渡辺直美&壇蜜の風俗時代の画像流出!?ナオミ痩せすぎ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今やInstagramで人気ナンバー1を誇る渡辺直美だが、過去に風俗業界で働いていた時の画像が流出したのだ。さらに大人なエロさで世の男性を虜にした壇蜜と見られる画像も流出したのではと噂されている。どんな画像なのか?

意外な芸能人の下積み時代!

役者、歌手、お笑い芸人などなど・・・

素人時代に様々な職業に就いていた人は多い。お笑い芸人のおぎやはぎの矢作もサラリーマン経験があり、英語も話せる。他にもYUKI、役所広司など多くの芸能人が下積み時代はアルバイトや他の職業に就いていた。気になるYUKIは地元北海道の函館でバスガイドをし、上京後はエステティシャンとして働いていた。さらに役所広司は高校卒業後、千代田区役所の土木工事科に務めていた。そのことがきっかけで役所広司という芸名で活動しているというのだ。

この様に多くの芸能人、俳優、歌手などが下積み時代を経て現在活躍している人も多い。やはり芽が出るまで時間のかかる職業は特に下積み時代が長く、お笑い芸人なんかは10年以上アルバイトをしているなんてこともザラで売れるまでに相当の苦労と時間がかかる。

今、なりたい職業の上位にいて華やかに見える声優という職業もバイトしなくては食っていけないくらい低い収入だし、レギュラーを貰ってもそこから人気を維持し続けるのは至難の技で使い捨てが多い。とある人気声優もレギュラーを何本か抱えている時に収録終わりのバイトがあったほどだという。声優になりたいという気持ちじゃなくて役者になりたい、キツイ下積み時代を何十年も送っていく覚悟があるなら目指してもいいが、あまり軽い気持ちで足を踏み入れては行けない業界なのだ。

 

役所広司

via google imghp

役所広司

千代田区の区役所勤務の経歴を持つ。

1956年1月1日

179 cm

長崎県 諫早市

 

そんな多くの職業の中で下積み時代を送っていた芸能人がいる中で今回、タレントの壇蜜とお笑い芸人の渡辺直美の素人風俗時代と見られる画像が流出したというのだ。

 

渡辺直美は素人時代痩せていた!?

壇蜜も本人か怪しいが口元が似ている!

渡辺直美

via google imghp

渡辺直美

イメクラ時代の写真!ここまで顔を出しても大丈夫なんでしょうか?

お笑い芸人としてデビュー当初の渡辺直美

via google imghp

でも、目元や口の感じで本人だということが分かる。

お笑い芸人としてデビュー当初の渡辺直美

1987年10月23日

中華民国 台湾

確かに流出した画像そのままだし、似ているというより本人だと言ってもおかしくない。
しかし、痩せてんな~。今とは比べ物にならないくらい痩せてる(笑)

「和製ビヨンセ」として人気のお笑い芸人・渡辺直美の過去が暴かれたが、その暴かれっぷりが話題になっている。「イメクラ嬢」だったという過去を暴いたのは、先週発売の写真週刊誌「フラッシュ」。芸能人がデビュー前にキャバクラなどに勤務していた過去は、つい先日明らかになった椿姫彩菜の例を持ち出すまでもなく、枚挙にいとまがない。ところが今回は、少しニュアンスが違う。
「イメクラ嬢もびっくりですが、誌面には渡辺が書いて店側に提出したプロフィールも掲載されているんです。そこには、ピンクサロン1カ月半、オッパイパブ2カ月という勤務歴まで記されているのです」(芸能記者)
これに頭を抱えているのが、渡辺が所属する吉本興業。渡辺はフジテレビの看板番組『笑っていいとも!』のレギュラーアシスタント。フジ側は、主婦や子どもの視聴者が多い番組だけに、風俗嬢という経歴は無視できない。通常、レギュラーアシスタントは1年以上は継続するものだが、それよりも早い降板が検討されているとも。しかも、吉本興業は、記事が出る直前にフラッシュ編集部に交渉を打診。経歴の一部を出さないよう懇願するはずだったが……。
「約束の時間に渡辺の担当者は、フラッシュ編集部に現れなかったのです。ちゃんと対応していれば、すべての風俗嬢の過去がばらされることはなったのだと思いますが。これは、担当者のチョンボでしょう」(前出芸能記者)
こうなったら、スキャンダルも芸にしてしまえるかどうか、渡辺の力量が試される。

