砂の塔に苦情、ママ友内のタワマンカーストが怖すぎる

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

都心に住む人々の憧れの1つであるタワーマンションですが、その住民たちの様子を描いた菅野美穂主演「砂の塔」。放送後、登場人物たちの関係性やイジメがエグいと話題になっています。実際の住民からは番組側に苦情も。その内容を紹介します。

不倫、イジメ、殺人・・・松嶋菜々子が怖すぎると話題の「砂の塔」

金曜の夜は人間が一番怖いと考えさせられます。

2016年10月から、各局で秋ドラマが続々とスタートし、序盤の視聴率も発表されました。
ガッキーの恋ダンスが可愛すぎると評判の「逃げ恥」や、相変わらず米倉涼子が強い「ドクターX」など、話題が飛び交っています。

そんな中、金曜22時から放送されているドラマ「砂の塔」も注目を浴びている作品の一つ。

「砂の塔」第一話予告

ストーリーは平凡ながらも仲良睦まじい家族である高野家(妻役の主演に菅野美穂 )が、きらびやかなタワーマンションに引っ越してきたところから始まり、マンション内の住民たちの関係性や隣人(松嶋菜々子)との交流をするうち、事件に巻き込まれていくというもの。

タワーマンションに引っ越すくらいなので、今の時代的に平凡な家族なのかというツッコミはさておき、ごく一般的な主婦の目線から異常なコミュニティが浮き彫りになっていきます。

実際にタワーマンションに住む人々への取材を通じてシナリオを作成したそうで、形になるのに数年間かかったとのこと。

本作が発端なのか定かではありませんが、「タワマンカースト」という言葉まで登場しています。
近年は都心の再開発も続いており首都圏中心にタワーマンションも数多く建設されている為、一昔前の「団地」と同様に、ある意味で時代を象徴するテーマなのでしょう。via www.youtube.com

オープニングから「血まみれ菜々子」が登場




ページトップへ