浅田真央の母はすでに亡くなっていた!私生活が語られない理由とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天才少女として名を馳せ、世界的なフィギュアスケート選手になった浅田真央ですが、私生活があまり明かされておらず、母についてもメディアに報じられていません。

じつはそれには驚きの理由がありました…。

浅田真央を育てた母親はどんな人?

浅田真央ってぜんぜん私生活が公開されていないんですよね~。

私生活が謎どころか、両親についてもあまり報道されていません。

@maochan2509)さんの投稿

浅田真央のように、世界的なトップアスリートにもなると、アスリートをどうやって育ててきたのかメディアが報じるのはよくあること。

しかし、浅田真央にはそのような報道はありませんでした。それには意外な理由がありました。

浅田真央の母親は肝硬変で死去

浅田真央の両親について報道されない理由として、浅田真央の母親はすでに亡くなっていたからなのです。

浅田真央の母親ということは、浅田真央の姉である浅田舞の母親でもあります。

浅田真央の母親は2011年に、肝硬変という病気で亡くなられています。

肝硬変(かんこうへん、英:Liver cirrhosis)は、肝臓病の一つである。 慢性の肝障害の進行によって、肝細胞が死滅・減少し腺維組織によって置換された結果、肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく減衰した状態を指し、肝臓がんを発症しやすい状態となる。 肝炎は可逆的であるが、肝硬変は不可逆的である。

@mogu1914)さんの投稿

ちなみに肝硬変は、肝臓を移植することで延命することが可能な病気です。

浅田真央の母親の場合、いちばんの適合者が浅田舞だったようです。

浅田舞は肝臓移植に合意していたそうですが、母親が移植を拒否じたことで肝臓移植は行われませんでした。

それほど、母親にとって娘が大事だったのでしょう。

@maoasada2509)さんの投稿

じつは浅田真央の家庭は、一時期とても資金繰りが苦しかったそうです。

消費者金融にお金を借りたりして、破産寸前まで浅田真央と浅田舞の姉妹に投資をしてきました。

それくらい、姉妹の活動には全力で支えたかったようですし、妥協もしたくなかったみたいです。

そして、それくらい心から母親は娘たちを愛していたようです。

浅田真央の母親の夢を叶えるべくスケートを始めた浅田姉妹

じつは浅田真央の母は、プロのバレエダンサーになることが夢でした。

その夢を叶えてほしいと思い、浅田真央は3歳からバレエを習っていたのです。

スケートを始めたのは浅田真央が5歳のときで、浅田舞といっしょにスケートクラブに入会しました。

@ichizokubota)さんの投稿

スケートを始めたのも足腰を強くするためであり、バレエのためのスケートだったのです!

そして、当時入会したスケートクラブには、安藤美姫も在籍していて、浅田真央はそんな環境でどんどんフィギュアスケートの実力を伸ばしていきました。

@mao_latteさんの投稿

浅田真央が最初に脚光を浴びたのは、小学6年生のときに出場した全日本選手権。

ちょっと不安定でしたが、3回転フリップ→3回転ループ→3回転トウループのコンビネーションジャンプに成功。

これがきっかけで、浅田真央は世間から天才少女として脚光を浴びました。


@mao_latteさんの投稿

もともとは母親の夢であるプロのバレエダンサーを目指していたのに、バレエのしなやかさを生かしてどんどんフィギュアスケートの実力が開花!

そして、浅田真央はバレエではなくフィギュアスケート選手になったのです。

浅田真央の母親の職業はホステス!?

じつは浅田真央の母親について、職業はホステスをやっていたのではないかという噂があります。

ただこの噂、ちょっと信ぴょう性がありそうなのです。

@skmikuri)さんの投稿

まず、浅田真央の母と父の馴れ初めなのですが、父が元ホストで母はそのお客さんだったのです。

そして、浅田舞を授かって両親はできちゃった結婚をしました。

ホストクラブに通えるほどの経済力がある職業って、たくさんあると思うのですが、その中のひとつがホステスなのです。

@maochan2509)さんの投稿

さらに、浅田真央の母親が亡くなった原因である肝硬変。

肝硬変のそもそもの原因は主にアルコールの過剰摂取です。

飲酒でアルコールの摂取を続けることで、炎症が起きて肝硬変になってしまうのだとか。

@0213tomoe)さんの投稿

母親がプライベートで日常的にお酒を飲んでいた可能性もあります。

しかし、ホステスならば仕事で毎日のようにお酒を飲むので、それが原因で肝硬変になってしまったのではないかと言われています。

真偽は不明ですが、浅田真央の母親がホステスだったという噂は、あながち嘘ではないかもしれませんね。

浅田真央の活動は父親が支えてきた

母親が亡くなってからは、意志を継いだ父親が浅田真央の活動を支えてきました。

父親は元No.1ホストであり、独立後はホストクラブを経営してきました。

母親が亡くなってからは、父親が浅田真央を全力でサポート。

毎週のように名古屋と横浜のあいだを、往復8時間かけて車で送迎したり、高いレッスン代を払ったりしていました。

@hrko1022)さんの投稿

浅田真央の父親には、暴行で3度の逮捕歴がありますが、娘に投資して裏で一生懸命支えてきたのは紛れもない事実です。

浅田真央の両親はとても苦労してきたみたいですが、苦労してでも支えたいほど、娘たちのことを愛していたようです。

浅田真央の熱愛彼氏はロマ?イケメンはんこ王子との関係は?

浅田真央の胸が成長して巨乳になったりしぼんだり繰り返す【画像】

浅田舞が舞台「煉獄に笑う」でセクシー衣装で下乳披露

まとめ

浅田真央の私生活が謎な理由は、母親がすでに亡くなられていたからなんですね…。

しかし、浅田真央がフィギュアスケートを始めたきっかけが、バレエダンサーになるためだったとは意外でした!

プロのバレエダンサーにはなりませんでしたが、氷上を舞う世界的なフィギュアスケーターになれた浅田真央。

両親の支えがあってこそ、ここまでこれたようですし、浅田真央の両親の努力も賞賛されるべき事実だと思います。



ページトップへ