中村光原作「聖☆おにいさん」実写ドラマ化!予想キャスト

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


セイントお兄さんも!?人気漫画がまたまた実写化。連載されているモーニング・ツーより発表がありました。詳細はまだ先のことになるようで、キャストを含め、ほとんどすべてが不明。キャストが誰になるのか楽しみですね。

聖☆おにいさん

モーニング・ツーで連載されている人気漫画です。2016年11月時点では13巻発売されています。賞を受賞したりと多くの人に愛されており、すでにアニメ映画化もしました。実写ドラマ化について連載雑誌にて発表されましたが、その他は何もかも不明。12月の次号にて明らかにされるようです。「聖☆おにいさん」の読み方は「セイントおにいさん」。聖闘士星矢に少し似ていますね。聖☆おにいさん

聖☆おにいさん

via google imghp人気漫画になったのはやっぱり世界観。神様が人間として生活するのはとてもおもしろく、発想力が豊かです。宗教が漫画に組み込まれており、「もし神様が人間になったら」といった妄想が描かれているような感じになっています。宗教が絡むと複雑で難しいと考えがちかもしれませんが、「聖☆おにいさん」はギャグ漫画です。人間となった神様の苦悩を笑いに変えているところは素晴らしいです。メインの登場人物は二人。仏教の祖であるブッダとキリスト教における神の子イエスです。人によって宗教の解釈は異なるかもしれませんが、ブッダとイエスの二人(?)は神格化されており、その二人が人間界に降りてきたという設定です。だいぶ神様を馬鹿にしている漫画で、無宗教である日本だからこそ面白いのかもしれません。二人の特徴は捉えられており、キャラも濃くて飽きません。菜食主義者で倹約家のブッダに、奇跡をすぐに起こしてしまうイエス、それに加え、仏教やキリスト教を勉強すると出て来る人がたくさん登場します。千手観音や唯一神、聖母マリアなどがエピソードも交えながら出てくるので勉強になる面もあります。

実写化したら

まだ実写ドラマ化することしか決まっていないですが、ネットでは大騒ぎです。次々と実写化する波に乗ってしまったことを批判する人もいれば、楽しみにしている人もいるという感じです。その中でも注目されているのはもちろんキャスト。ブッダとイエスを演じるのは誰なのかは気になるようです。ここで実写化するとしたら誰になるのか予想してみました!

ブッダ

佐藤二朗

佐藤二朗

via google imghpブッダは人選が難しいです。頭が螺髪なら、正直誰でもブッダになるのではないでしょうか。某ドラマで螺髪を被っていた佐藤二朗が有力候補のようです。でも若いイメージがあるので、佐藤二朗だとオッサン感がすごすぎるなと思いますね。若い中ではアニメで声優をしていた星野源を押す人が多いです。声が変わらないというのはアニメ視聴者にとっても違和感なく入れます。星野源


星野源

ブッダ感がなくもない?via google imghp佐藤二朗が選ばれた理由としては、ギャグものによく出るからです。「ニーチェ先生」や「神の舌を持つ男」など面白おかしい作品に登場するイメージが強く、上手く演じてくれるからということもあります。ただ、舌っ足らずという難点があるので、実写の主役には合わないかもしれません。脇役で出ると面白いでしょう。

イエス

オダギリジョー

オダギリジョー

via google imghpイエスとして一番適役とされたのはオダギリジョー。髪型を頻繁に変えているイメージがあり、特にロン毛が多いのでまさにぴったりです。オダギリジョーは時効警察などギャグものにも挑戦していますが、シリアスな作品で見ることが多く、クールなイメージが強いです。イエスは最初から最後までふざけ倒すので、そういうオダギリジョーも見てみたいかも・・・。漫画の中にもある通り、イエスは思いっきり外国人風です。ジョニー・デップにそっくりなので、ジョニー・デップしか合わないと考えるファンも多いです。しかし、ジョニー・デップは日本語が話せないので却下ですね。そうなると一番ふさわしいのは山田孝之も考えられます。ギャグ感があるので、オダギリジョーよりは可能性が高いです。意外と堀が深いので、イエスはいけるのではないでしょうか。山田孝之

山田孝之

ロン毛にすればイエス似合いますよね!ぜひ山田孝之でお願いしたいです。via google imghp

続報に期待!

今のところは何も分かっておらず、想像の域をでません。12月のモーニング・ツーに期待するしかありません。ここまでのギャグドラマは比較的視聴率が悪いことが多いですが、「聖☆おにいさん」はすでにマンガという脚本があるので面白くなるはずです。原作を読んでいる人にとっても楽しめる作品に仕上げてほしいです。「ROOKIES」のように実写でも成功した試しはありますし、ぶっ飛んでいる内容なので、真剣に見なくてもいいドラマとしては最適ではないでしょうか。話が全てつながっているのではなく、1話完結にすれば、1話見逃しても次が見れますから、視聴率が下がることもないはず。「銀魂」の実写化などギャグ漫画界でも成功できることを証明するチャンスです!


ページトップへ