片岡安祐美、旦那は誰?公開プロポーズを承諾したが不満も?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片岡安祐美は、24時間テレビ内でプロポーズをされ、それに承諾していましたが、旦那になる人物とは一体誰なのでしょうか?結婚に向けて動いてはいるものの、旦那への不満もあるとか?片岡安祐美の旦那に迫ってみましょう。

片岡安祐美、旦那はDeNAの元投手小林公太

片岡安祐美と言えば、女子野球のヒロインという感じがしますが、2017年の8月に、交際相手より公開プロポーズをされ、それを承諾し、婚約することになりました。片岡安祐美は、可愛いと言われることが多く、野球界では知らない人はいないのではないでしょうか。

片岡安祐美

現在は、社会人野球クラブチームの茨城ゴールデンゴールズに所属し、野球に携わっているようですね。そんな野球女子、片岡安祐美を射止めた人物って一体誰なのでしょうか?なんと、片岡安祐美の旦那になろうとしている人物は、野球ファンなら知っているあの人です。

片岡安祐美、旦那は元プロ野球選手

2009年9月、横浜ベイスターズの入団テストを受験し、サイドスローからのストレートを武器に合格。10月29日のプロ野球ドラフト会議で、横浜ベイスターズの育成枠2巡目の指名を受け、支度金200万円、年俸240万円(金額は推定)で契約した。

2012年10月2日に球団から戦力外通告を受ける。11月30日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだことを発表した。

2013年2月、プエルトリコの教育リーグに参加。6月からはルーキー級アリゾナリーグ・インディアンスでプレーし、5試合の登板で1失点の投球を続けていたが、7月11日に解雇される。その後、アメリカ独立リーグ・パシフィック・アソシエーションのハワイ・スターズに入団したが、同年の内に退団し、そのまま、現役引退した。

片岡安祐美の旦那になる人物は、横浜DeNAべースターズの元投手である小林公太です。小林公太は、横浜ベイスターズの入団テストを受け、球団に入り、育成ドラフトとして指名を受けたようです。育成ドラフトなので、2軍になりますね。

育成ドラフトから1軍に上がってくるのは、とても難しいと言われていますが、福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大が育成ドラフトで、しかも3軍から1軍に上がり、侍ジャパンのメンバーにも選ばれたという異例の経歴があります。小林公太は、なかなか活躍の場がなく、2012年には戦力外通告をうけ、横浜DeNAベイスターズを退団しています。

その後、小林公太は、海外にいき、契約を結んでいたのですが、そこでも解雇され、野球選手としての人生を早い段階で終えています。小林公太は、解雇の理由について、「 理由は言いたくありませんが、ほんとにしょうもない理由で解雇されました。」と、SNSで発言しているため、野球をする意欲をなくしたのかもしれません。そんな小林公太は、片岡安祐美との交際が発覚し、婚約までしていますが、現在何をしているのでしょうか?

片岡安祐美、旦那は現在ラーメン屋

2013年現役引退後、ボストンでラーメン作りを3年修行し、2016年11月に文京区で二郎系ラーメン店「Yume Wo Katare Tokyo」を開業した。現在は、母親が店の手伝いをしている。

なんと、片岡安祐美の旦那になるであろう小林公太は、現在ラーメン屋を開業しているようです。大盛りで具だくさんのラーメンは、さすが野球選手という感じもしますね。とても美味しそうです。野球の世界とは離れてしまいましたが、片岡安祐美と順調に愛を育み、婚約まで進んでいるようですね。

衝撃!!実は魔性の女、茨城ゴールデンゴールズ片岡安祐美監督


片岡安祐美、旦那から公開プロポーズを受ける

片岡安祐美は、なんと、2017年の8月に、24時間テレビで公開プロポーズを受けました。このプロポーズはサプライズだったため、片岡安祐美の驚いた顔が今も忘れられません。生放送でのサプライズプロポーズに、24時間テレビを見ていた人の多くが感動したことでしょう。

