真木よう子、コミケ出店資金を1日400万集めるも大炎上した理由とは?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の真木よう子がコミケに出店するためにクラウドファンディングで資金集めをし、1日で400万円ほど集めました。しかし、真木よう子のコミケ出店は大炎上してしまうことに…。なぜ真木よう子は大炎上してしまったのでしょうか?

真木よう子、コミケ出店で大炎上していた…

真木よう子が2017年冬に行われる「コミックマーケット93(コミケ)」に出店する予定を発表したところ、思いもよらない大炎上を巻き起こすことになってしまいました。

芸能人のコミケ出店は、叶姉妹や小林幸子が有名で、両者ともにサークル参加者や来場者たちに快く受け入れられていました。

しかし、真木よう子は叶姉妹や小林幸子のように受け入れられるどころか、コミケ出店を発表した時点で大炎上してしまったのです。では、真木よう子はなぜ、コミケ出店で大炎上してしまったのでしょうか?

真木よう子がコミケで販売しようとしていたものとは?

真木よう子がコミケで販売しようと思っていたものはフォトマガジンです。

「真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト」と称し、出版社を挟まずにファンからのリクエストに応えた写真や、真木よう子の本音などを多数掲載したフォトマガジンを販売する予定でした。

ちなみに撮影は鈴木心、インタビュアーは吉田豪、編集は北尾修一と名だたるクリエイター陣を集めて本格的に作成される予定でした。

人気女優のコミケ参戦に歓迎する声はそれなりに多かったものの、それをはるかに上回るほど否定する声が殺到してしまいました。

真木よう子がコミケ出店で炎上していた理由

ファンと直接交流することがほとんどない真木よう子だけに、コミケ参戦は応援の声が多いと予想されましたが、現実は反発の声が遥かに大きくなってしまいました。

では真木よう子はなぜ、叶姉妹や小林幸子のようにコミケで歓迎されるどころか、炎上してしまう結果になってしまったのでしょうか?

出版費用をクラウドファンディングで集めていた

コミケには個人サークルの出店のほかに、企業も出店しています。個人サークルで出店する場合は、基本的に制作費用は実費がマナーです。

そもそも公式でコミケとは「マンガ・アニメ・ゲームその他周辺ジャンル
の自費出版(同人誌)の展示即売会」と定義付けられています。

現在、人気サークルともなれば売上が8桁に及ぶこともありますが、そんな人気サークルでも資金はすべて自費であるため、準備するために相応の資金を準備しておかなければなりません。

一方の真木よう子は、コミケ出店の趣旨とは大きく外れたクラウドファンディングで制作費用を集めました。

ちなみに制作費用は800万円でかなり高額。しかもAll-in方式という、目標金額に達成していなくても資金を受け取ることができる方式を使っているため、真木よう子サイドの懐を一切痛めることなく制作する目論見だったようです。

そして、真木よう子はたった1日で目標金額の半分である400万円以上を集めましたが、「制作費用を集めた上での参加は金儲けに走りすぎている」「コミケの趣旨から大きく外れている」などの意見が殺到し大炎上してしまいました。

そもそもコミケで行う必要がない

コミケは同人誌やコスプレ写真集、CD、グッズなど、アニメやゲームに関連するものが販売されているイメージが強いですが、実はそうではありません。

さまざまな紙を集めて紙の質を楽しむ本や、石や食べ物の本など、かなりマニアックなものも販売されています。そういったマニアたちが集まって交流を深める場、つながる場でもあるのです。

コミケも公式で「すべての表現者を許容」と、どんな表現者も受け入れることを掲げているため、真木よう子がフォトマガジンを販売すること自体は問題ありません。

しかし、真木よう子のファンがコミケのマナーをどれだけ把握できているのかわからない上に、そもそもファンと交流するならコミケで行う必要がないのではとの意見も多いようです。

ちなみに、叶姉妹と小林幸子がコミケで歓迎されたのは、郷に入っては郷に従う姿勢を明確に示していたからであり、しっかりとコミケの趣旨を理解した上での参戦でした。


真木よう子にはコミケを理解しているのか疑問に思わせる雰囲気があったため、参加者たちの反感を買うことになったしまったのかもしれません。

真木よう子がコミケ騒動に謝罪からの逃走!?

真木よう子は多数の批判を受けたことで、すぐにコミケ出店を中止することを宣言し、公式サイトで謝罪文を掲載しました。

軽い気持ちで参加を希望してしまったを深く謝罪を申し上げます。誠に誠に申し訳有りませんでした

真木よう子がコミケに出店しようと思った経緯についても説明。

8月12日の夏のコミケに行って会場を見ただけで、コミックマーケットの昔からのルールや、マナー等、一切勉強をせず安易な気持ちで応募してしまいました

真木よう子がコミケで行おうとしていたのは、ファンイベントなどでもできるようなことだったため、ほかの場所ではできないのかとも指摘されていました。

その指摘に対し、真木よう子は謝罪文の中でこのように説明をしています。

女優という職業は、事務所の方針もあり、ファンクラブを自ら作る事は出来ず、故にファンイベントの様な催しは出来ないのでした

画像

https://twitter.com/gossip0622/status/902508910589861888

真木よう子が謝罪をし、コミケ出店を中止したことで、コミケ騒動は沈静化するかと思われましたが、事態は思いもよらぬ方向へと発展しました。

真木よう子はTwitterアカウントの名前を「????騙された????」に変更し、非公開設定した後にアカウント自体を削除してしまったのです。

さらに、フォトマガジン自体の制作も中止となり、真木よう子が何者かに相談しているような真偽不明のDMのスクリーンショットも出回りはじめました。

そこから黒幕探しが始まったようですが、実際のところ、クリエイター陣も黒幕というよりか真木よう子から作業を依頼されたということ以外は特に関係はないようでした。

依頼されただけで黒幕扱いされ、クリエイター陣も巻き込んでの大炎上となった真木よう子のコミケ騒動。

年々規模が大きくなっているだけに、興味を抱いている芸能人も多いと思いますが、真木よう子の二の舞にならないように、しっかり理解した上での参戦をしてほしいです。

<こちらもオススメ>

真木よう子、子どもを預け新恋人と夜デート?元夫って誰?

真木よう子の激ヤセ画像ヤバすぎ。映画も降板で病みすぎ

真木よう子のツイッター事件は東スポのガセネタだと炎上!

真木よう子のカラコンに違和感!怖いと批判殺到

真木よう子、ホストクラブで2000万円の夜遊びか!?

まとめ

真木よう子がコミケ出店で大炎上した理由は、コミケについてしっかり理解していないのが原因でした。

叶姉妹や小林幸子のように、しっかり基盤を作って理解した上での参戦ならば違っていたかもしれませんね…。



ページトップへ