真木よう子、子どもを預け新恋人と夜デート?元夫って誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の真木よう子に新恋人発覚の報道!真木よう子は実は2015年に元俳優の片山怜雄と離婚し、その後シングルマザーとして女の子を育てていますが、新恋人って誰?!てか元夫の片山怜雄って誰?!

真木よう子の元夫 片山怜雄

一体、誰?と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。実は、真木よう子の元夫は元俳優なんです。真木よう子は、2008年にできちゃった結婚をしています。翌年に長女を産み、2015年に離婚に至りました。離婚原因は、元夫と真木よう子の間で生じた仕事に対する格差と言われています。たしかに、「片山怜雄」と聞いても誰?と思いますよね~

一方、真木よう子は結婚前から第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞するなど、女優として多くの人に認められていました。妻として、旦那より仕事ができるというのは少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんし、夫であった片山も肩身が狭かったのかも?しれませんね~

では、片山怜雄ってどんな人なのでしょうか。少し紹介してみます。写真はこんな人です。。写真で顔を見てもあまりピンと来ませんね~テレビドラマなどに出演していたのでしょうか?

そう!実は、2003年のウォーターボーイズに出演しています。妻夫木聡主演の映画版のほうです。そして、2人の馴れ初めは同じくウォーターボーイズに出演した瑛太と真木よう子が別のドラマで出演した際に、片山のことを紹介したそうです。瑛太と片山は親友関係だったみたいです。なるほど~こういうところに縁があるんですね~

ウォーターボーイズでの写真がこちらなのですが、映画内でも大切な役どころではなかったようでこんな写真しかありませんでした。。その後も俳優としてパッとせず、2006年を最後に俳優業を引退しました。

その後は、なんとリリーフランキーに弟子入りして小説家を目指しているという情報がありましたが、本を出版したなどの情報も見当たらず。。一体、今は何をされているのでしょうか。一部の情報では就職して会社員になっているとありましたが、それも定かではないです。う~ん。少し男性として頼りなさを感じてしまいますね。どんな人かは知りませんがw バリバリ女優業をこなす真木よう子にとっては、7年も近くにいて嫌気がさしてしまったのかもしれません。

そんな元夫とは、円満な形で離婚し、離婚後も子育てを両方で行っているようです。子どものためにはとってもいいことだと思いますが、仕事で忙しい真木よう子にとっては元夫の協力も必要ということなのでしょう。真木よう子が元夫を利用しているとの声もあるみたいです。。この画像は、離婚後も子どもの入学式に向かう真木よう子と片山怜雄です。

子どもを元夫に預けて新恋人とデート?

週刊誌「女性自身」が真木よう子と、ある男性とのデート写真を激写しました!見出しは、「長女(8)を元夫に連日預けて 実業家 新恋人と『火遊び愛』!」


男性は複数の飲食店を経営する実業家だとか。新恋人か!と思われましたが、どうやら2017年から半年間付き合っていた元カレだと「女性自身」の取材で本人が答えていました。この時点で、「女性自身」の見出しが取材内容と全然違うのですが。。まぁ元カレと会って話し込んでいたようですね~何の話をしていたのでしょうか。。真木よう子は、最近いろいろと世間をお騒がせしましたよね。もしかしたら、騒動の悩みを相談していたのかも。

土下座騒動

まず、出演したドラマ「セシルのもくろみ」の視聴率が非常に悪く、困っていた真木よう子は自身のTwitterで土下座し、何度も「見てください」と訴えました。。女優がすることじゃないと思いますね~土下座しないと見てもらえないほど面白くないドラマなのか、同情かと世間の声も厳しかったようです。少し痛々しいですね。。これは完全にPR方法を間違えましたね。

この表情も何ともいえません。ネタとは思えないところも、痛々しい。。

コミケ炎上騒動

次に、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット」への参加を突然発表!自分で作ったフォトマガジンを販売するとして、クラウドファンディングで一般人から制作費650万円を集めたことで、ほかの参加者が激怒し、ネット上で炎上しました。コミケは本来自分が作りたいものを作って販売する場所のため、人のお金を使って人に意見を募って本を作ろうとした真木よう子のコミケへの参加に、趣旨違いだと違和感をもつ人が多かったようですね。なんでそんなことをしたのでしょうかね?あまり調べずに、本人にとってはすごく軽い気持ちだったのかもしれませんね。その後に自身がやっていたTwitterも削除し、コミケ参加を取りやめました。

真木よう子、コミケ用の資金を1日で400万集めてしまう

そんなこんなで、世間を騒がせた真木よう子ですから、そのようなことを元カレに相談していたのかもしれません。子どもを元夫に預けてというのは、炎上騒動で大変だったため、元夫が配慮して預かってあげていたとのこと。元夫もなかなかの配慮だと思います。騒動は自身で起こしてしまった真木よう子ですが、多分悪気はなかったでしょうし、炎上しているときに子どもにとって最もよい方法を考えてのことだったのでしょうね~確かに、それが1番かもしれません。

まとめ

結局、真木よう子の新恋人は「新」ではなく、「元」ということでした。子どもを預けてというのも、配慮のためですからそんなにいけないことではないでしょう。ですが、「女性自身」の見出しが悪く、よく読まずに真に受けてしまう人もきっといるはず。そうなると真木よう子にとってはとてもマイナスですね~芸能界は怖い世界ですね。。

そんな見出しで載せた「女性自身」を批判する声もありますし、真木よう子も女優としての実力はピカイチだと思うので、今後の活躍に期待したいところです。