のん、アニメ映画の主演決定!広島弁で声のお仕事

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「のん」へと改名した能年玲奈さん。お仕事の情報がなかなか入ってきませんでしたが、アニメ映画の主演に決定していたことがわかりました。これを足掛かりに再び表舞台に戻ってこれるのか…

今年の7月、突如として「のん」に芸名を変えたことを報告した能年玲奈。事務所とのトラブルを乗り越え、改名をし、再出発…とおもいきや、のんという名前も不評でいまいちお仕事の話も聞かないまま、パッとしない状態が続いていました。

しかし、今月24日にアニメ映画の主演に決定したことが発表されました。google imghp (36623)

via google imghpのんが主演を務める映画「この世界の片隅に」は、広島県呉市を舞台に、一人の少女の生活を描いた物語。
原作はこうの史代で、同名の漫画は数々のマンガコンペで1位、優秀賞を獲得しています。
脚本・監督を「BLACK LAGOON」シリーズの監督も務めた片渕須直が、制作を「坂道のアポロン」を手掛けたMAPPAが担当しています。のんと、のんが演じるすず

のんと、のんが演じるすず

すずは広島市江波出身の18歳の少女。絵が得意。
のんもアーティスティックなところがありますよね。via google imghpのんが声を演じる主人公のすずは1944年、18歳の時に地元から20キロ離れた呉市に嫁いできます。嫁ぎ先で主婦として、日々の生活を支えるべく工夫を凝らして生活しますが、海軍の拠点である呉市は戦争の影響が次第に強くなり、街も生活も人も、少しづつすずにとって大切だったものが無くなっていきます。そして、1945年を迎え、すずの生活はどうなっていくのか。

すずの夫となる男性の役には細谷佳正が、他にも小野大輔や潘めぐみなどの人気声優のキャスティングも決定しているようです。
声での仕事を本業とする人々に囲まれる中で、これまでは女優業を行ってきた、しかもブランクもあるのんはどんな演技を見せるのかちょっと不安ですが…
予告編の動画を見る限り、特に違和感は感じませんでした。広島弁という、かなり癖のある方言を話さなければいけないのですが、そこも特にわざとらしさは感じません。

「この世界の片隅に」予告編

柔らかい雰囲気のイラストが、のんの声に合っていますね。
穏やかな雰囲気はどこかジブリっぽさも感じます。
戦争を扱っている作品ですが、いい意味で張り詰めた暗さが前面に押し出されてなさそうなところが魅力的です。via youtu.beなんでも、監督を務める片渕は、よりリアルに作品を描くために徹底した呉の調査や時代考証を行うために6年もの時間をかけて制作をしていく中で、のんの声を聴いたとき、「すずはこの人しかいない」と直感的に確信したそうです。

度々その鼻にかかった声が話題になり、「あまちゃん」でナレーションをしていた時は聞きづらい、などの評価も受けていたのんですが、声のお仕事でもなかなかの活躍を見せているようです。


予告は短いので、本編は多少違和感や演技について疑問を感じるところはあるのかもしれませんが、それでも思ったより期待出来そうですね!google imghp (36624)

via google imghpまた、この映画は約4年前からアニメ化の計画が進められ、本格的な政策に入る為にスタッフの確保や先行的に映像を試作するための資金の確保を目的として、2015年3月9日から5月28日までクラウドファンディングが行われていました。
82日間で集まった金額は、合計3622万4000円、出資者の数は3,374人にも上りました。
この人数は、国内で行われた数々のクラウドファンディングの中でも過去最高の人数だそう。

それだけ多くのファンの期待、監督たちスタッフの想いが詰まった映画という事ですね。各界でそれぞれ結構有名な方たちが関わっていて、主演にのんが起用され、クラウドファンディングでも最高支援者数を達成…
このようにかなりの話題性、コンテンツ力があるにもかかわらず、そういえば一切の報道を見た覚えがないですね…

どうやら今回も、所属していたレプロエンタテインメントが一切の報道機関に圧力を掛けたのだとみられています。

実際に、めざましテレビが公式アカウントで翌日の出演予定者を告知した際、ツイートの中には「のん(能年玲奈)」との表記があったのに、当日実際には出演しませんでした。
結局ネットに基本を置くニュースサイトなどでは少しづつ情報が広がっていましたが、テレビなどの大きなメディアでは全く報道されていません。

元事務所からの圧力がずっと続いているなんて怖すぎますね…復帰の足掛かりとして選んだのは声優業という事で、これからはこの方面での活躍もあるかもしれませんね。
またテレビで実際に動いて演技する姿が見たいです。

事務所からの圧力に負けず、この映画で成功を収めて完全復活してくれるのを期待しています!



ページトップへ