渡辺直美

via google imghp

渡辺直美

履歴書流出か!?今やインスタ女王との呼び声も高く、世界に打って出ているお笑い芸人の渡辺直美。愛嬌のある笑い方と人気が出てもお笑い芸人としてのプライドを忘れていない所が老若男女から高い支持を得ているのではないだろうか?そんなナオミだが、素人時代は風俗関係の仕事をしていたとか・・・上記の画像に書いてある風俗履歴にピンサロとおっぱぶとある!(笑)

あまり長期間活動していなかったが、今度はイメクラで勝負に出たのだろうか?ちなみにピンサロとはピンクサロンの略でお店に行き女性が口や手で昇天させてくれるエッティお店だ。おっぱぶは読んで字のごとく、女性の胸で楽しむことの出来るお店らしい。そして、イメクラはイメージクラブの略で女性がコスプレをしてサービスをするお店だ。なんだかんだ言っても当時のナオミはモテたらしく、交際人数は0人だが経験人数は数十人を超えていたとか。

今の渡辺直美からは考えられない職業だ。イメージ的には焼肉店でバイトをしてまかない何かを美味しそうに食べるイメージなんだが。しかし、本人もよくこの時代から抜け出して現在の様に明るく人気のお笑い芸人になれたと思うし、まさしく本人の天職に巡り会えたということか・・・!

壇蜜?

壇蜜と見られる画像

via google imghp

壇蜜と見られる画像

壇蜜

via google imghp

あくまで噂の段階だが、口元が似ているとネットで騒然となっている。

壇蜜

1980年12月3日

秋田県 横手市

158 cmこの画像なのだが、一部ではタレントの壇蜜という噂が出ている。口元や八重歯が矯正前の本人そっくりという事と壇蜜が書いた小説は自身の風俗時代がベースになっているとも言われていることから本人説が浮上したのではないか?メルモという源氏名で働いていたとの情報も転がっていた。

しかも、そのお店は現在閉店しているが当時は会員制で入会条件が露出癖や願望、M系の変態などの項目が当てはまれば誰でも会員になれたとか。

かなり際どいというか、壇蜜自身も写真集やDVDなどで胸を露わにしているためこの様な噂があるのも不思議ではないのでしょう。

他にもいた!元風俗&水商売をしていたと噂される芸能人

井上和香

井上和香

井上和香

ここまでモザイクも無しに顔が出ているっているのも凄いですね。

しかも、センターということはお店の看板だったのではないだろうか?井上和香

井上和香

1980年5月13日

東京都 東京 渋谷区

163 cm

2012年結婚、今や結婚して幸せに暮らしている元大人気グラビアアイドルの井上和香。グラビアだけではなく、ドラマやバラエティなど多方面でマルチに活躍していた。その井上もかつては風俗で働いていたのではないかと言われている。

一部の噂では、井上と見られる女性の全裸写真が流出しているとされ井上と似ていることから本人である信憑性が高いとされた。その写真の流出元は風俗時代に撮られたものか、交際相手に撮られたものか、はたまた売れる前にしていた枕営業の時に撮影されたのではないかと言われている。


いろんな過去がありますな・・・

篠田麻里子 元AKB48

篠田麻里子

via google imghp

篠田麻里子

1986年3月11日

福岡県 前原市

キャバ嬢時代の篠田麻里子と見られる画像

via google imghp

 

キャバ嬢時代の篠田麻里子と見られる画像

少し、信憑性に欠ける画像だ。

篠田麻里子?

via google imghp

これではこの女性が篠田だと決めつける事はできない。

篠田麻里子?

篠田麻里子

via google imghp

この写真もキャバ嬢時代の篠田麻里子とされているが、面影があるかと言われると微妙だ・・・

篠田麻里子

万年2位という見出しが出ているが何人中の2位なんだ?

