神田うのと夫の夫婦仲は順調なのになぜ別居しているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超セレブ生活を送っているで有名の神田うのですが、現在夫と別居中であることが発覚しました。夫婦仲は順調だそうですが、ひとり娘を連れて実家で生活しているようです。なぜ別居しているのでしょうか?原因は?

神田うのは夫と別居中

おしどり夫婦で有名だった神田うのと夫の西村拓郎は現在別居中であることがわかったようです。神田うのの夫は大手パチンコチェーンなどを展開する実業家で神田うのも自身のブランドなどを立ち上げたりとお互い余るほどお金持ちでしょう。セレブ生活で夫婦円満かと思いきやいつのまにか別居していたのですね。
神田うのと西村拓郎

神田うのと西村拓郎

via google imghp
神田うのと夫が別居しているということが分かったのは、長女のバレエ発表会後のことでした。娘の晴れ舞台を見に神田うのと夫はバレエ発表会の会場に駆け付け、2人並んで娘の晴れ姿を見守っていて夫婦仲が悪そうには見えなかったようですね。発表会が終わった後に家族みんなで近所の中華料理店へ行き家族仲良く過ごしていたそうです。しかし、食事が終わりお開きとなると神田うのと娘は両親がいる都内の一戸建てに帰り、夫は1人で高級タワーマンションへと別々の家に帰っていったそうです。
まだ抱っこ中の娘

まだ抱っこ中の娘

via google imghp
「どうやら昨年後半くらいから別居状態になっているそうです。娘さんも『今度パパにいつ会う~?』なんて口にしていましたし、旦那さんも『うのは全然家に帰ってこないからなぁ』と話していましたね」
別居は昨年から続いていたようで、別居生活し始めてから結構日が経つみたいですね。娘もパパと離れて暮らすことにもう慣れている感じもします。家族ならばいっしょに暮らすのが当たり前ですし、単身赴任などの仕事の都合上以外で離れて暮らす理由として普通だと夫婦仲が悪いからという原因が多いと思いますが…。
前出のバレエの発表会でも、夫と同じペットボトルの水を飲んだり、移動中にさりげなく腕を絡めたり、いたって夫婦仲は順調に見えた。しかも、「今年のGWには、家族3人水入らずでヘリコプターに乗って九州に温泉旅行に行っていました」(前出・うのの知人)というから、夫婦仲が危険水域というわけではなさそうだ。
芸能情報によると夫婦仲は順調みたいですね。では、なぜ別居する必要があるのでしょうか?
初々しい2人

初々しい2人

via google imghp

神田うのと夫が別居している理由は

噂によると神田うのと夫が別居している原因として1番考えられるのは子供のためだそうです。神田うのは教育熱心で芸能活動よりも子育てを優先にするほどで、子どもに国際感覚を身につけれるよう名門インターナショナルスクールに通わせ習い事はバレエにバイオリンと、まさに英才教育ですね。しかも習い事のレッスンにはほとんど付き添うほど教育熱心だそうです。
仲良し家族

仲良し家族

via google imghp
子どものことを第一に考えているとなれば、実家で暮らすことが1番子育てするのに環境がいいそうです。仕事が忙しくて深夜に帰ってくることもある夫の食事や洗濯のことを考えなくてすみますし、実家にいれば神田うのの両親が身の回りのことをしてくれるでしょうし子育てのサポートになるのでいっときは実家から離れられないのでないでしょうか。
親子お揃いの着物

親子お揃いの着物

via google imghp
元々夫も仕事上忙しく子どもと時間が合わないようですし、それならばいっしょに住まなくても会えるときに会えばいいと考えたのかもしれませんね。しかし、いくら子どものためとはいえ、別居生活が続くと夫のほうが耐えきれなくなるのではないでしょうか。仕事から帰ってきても1人というのはとてもツライことだと思います。それならば夫も一緒に神田うのの実家に住めばいい話になりますよね。やはり子どものためと言いながら夫婦仲も前ほど良くはないのかなと個人的に思います。
家族団らん

家族団らん

via google imghp
かれこれ結婚して10年ほど経ちますし、慣れというものはどうすることもないですよね。一時期は2人目の子どもがほしいと夫婦一緒に妊活を頑張ったそうですが、年齢的にも厳しかったのか2人目には恵まれなかったようです。神田うのは、2人目を諦めた分さらにひとり娘に愛情を注いでいるのでしょうね。

まとめ

今回、超セレブ&おしどり夫婦で有名だった神田うのと夫が別居中であることが発覚しましたが、どんなに仲が良い夫婦でも時間が経つにつれ何が起きるのかわからないんだな~と改めて実感しました。でも神田うのの場合、すぐさま離婚という考えではなく別居を選んだことはまだよかったのかなと思います。でも夫の気持ちを考えると一日でも早くまた家族一緒に住めるようになるといいなと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。