片岡安祐美、24時間テレビでプロポーズ

茨城ゴールデンゴールズの選手兼監督の片岡安祐美(30)が27日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』に出演。生中継が行われている東京・日本武道館のステージで、元DeNA投手で5歳下の恋人・小林公太さん(25)から公開プロポーズを受け「お願いします!」と号泣しながら快諾した。

なんと、片岡安祐美の旦那になる小林公太は、まだ25歳です。片岡安祐美のほうが5歳年上なので、年の差結婚とまではいきませんが、姉さん女房になるということですね。年下彼氏が一生懸命頑張ってくれたサプライズプロポーズは、片岡安祐美もとても嬉しかったでしょう。驚きと嬉しさを隠せない片岡安祐美の表情をご覧ください。

旦那からのプロポーズに涙する片岡安祐美

2人は2015年夏に共通の知人を介して知り合い交際に発展。最近はお互いの実家と家族ぐるみの付き合いを続けていたそう。元・横浜DeNAベイスターズの選手で現在ラーメン店店主の小林さんから、オープンしたばかりのラーメン店が軌道に乗ったことから番組スタッフに「片岡にプロポーズしたい」という申し出があり、武道館のステージでプロポーズが実施されることに。

最初はとてもビックリしていましたが、途中から泣いていましたね。片岡安祐美も30歳になるので、結婚を意識していたでしょう。しかし、相手がまだ25歳となると、片岡安祐美も言い出しにくいところがあったかもしれません。結婚適齢期の女性が年下と付き合うということは、婚期を遅らせることにもなるので、不安だったと思いますが、本当によかったですね。

片岡安祐美の旦那になる小林公太は、自身の開業したラーメン店が軌道に乗ったこともあり、自ら片丘安祐美にプロポーズをしたいとお願いしたようですね。24時間テレビのテーマは、「告白」だったので、とてもいい機会だったと思います。幸せそうな2人の姿が微笑ましかったですね。

片岡安祐美、旦那に不満も?

片岡安祐美は、プロポーズを受け、誰よりも幸せな日々を送っているのでは?と思っていましたが、なんと旦那に不満があるようです。どんなカップルにも、どんな夫婦にも、不満が一切ないというのは、なかなかあり得ることではありませんが、一体片岡安祐美は旦那にどんな不満を抱いているのでしょうか?

片岡安祐美、旦那に不満が

片岡は、交際中の元DeNA投手でラーメン店店主の小林公太さん(26)から8月、同局系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」の番組内でサプライズでプロポーズを受け涙を流したばかり。だが、小林さんが自宅で食事をする際にも片岡が準備している間に食べ出したり、外食中にも片岡が食事をすませる前に店を出ようとするという。デートの際にも友人からもらった作業服で登場するなど気遣いのなさに片岡が怒っていることが紹介された。

小林さんもスタジオに登場。MCの明石家さんま(62)は「サプライズ婚した人は長続きしない」と断言。「やめたほうがいい。アカンやつだよ」と話したが、2人は笑顔で応じていた。

片岡安祐美は、旦那への不満をテレビで語っています。その内容は、「片岡安祐美が食事の準備中に、旦那が食べ出す」、「外食中に片岡安祐美がまだ食べているにも関わらず、食べ終わった旦那は店を出ようとする」、「デートでも作業着で来る」などのことでした。どうやら気遣いが足りないことに片岡安祐美は怒っているみたいですね。

2017年の12月中には、入籍を考えているとのことですが、この不満は、片岡安祐美が我慢できないならば、どうにか解消していたほうがいいでしょう。そうでなければ、明石家さんまが言うように、長続きしません。

まとめ

片岡安祐美の旦那は、横浜DeNAベイスターズの元投手である小林公太です。現在はまだ入籍はしていませんが、公開プロポーズをし、婚約までは進んでいるようです。末永く幸せでいるためにも、不満は減らしていたほうがよさそうですね。



ページトップへ