それにしてもここから国民的アイドルになれるなんてね!

「麻里子の源氏名は『涼』。 2年ほど一緒に働いていました。AKBでは姉さんキャラみたいだけど、当時は妹キャラ。お酒はほとんど飲まないし、カラオケも嫌いでアイドル向きじゃな かったと思う。服にすごく気を遣っていて、他のコとドレスがかぶったら2度と着なかった。熱心な指名客は多かったけど、10くらい年上で黒髪ロングの姉さんがナンバー1。1日に10本以上も指名を取る売れっ子だったから、勝てなかったんです」

しかし、この店で働いていたことで、AKB入りのチャンスをつかむ。
「あるとき、店に来ていたAKBの社長さんが涼を指名したんです。それからしばらくして、『私、アイドルになります』って宣言して店を辞めたの」

この様に噂によると篠田は福岡の中洲でキャバ嬢として活躍していたそうで、当時から人気を集めていたとか。その後、元AKSの社長と出会い店を辞め上京。国民的アイドルグループのAKBに加入し、人気を誇った。

現在は何をしているか正直把握できないがドラマの特別ゲスト役でチラホラ見かけることがあるが、その他ではあまり活躍している姿を見かけない。

一部情報誌が語るところによると、2017年現在はほぼ無職状態で3年以内に脱ぐかも知れないというのだ。様々な情報や噂が錯綜する中でこういった画像などが出回るというのは恐ろしいことですね。

ネット社会の現代ではタレントや芸能人を目指してる人は画像などが流出するかもしれないということを肝に銘じておかないと大変なことになるかもしれない。

ここまでの情報もほとんどが噂やコラージュの可能性もあるので鵜呑みにはしないようにしよう。

 

そういえば最近壇蜜を見ない?

ところで壇蜜ですが、最近あまりテレビで見ない。

あれだけ愛人キャラとしてブレイクしておきながら、なぜ見なくなってしまったのだろうか。

イメージが固定

壇蜜があまりテレビに姿を現さなくなった原因の一つとして、イメージが固定化されてしまったことが挙げられる。

というのも、セクシーキャラ以外の役割を演じにくくなったのだ。

ドラマにしろ、CMにしろ、妖艶さばかりが注目されてしまうので、そのイメージとは無関係な役は演じられない。

そのため、活躍の幅が狭くなってしまったのだろう。

愛人キャラの増加

最近愛人キャラは多くなった。

特に橋本マナミはよく見る。

このようにキャラがかぶってしまったことも、姿を消した一因だということが出来るだろう。

本当ならもっと多彩な活躍ができた?

しかし、このように愛人キャラとしてしか活躍できないというのは、非常にもったいないことだ。

なんと彼女は、英語教員免許や日本舞踏師範、調理師免許など多彩な才能を持つ。

これらを活かせば、愛人キャラを失ってもまだ活躍の幅はありそうなものだ。

それにもかかわらずあまりにイメージが定着してしまったために、これらの才能が埋まってしまったように思われる。

実は活躍している

と、最近は姿を消したという話をしてきたが、実はあまり目立たないところでは、その才能を発揮している。

Wikipediaで調べてみると、

趣味どきっ!「恋する百人一首」(2015年12月 – 2016年1月(全8回)、NHK Eテレ)
『ファミリーヒストリー』第84回「104点の古文書発見 祖父が遺したカメラ」(2016年3月24日、NHK 総合) – ゲスト
『発見!体感!大都会東京を潤す 神田川紀行』(2016年3月29日、NHK BSプレミアム) – 旅人
『天空のお花畑 大雪山~“小さな賢者”の物語』(2016年10月10日、NHK BSプレミアム) – 旅人

なんとNHKで大活躍だ。

これも、これまであまり注目されていなかったマルチな才能ゆえだろう。

そのうち、もっとこれらの才能を活かしてこれまでにはなかった活躍の幅を広げていき、ほかの愛人タレントを凌駕する存在になるかもしれない。