犬があごを乗せてくるときの気持ちは何?

ペット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大好きな愛犬がアゴを乗せてきたりしたことってありませんか?結構みかけるこの行為、一体どんな気持ちでしているのでしょうか?犬の気持ちを知りたい飼い主は今すぐチェック!

ペットを飼うならやっぱり犬

ひとり暮らしで寂しいときや癒やしがほしいときなど、いつでもそばに居てくれるペットがほしくなってしまいますよね。今ではこんなペットも飼えるの?!とびっくりするようなペットもいる中で、やっぱり安定して大人気のペットは犬だと思います。犬の中でもたくさんの種類がありますよね。手のひらサイズの小型犬、ちょうどいい大きさの中型犬、子供と同じくらいの大きさの大型犬…私は個人的にミニチュアダックスフンドが好きなので小型犬を飼いたいですね~。でも大型犬も家族を守ってくれる頼もしい犬が多いので人気ですね。google imghp (87120)

via google imghpそしてこれまでに犬を飼ったことがある人、いま愛犬がいる人は分かると思いますが、犬に限らずペットは、家族と同じように大切な存在です。特に犬の場合は言葉は喋れなくても行動やしぐさで今考えている気持ちなどが感じ取れます。なので、犬を飼う人はよく我が子のように育てているという人が多いですよね。

あごを乗せてくるときの気持ち

犬の気持ちを感じ取れると言ってもやっぱり今何を思っているのか分からないことのほうが多いと思います。言葉を喋らない代わりに行動や動作で何かを伝えている犬の気持ちをなんとかして分かってあげたいですよね。ということで今回は、愛犬がよくしてくるであろうあごを乗せてくるときのワンちゃんの気持ちについて調べてみました。愛犬があごを乗せてくるのには5つの心理があるそうです。1つずつ紹介していきます。

甘えたい

一つ目の心理は、「甘えたい」という気持ちです。愛犬が飼い主にあごを乗せてくるときはたいていの場合、甘えたいときだそうです。やっぱり愛犬だって甘えたくなりますよね。可愛い可愛い愛犬に甘えられると甘えさせないわけにはいきません。とことん甘えさせましょう!でも時と場合によって甘えさせすぎると何も言うことを聞かなくなるのでそこだけ注意したほうがいいですね。そして愛犬がちょこんとあごを乗せてきたときは、やさしく耳の後ろや首から肩などをなでてあげてください。きっと愛犬はリラックスできるはずです。リラックスモード

リラックスモード

この短いアゴをちょこんと乗せてくる感じがたまらなく可愛いですね。via google imghp

かまってほしい

2つ目の心理は、かまってほしいという気持ちです。どんなに大好きで愛している愛犬でも仕事や家事など自分の時間が必要で愛犬の相手ができないことが多々あると思います。そんなとき愛犬は飼い主にかまってほしいと思いあごをのせてきたりするようです。愛犬のほうからかまってほしいとアピールされると可愛いけど、どーしても自分のことをしないといけないときはかまってあげれなくてもどかしくなってしまいますよね。ちなみにかまってあげれないときは、「もう少し待っててね」や「あとで一緒に遊ぼうね」などひと言でいいので話しかけてあげると、何も言わないよりか感じ方が違うようです。ちゃんとお利口さんに待ってくれるかもしれませんね。かまってほしい

かまってほしい

プラスでつぶらな瞳で見つめられるとどんなときでもかまってしまうかも…via google imghp


ごはんがほしい

3つ目の心理は、ごはんやおやつがほしいという気持ちです。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、かまってほしいかと思いきやごはんがほしいときのサインだったという時もあるようです。例えば、飼い主がご飯を食べているときにあごをのせてきたりする場合は、たいていごはんがほしいという気持ちになっているようです。日頃から犬の食事には気をつけてほしいですが、たまにおやつなどをあげて喜ばせてみてください。きっとさらになついてくれると思います。でもごはんのやりすぎや人間食を与えたりすると愛犬の健康に悪影響を及ぼしたりするのでちゃんと調べてごはんをあげてくださいね。google imghp (87122)

via google imghp

信頼や安心

4つ目の心理は、信頼や安心です。よく、愛犬が体の部分を何かにくっつけていると落ち着いている証拠だということを聞いたりしませんか?そして体の部分を何かにくっつけるという行為は、信頼した相手にしかしないようです。なのであごをのせてきたときも同じで、その人に信頼して安心しているからこそできる行為なのです。しかも犬のアゴは、犬の体のなかでももっとも敏感な部分だそうです。そんな大切なところをくっつけてくるということは相当な信頼関係がないとできないことですよね。愛しい

愛しい

このワンちゃんの表情がたまらなく愛しいです。via google imghp

飼い主を下に見ている

5つ目の心理は、自分の立場より下に見ているという気持ちです。あごを乗せつけるという行為は、私の方が優位だよと伝えている行為でもあるそうです。あまりにも愛犬が可愛すぎて、甘やかしてしまう気持ちも分かりますが、とことん甘やかしてしまうとしつけることができなくなったりすることも。基本的なしつけはちゃんとしたほうがいいのであまり甘やかしすぎないようにしないといけませんね。ここは心を鬼にして…!どこでもちょこん

どこでもちょこん

どんなとこでもあごをのせている姿がかわいいvia google imghp

まとめ

アゴをのせるという1つの行為だけで5つの気持ちがあるので、いま何を考えているのか予想するのは難しいですが、その前後の状況や愛犬の様子を見てみるとなんとなく分かってきます。この機会に愛犬ともっと仲良くなってくださいね。



ページトップへ