羽生結弦がナルシストでウザい、嫌い、キモいの声【画像】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歴代最強と言われるフィギュアスケート選手・羽生結弦はとても人気です。特に女性ファンからの人気はすさまじく、「ゆづ」の愛称で親しまれています。しかし、俺様発言やナルシスト行為で反・羽生も?名言がやばすぎる・・・。

羽生結弦はナルシスト

羽生結弦と言えば、「イケメン」や「かわいい」と思い浮かべる人が多いです。女性ファンは熱狂的で、宗教のごとく羽生結弦を応援しています。しかし、中には嫌悪感を感じる人もおり、ナルシストぶりに耐えられないようです。世界王者になってからはコメントも激しさを増し、一歩間違えれば超ウザイと思われる領域まで踏み込んでいます。

結果を残している今はなんとも言えないので、アンチの人も出てこれない状況ですが、少しでも不調や失速が見えたら必ず出てくるでしょう。それほどまでにメディアに向かって過激発言を繰り返しています。また、発言だけではなく、カメラに見せる顔もナルシストぶりが際立っており、ファンは熱狂していますが、アンチは影で批判する始末。
そう、こういう顔のことです。(画像)

google imghp (49327)

via google imghp

日本中から愛されているかと思いきや、実は嫌われてもいる羽生結弦。出る大会全てで金メダルを取れば文句はありません。そんなことができるのは1人もいないのが現実です。少しは俺様発言を減らせばいいのにと思いますが、メディアはそれを「自分に厳しい!」と報道するので、自分でも勘違いしているのかもしれません。羽生結弦のナルシストぶりは異常の域に達しています!!

ナルシスト言動

特にナルシストと言われているのは言動。トップを目指すアスリートですから、多少の言動は仕方ないです。現にサッカー日本代表の本田も同じように自分や味方に対して厳しい言葉を浴びせます。羽生も同じではないのでしょうか。
と思いましたが、少し違うようです。本田とは違って、「じぶんかっこいいぜ」感がにじみ出ているといいます。どのくらいにじみ出ているのでしょうか。確認してみました。

プレッシャー、大好きですから

ドM発言ですね~。一流アスリートしか言えない発言ですが、人によってはひどく嫌うようです。優勝確実と言われるプレッシャーは想像できないものがあるので文句は言えません、しかし、優勝してこのセリフは他の選手は少しムカつく発言に聞こえるかもしれません。あえてメディアにプレッシャー大好き発言をするのは「自分はすごいぜ」アピールのようなナルシスト発言と捉えられても仕方がないです。

僕は僕羽生結弦以上でも以下でもない

音をつけるとしたら、「決まったーーー(キラッ)」という感じでしょうか。言っていることは至って普通です。自分は自分だから、自分にできる演技を披露するだけ、という内容でしょうが、さすがにこれは弁護できません。カッコつけすぎですね。羽生結弦でもアウト気味です。

逆境は嫌いじゃない。それを乗り越えた先にある景色は絶対にいいはずだと信じている

名台詞です!!いつかの偉人が書いていたと言っても驚きません。プレッシャー発言と同じで、少しイラッとします。たぶん羽生が若すぎるのだと思います。人生経験を積んでから言えば、もう少し深みが出るのですが、20歳そこそこで言われても・・・。今までいくつの景色を見てきたんだって話ですね。
でも次の発言はもっとすごい。

世界の頂点に向かい、蒼き彗星は一直線に突き進む

ロマンチストかっっっ。文章だけ見るとこそばゆいです。自分を彗星に例えているようですが、さすがに引きます。羽生ファンなら歓喜かもしれませんが、これは悲鳴が上がってもおかしくないレベルです。本当に世界チャンピオンになってよかったですね・・・。

期待される感覚が好き。それはプレッシャーじゃなくて快感なんです

またまた出ました、ドM発言。ドMしかトップアスリートにはなれないと聞いていますが、それを公言するなんてやっぱり羽生は凄いです。結果があるからこそ成立していますが、ペラペラと話してしまうのはどうなのでしょうか。

1番の敵は自分自身じゃないかなぁって

ナルシストです、完全に。一周回って自分が敵だ、のような発言をするのはナルシスト以外いません。誰もがみんな自分自身と戦っていますが、口には出しません。羽生が嫌われるのはめちゃくちゃ笑顔か、真顔でナルシスト発言をするからです。発言を振り返るべきですね。

ナルシストな顔

google imghp (49358)

via google imghp

演技が終わった瞬間の顔ですね。演技がパーフェクトで感極まった時によく見る表情ですね。別にいいのですが、こんな顔をしなくてもいいのにと思います。普通に笑顔でもいいのに・・・。やっぱりどんなときでも結果が出るまではポーカーフェイスがいいのではないでしょうか。

google imghp (49359)

via google imghp

フィギュアスケートでは演技も点数に含まれるようですが、普段見せないこの顔にファンは惚れてしまうよう。ジャニーズ系ではないですが、細く白い顔はまるで王子様だという声があります。切れ長の目でにらみつけるさまが「俺ってこんな顔もできるんだぜ」と言っているようにみえます。
次の画像は本人とその横の女性に注目。

google imghp (49360)

via google imghp

結果出た時に嬉しすぎて手を振っているところです。いつもの少しクールな感じからは離れた、少年のようなはしゃぎ方をしています。穿った見方ですが、これもファンへのパフォーマンスとしか思えません。点数出る前から何をするか決めていますね、きっと。そして横の女性のリアクションがさらに面白いです。

google imghp (49361)

