岡本さんは、モデルは小さい頃からの憧れだったと話しているし、15歳でこの完成度であればこれからもっともっと綺麗になっていくのではないかと思います。頑張ってもらいたいですね!


ページトップへ