元KAT-TUN田口が復帰 ファンは複雑?

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今年3月でKAT-TUNを脱退、ジャニーズ事務所を辞めた田口淳之介が、ソロで活動を再開することを9月1日にHPで発表しました。ところが、ファンの気持ちは結構複雑な様子・・・?

田口が歌手として復帰!11月にはCDも

昨年末にKAT-TUNとして出演した歌番組内で、突如として2016年春でKAT-TUNを抜け、事務所も退所します、と発表した田口淳之介。
当時ニュースを聞いた時はとてもびっくりしましたが、ああもう一般人に戻るんだな~と勝手に思っていたので今回の活動再開発表にはもっとびっくりさせられました。しかも案外早い!

新たに設立された自身のHPに、「ファンのみなさま」というタイトルとともにメッセージを公開した田口は、その中で11月に初めてのシングル「Hero」をリリースすることや、これからイベントなども行っていくと発表。また新たに応援よろしくお願いします、とファンに呼びかけました。

田口はKAT-TUNの頃から、ファンには歌がうまい、歌唱力があるとも言われていたみたいなので、ソロ活動でもそんなにコケたりはしなさそうですね。
また、演技もいけるという評判なので、ドラマなんかでも活躍してくれるかもしれません。

この報告を受け、同じく元KAT-TUNで、現在はINKT(インク)というバンドで活動している田中聖は「皆と同じタイミングで知った。応援してる」とエールを送っています。
ちなみに田中は、田口が脱退するときも、僕自身は応援している、と語ったそうです。

@fyqanura)さんの投稿

今こんな感じなんですね。めっちゃ変わったなあ・・・

ファンは複雑?

半年ぶりに活動の報告が聞けて、KAT-TUN時代のファンも喜んでいるのかな・・・とおもいきや、案外祝福ムードでもない様子。
上記のように喜びの声を寄せるファンもいますが、ほとんどのファンは「なんで?」の気持ちでいっぱいみたいです。

というのも、現在田口が所属していたKAT-TUNは充電期間中。
田口が3月31日に脱退した直後、4月3日から始まった10周年記念ライブのファイナル公演を行った5月1日、東京ドームで充電期間に入ると発表。現在はそれぞれでソロ活動を行っている状況です。

つまり、ファンからしてみれば「なんでわざわざこの充電期間中にぶつけてきたの?」という思いでいっぱいなわけです。
確かに、既にKAT-TUNを辞めた赤西や田中は、脱退後からわりと自由に活動してきましたし、今回田口も新たに自分の活動を始められました。
脱退したメンバーは自由に活動ができているのに対し、本来のKAT-TUNのメンバーは活動さえままならない状態・・・ファンの不満も納得できます。

また、辞める理由などが全くわからなかったこともあり、ファンの多くは同様に一般人に戻ると考えていた様子。
ところがここに来て入ってきたのはソロ活動の知らせ、ということで「じゃあなんでKAT-TUN辞めたの?」という気持ちもいっぱいみたいです・・・。
確かに歌やダンスがしたいなら、KAT-TUNでもできますよね。しかも田口が抜けたことによって、3人だけになってしまったKAT-TUNが充電期間に入ったと言っても過言ではありません。特に、KAT-TUNのファンからすればそう思う気持ちはより強いでしょう。

そんなわけで、KAT-TUNが好き、田口も好き、だけどこの状況は納得出来ない!という複雑な心境が、かなり多くのファンの中に渦巻いているみたいです。

@akane8451)さんの投稿

それぞれは確かにTVでもみますが、3人揃っての活躍がまた見たいですね。CDも出ていないので、ファンは不安ですね。


所属事務所にも秘密が・・・?

更には、現在田口が所属しているとみられる事務所に関しても、思わぬ秘密があったようです。

田口の公式HPにある、ファンクラブの事務所を検索してみたというファンのツイートがありました。

ヒットした、このTokyo Tunesという会社は楽曲制作やインディーズレーベルの事業を行っている会社のようです。
ここで注目したいのが、この会社の代表取締役である「井上純」。
この人物は、ジャニーズに大いに関係のある人で、Twitterを中心に大きく話題となっています。

嵐の楽曲といえば何を思い浮かべますか?と聞かれた時、ドラマ「花より男子」の主題歌にもなった「Love So Sweet」が頭のなかで流れたり浮かんだりする人も多いのではないでしょうか。
この「Love So Sweet」の作詞を手がけたのはSPINという人で、嵐は勿論ジャニーズの他のグループの楽曲も手掛ける、ジャニーズファンのなかでは有名な人物です。

実は井上純氏、このSPINと同一人物!
厳密には、井上純と北川吟のユニットがSPINなのですが、何にせよこの会社の代表が、ジャニーズと関わりの深い人だというのは変わりない事実です。
KAT-TUNの「Keep the faith」もSPINが作詞を手がけています。

また、井上氏は元々ジャニーズの所有するレコード会社ジェイ・ストームに携わっていたようで、現在はそこを離れている、ということになりますね。

そんな人物が代表を務める会社と、田口のFCの住所が一緒・・・
ひょっとしたら、田口が現在所属している事務所はTokyo Tunesかも知れない・・・
これはいろいろ深読みするなという方が難しいです。

Love So Sweet、名曲ですよね。
MONSTERや迷宮ラブソングなども手がけているんだとか。
SPIN・・・うーんスゴイ人・・・住所はざっくりとした場所までしか分かりませんから、ただビルが同じだけで、実際にTokyo Tunesに田口が所属していると決まったわけではありません。
ですが、Twitterではこのことを受けて、既に様々な憶測が飛び交っています。

辞めたメンバーが、元ジャニーズの関係者を引き連れて活動再開するなんて、KAT-TUNファンは気が気じゃないですね。
しかも今まで自分たちの好きなグループに楽曲提供、詞の提供を行ってきた人たちが・・・となると、複雑というかもはや混乱しちゃいそうです。

それにしても、まさかここでもジャニーズの内部分裂の話につながってくるとは笑

たしかに、ジャニーズを辞めた田口がこんなに早く活動再開ができているのも、ジャニーズの力が弱まってきているから、と言われても納得できます。
嵐のファンも、今までの「嵐黄金期」を支えたSPINによる曲がもう聞けなくなるかもしれない事態に、今回の騒動を見守っているようです。

真実はどうなっているのか、今後の展開に期待もしつつ、田口くんが活動再開を始める11月を待ちましょう。
KAT-TUNも、同じ頃に充電期間が終わると良いのですが・・・。



ページトップへ