via google imghp

がっちり決まりました。下からの目線は鋭いです。きっちりと口を結び、いかにも「どうだっっ」と知らしめています。他の選手を見れば分かりますが、演技していると言っても、ここまで感情移入しているひとはいません。それが高得点の秘訣なのでしたら文句はありませんが、ライバルであるマイケル・チャンはいつも爽やかですね。

google imghp (49362)

via google imghp

かわいいキャラを意識しています。まず、大人の男が横ピースなどするでしょうか。自分がかわいいのをみんなに見せるためにポーズを取っていますよね。確かにファンも存在するので否定はしませんが、「ウザい」や「キモイ」といった意見が出るのも当然です。

google imghp (49363)

via google imghp


少しとぼけ気味の顔。指を顎に当てるなど、漫画やアニメでしか見ませんし、見るとしても女の子です。女の子に見えるくらい線も細く、白い羽生結弦。自分の活かし方をわかっているのかも・・・。
次、「へーい、ファンのみんなっ!」

google imghp (49364)

via google imghp

このシーンで声を出しているとしたら、「へーい、ファンのみんなっ!」でしょう。オラオラ系のようにドヤ顔でスケートしています。キメ顔ですが、個人的に羽生結弦がイケメンだとは思わないので、こういうパフォーマンスを嫌うひとが一人二人はいるはずです。

口でジャージをくわえてチャックを開ける姿

さらに2017年10月20日、再び羽生結弦のナルシスト行動が露呈。なんでも、来ているジャージの襟の部分を口でくわえながらチャックをおろしてジャージを脱ぐという仕草。これを見た女性からの黄色い悲鳴が怒号のように響いているようです。
羽生結弦が2次元顔負けのジャージの脱ぎ方を披露【動画】

この行動を見た女性たちは、「二次元でしか見たこと無かった!」「かっこよすぎる」「ジャージになりたい!」とまで発言。しかしながら主に男性からはひたすらに「気持ち悪い」と言われる始末。致し方ないだろう。

少し控えめに・・・

世界王者なので多少のビッグマウスはいいですが、やりすぎは反・羽生を増やします。ファンは減らないと思うので、これからナルシスト発言を減らしていけば自ずとアンチも減ってくるでしょう。天真爛漫キャラをずっと演じるのは辛いでしょう。最終的には毒舌キャラでいってもいいですから、せめて引退までは・・・。
 

身長が伸びて話題になる羽生選手

新浪体育が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウント上で、羽生選手の演技終了後の様子を写した映像を公開しました。

羽生選手はリングの上の金色のテープが足に絡まって少しもたつきながら、写真撮影の輪に加わりました。

しかし欧米の選手の身長が高いためにカメラからは見えず、後ろでジャンプをするなどしていました。

するとそこにオンドレイ・ホタレックというイタリアの選手が近づき、彼を軽々と持ち上げました。

その結果、一番高いポジションでカメラに収まることに。

羽生選手が持ち上がるたびに、黄色い歓声が響いたそうです。

「イタリア人男性は女性だけでなく、男性のハートをも撃ち抜くようだ」「羽生は女性のようなスタイルだからね〜」「謙虚で礼儀正しい羽生は、みんなから好かれ続けてるよね」などのコメントが寄せられたそうです。

なるほど、謙虚ですか。海外の人からはそう見えているのでしょうか。

そういえば人種が異なると細かな表情を見分けるのが難しくなるといいます。

確かに、映画を見ていて海外の人って表情分かりにくいと感じたことがあるかもしれませんね。

それと同じように、海外の方には羽生選手のドヤ顔はそのように見えないのかもしれません。

またコメントは他にも、「萌(も)えるわ〜」や「どうせならお姫様抱っこもして欲しかった」などとあらぬ妄想を広げているであろう内容もありました。

ちなみに今回は海外の選手の中にいたので背が低くてカメラに収まらないようになった羽生選手ですが、日本人の中では背が高いほうだそうです。

やはり海外の人は大きいのですね。

海外の人から見ると羽生選手は細くて小柄で、女性のように見えるのかもしれません。

やっぱり好きな人は好きなようですから、そんなファンの人の期待に応えながらも、アンチを減らしていってほしいですね。

羽生結弦NHK杯を欠場、全日本選手権を目指しリハビリ

そんな羽生結弦ですが、右足首のけがでグランプリシリーズの第4戦、NHK杯を欠場。12月下旬にある全日本選手権を目指ざしてリハビリすると発表しました。

医者には、けがをしたその日に、絶対安静10日間を宣告されていたようです。

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は、12日に、10日間の絶対安静期間を超えてから、氷上に戻り、3~4週間かけて競技レベルをけがの前に近い状態まで戻す予定とコメントしました。

朝日新聞の取材によると、日本連盟のスタッフが直接会った際は、いたって元気そうで、冗談も口にしていたそう。小林強化部長は「彼の気持ちを尊重し、全日本に間に合ってほしい」と話していたようです。

日本スケート連盟が発表したコメント全文は以下です。

いつも応援ありがとうございます。この度は、皆様にご心配をおかけし申し訳ございません。10日間は絶対安静と医師から言われました。その後3~4週間で元に戻るとみておりますが、まだ、あくまでも予定でございます。何とか全日本までに間に合うよう治療・リハビリに努力いたします。全日本ではいい演技が出来るよう頑張りますので、どうぞリハビリ、練習に専念させて頂きますようご配慮の程なにとぞよろしくお願いいたします。

何はともあれ、全日本選手権に間に合えば良いのですが、、、