浅田真央が引退会見をした内容とは?【動画】 

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

浅田真央さんがついに現役を引退することに。2017/04/12に行われた会見の詳細や言葉をご紹介します。さらには会見の動画もフルで御覧ください!日本国民に影響を沢山与えてくれた彼女は何を語るのでしょうか。

浅田真央、自分の言葉で引退のついて語る

2017年4月10日の浅田真央さんのブログで選手生活を引退することを発表しました。その次の日から各メディアでは浅田真央さんの”引退”について取り上げられていて、引退してから日本の選手仲間を始め、国民の方々が浅田真央さんの存在のデカさを改めて知る事になるのです。

そして、2017年4月12日のお昼頃に引退会見を開かれるのです。

浅田真央 会見

via google imghp顔がなにか吹っ切れた感じがありますね!久しぶりの笑顔が見れて嬉しいですね!!

会見の内容は?

まずは会見の動画をご覧ください!

浅田真央選手 引退会見

via www.youtube.com沢山の記者の方々やテレビ関係者の方々が集まっていますね!それほど、国民の注目度も高いということですね!登場した時もかなり沢山のフラッシュを浴びています。

そして、冒頭の挨拶は丁寧にしていて真央ちゃんの人の良さが出ています。

引退発表してからの気持ち

まず、フジテレビの方が代表して真央ちゃんの引退を決意したことなどを聞いていきます。

真央ちゃん的にはこの場所に入って来た時に人が沢山いて驚いていたようです。そして気持ちを落ち着かせ色々な事を話してくれました。

まず、引退を発表して周りの人にいわれた言葉で印象に残っているものは?その質問に答えてくれました。

フ「引退発表してから色んな言葉があると思いますが、何か印象に残った言葉はありますか?」

真「発表してから沢山の方から連絡して下さったんですけど、お疲れ様という言葉が多く、
私自身も選手生活終わるんだな。という気持ちになりました」

フ「何か印象に残る言葉とかありましたか?」

真「皆、お疲れ様よく頑張ったね!って言ってくれました」

そして引退を決めた時期についても話しています。

フ「引退を決めたきっかけは具体的な時期はいつごろからだったんですか?」

真「復帰してからいいかたちでスタートできたんですけど、そこから練習するにつれて
試合に出るにつれて、今のスケート時代はすごいので、私自身もついていけるのかなって想いが
強くなったり、気持ちや身体の部分で復帰前よりも辛い部分が多くなりました。
なんとか1シーズンは乗り切れたんですけど、2シーズン目からなんとかなんとか頑張ろうという
思いだけでやってきました。でも最後の全日本選手権でもう、いいんじゃないかな。
って思えました」

やはり、復帰してから真央ちゃんの調子はいまいち上がらず、ものすごく辛い時期が長かったと思います。そして、プレッシャーもかなりかかっていたと思います。ずっと支えてくれていたお母さんが亡くなってしまい、精神的にも辛い中でも復帰をして、日本国民に感動を与えてくれました。

最後の全日本では今までにない演技で、事故最低点を出してしまい引退説も囁かれていました。そんな中真央ちゃん自身も引退を決めるきっかけとなったようですね。

出場したオリンピックについて

#浅田真央 #maoasada

lemonedさん(@lapis_lazuli0303)がシェアした投稿 –

浅田真央 オリンピック

via google imghp

フ「バンクーバー五輪はは銀メダルでしたがどう思いましたか?」

真「バンクーバーは19歳だったんですが、10台で若くて、気が強くて
気持ちだけで乗り越えてきたなと言う感じがします。」

フ「ソチ五輪では素晴らしいフリーで感動を与えてくれましたが、今どんな思いですか?」

真「ソチオリンピックはショートが残念な結果だったので、すごくつらい試合だったのですが、
フリーで最高の演技を終えることができたので、そういう気持ちからバンクーバーからソチへの
4年分を4分間に注ぎ込めたと思います。」

フ「2度のオリンピックの想いとは?」

真「今後の人生においてもいい経験や思い出だったと思います。」

フ「印象に残っている大会はありますか?」

真「2回世界選手権で金メダルを取った時はすべてオリンピックの後だったので、
オリンピックの口惜しさを貼らせた大会だったと思うのですが、
最後の世界選手権が最後と思って臨んだので、スケート人生をすべてプログラムに
ぶつけた試合だったので、最後の世界選手権が一番思い出が強い試合でした。」

オリンピックはかなり注目されていて、バンクーバーの時は同世代のキムヨナに破れてしまい、残念ながら『2位』という結果になってしまい、真央ちゃんも悔しそうな表情をしていたのを覚えています。

そして4年後にまたオリンピックという舞台で目標にしていた”金メダル”は取れなかったけど、金メダルと同じくらい価値のある演技を世界の大きな場で見せてくれました。あの演技でまた「真央ちゃんみたいになりたい」と憧れ、スケートを始めた子供もいると思います。

