浅田真央がブログで引退を報告

他スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

女子フィギュアスケートの浅田真央が2017年4月10日に自身のブログで現役の引退を発表した。以前から引退が囁かれながらも一線を退かなかった彼女の引退を決定づけたのは何だったのか?ブログには浅田真央の本心が綴られていた。

浅田真央が現役引退

日本のフィギュアスケート界を大いに賑わせ世界的にも高い知名度と人気を誇る浅田真央が2017年4月10日、ブログでフィギュアスケートの現役から引退する事を発表しました。

10代の頃からスケーターとしての才能を発揮し、その可愛らしいルックスで日本中から応援されてきた浅田真央の引退には驚きですが近年の成績や年齢的にもちょうどいいタイミングだったのかもしれません。

@maoasada2509)さんの投稿

浅田真央、引退

via google imghp「まおちゃん」の愛称で親しまれ、スケートの技術だけではなく人柄の良さが滲み出ている女性で浅田真央の悪い噂は全く聞く事がありません。姉の浅田舞と美人スケート姉妹としてバラエティ番組にも出演する事が多く人気は衰えを知りません。

浅田真央の登場により日本国民のフィギュアスケートに対する関心が高まり、テレビでの中継を食い入るように見たり実際に会場へ足を運んだり、フィギュアスケートを始めてみたという人も多いと思います。子供達の間でも憧れの選手であり彼女を目標にスケートの練習に励んでいる子供達。

以前から引退の噂はありましたが実際に引退を決定付けた理由にはどんな事があったのでしょうか。

浅田真央のスケート教室

via google imghp

ブログで思いを語る

突然の報告になった引退の発表は2017年4月10日に自身のブログで報告されています。それと同時にメディアにも発表されていてテレビやニュースの速報でも大きく取り上げられていました。

決意に至った理由とは?

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央

浅田真央のブログにはこのように本人の気持ちが綴られていました。5歳からスケートを始めた浅田真央はすでに20年以上もスケートを愛し、練習に励みこれまで成果を出してきました。

浅田真央、バンクーバーオリンピック

via www.youtube.com2010年に行われたバンクーバーオリンピックでは銀メダルを獲得しており、荒川静香へ続く日本フィギュアスケート界のエースとして滑り続けていました。動画を見て分かる通りとても楽しそうにスケートをしています。幼い頃から浅田真央を見ていた人に取ってはバンクーバー五輪の銀メダルは我が子の事のように嬉しかったのではないでしょうか。

得点が発表されて嬉しそうな表情を見せる浅田真央には観ているこちらも笑顔にさせる魅力があります。

浅田真央、銀メダル獲得

via google imghp国民の期待を一心に背負って臨んだバンクーバーでは金メダルは惜しくも獲得なりませんでした。表彰台でも悔しさか涙が見えます。

世界選手権などオリンピック以外の大会では優勝経験も多くありますがやはりオリンピックの金は特別でしょうし引退には金メダルへの未練にも似た感情は少なからずあったのではないでしょうか。

ソチ五輪後の休養

過去に浅田真央の引退の可能性が強くなったのが2014年に行われたソチオリンピック後の休養でした。2010年のバンクーバー銀メダルの雪辱を果たす為、世間の期待も大きくなりすぎた事もありSPでの点数が響き6位に終わる悔しい結果になりました。

その後1年の休養を発表し、引退の可能性が大きくなったと噂されました。本人も引退の可能性を半分半分という風な表現をしていて引退の発表があってもおかしくありませんでした。

浅田真央、ソチ五輪6位

via google imghp2015年には現役の続行を決意しますが復帰後も成績は思うように伸びずに2016年の全日本選手権も12位で終了。12位という成績が世界選手権の代表を逃す事になり目標を失ってしまった事が引退を決定付けた理由になったようです。

しかしブログの文にもあるようにスケート人生に悔いは無いと最後まで浅田真央らしく明るい引退の報告となりました。

引退発表の反応

日本国民の娘とも言える浅田真央の引退には多くの人が驚きました。4月10日の夜にはトレンドに関連のツイートが並び国民の関心度が大きく反映されていた事が分かります。

多くの人に感動を与えてきた浅田真央の引退には惜しむ声よりも「ありがとう」や「お疲れ様」という声がとても多く感じました。

母の死など心身共に弱りきった状態で戦い続けてきた浅田真央に掛ける言葉は感謝や労いの言葉がふさわしいですね。

姉妹で切磋琢磨してきた姉の浅田舞も妹のスケート人生の最後に労いのツイートをしていました。

フィギュアスケート選手として共に世界と闘ってきた織田信成さんもテレビのインタビューに号泣しながら
答えていました。

性別が違うので争う事はありませんでしたが同じ競技の選手としてライバル関係にある筈の織田選手も泣きながら浅田真央の引退にコメントするというどこまでも愛されていた選手なんだなと感じさせました。日本国内だけではなく海外でも引退に驚く声が多くフィギュアスケーターとして世界に名を知らせた日本の誇りだと思います。

まだもう少し浅田真央のスケートを観たい気もしますが今まで頑張った分、今はゆっくり休んで次の目標や夢に向かって励んで欲しいです。長い間お疲れさまでした!


ページトップへ