それだけで、真央ちゃんの演技には価値があるのだと思いました。

コーチについて

佐藤コーチ

有名な選手達のコーチvia google imghp

フ「最後に山田コーチについては?」

真「マチコ先生は、小さい時に始動を受けていたのですがスケートの楽しさや挑戦する楽しさを
教えてくれました。スケートだけじゃなくて色々なことを教えてくれた先生です。」

フ「佐藤コーチについてはいかがですか?」

真「佐藤コーチは大人になってから指導を受けたのですが、自分の意思も強いので、
先生といろいろ話し合いをする機会も多くて、自分の話をしっかり聞いてくれて、
静かに見守ってくれる先生でした」

真央ちゃんには10代の時のコーチと大人になってからのコーチがいます。山田コーチは女性の面倒みの良さそうな女性、2人目は真央ちゃんが辛い時に支えてくれて、背中を押してくれた佐藤コーチ。

この佐藤コーチは荒川静香さんのコーチでもあるのです。最後は2人のコーチについても語っていますね。

今まで印象に残っている演技

見に行きた〜い🙋‍♀️💕💕 #浅田真央 #maoasada #サンクスツアー #thanks tour #profigureskater

Mitsu Hさん(@mitsu_0825)がシェアした投稿 –

真央ちゃん ソチのフリー演技

最後に上を向く姿が印象的でしたvia google imghp

フ「最も印象に残っている演技を一つ選ぶとしたらでれですか?」

真「難しいですね。ひとつというのは難しくて。やっぱり、ソチのフリーかなと思います。
気持ちがすごい今までの試合以上にちょっと落ち込んでいたり
辛かったりした部分もあるのですが、あれだけの演技ができたことが、
それがソチ五輪だったことが一番よかったのかなと思います。」

やはり、真央ちゃんにとっても印象に残っている演技はこのソチオリンピックのフリーの演技のようです。この時はショートはかなり惨敗な結果になってしまった中、16位から5位まで追い上げた伝説に残る演技でしたね。

私もこの演技が1番今までの中で印象的です。

復帰した2年間の想い

フ「休業から復帰したからの2年間の意味とはどう捉えていますか?」


真「ソチ五輪のシーズンで世界選手権を終えて、 自分が選手を終えていたら
自分もまだできていたんじゃないかなと思っていたと思います。 自分でチャレンジして
出した結果なので、今は何もやり残したことはないので、
そういう意味でもう一度チャレンジすることができて良かったなと思います。」

浅田真央さんらしい考え方ですね!やらないで後悔するよりもやって後悔した方がいいと思い復帰したようです。チャレンジする事はとっても大事なこと。選手として沢山の人に夢とか感動を与えてくれたと思います。きっとこの2年は選手として活動した事に意味はあると思います!

現役生活でやり残したこと

日「何か一つ現役生活でやり残したこと、悔やむことはありますか?」

真「本当に決断するにあたって本当に悩みました。やり残したことはなんだろう
と思うことがなかったので、本当にすべてやりつくしたんじゃないかなと思います。」

ここまで言い切れるのはすごいですね!!本当に全てやりきったのでしょう。今までの人生を全てフィギュアに捧げたということなのでしょう。

今後の活動は?

まずはアイスショー

アイスショー

羽生結弦選手と!via google imghp

フ「今後についてはどう考えていますか?」

真「まずもうすぐ夏にあるのがアイスショーなので、そこでまた選手生活を終えて
皆さんの前で滑るので、いい演技を目指してがんばりたいなと思います」

とりあえず、アイスショーがこれからあるので、それに出場する事は決まっていて、それに向けて現在練習中のようです。それ以降の予定はまだ未定らしく、ゆっくり考えていくのではないでしょうか。

フィギュアには今後も携わる予定?

フ「フィギュアのこれからどんな形で携わっていくんですか?」

真「今までスケートにお世話になりました。どんな形でもフィギュアに恩返しができる活動は
したいなと思います。」

フ「具体的なプランはこれからですか?」

真「はい、そうですね」

具体的なプランはないものの、スケートには関わっていくようです。これからは解説者やスケートを教える立場の仕事につくのではないでしょうか。きっと真央ちゃんに教えてもらいたい人は沢山いると思います。

真央ちゃんにしか教えられない事だったりがあると思うので、最終的にコーチとかになってほしいなと個人的には思います!

仲間、ライバル、ファンへに向けての言葉

仲間へ

スケートアメリカ2013EXより💝 #浅田真央 #maoasada #figureskater

lemonedさん(@lapis_lazuli0303)がシェアした投稿 –

浅田真央のエール

via google imghp

フ「浅田真央さんに憧れた選手がトップスケーターになりました。その人達の為にも日本スケートの
方々にエールをお願い致します。」

真「引退された大先輩の方をはじめ、私も引退をすることになったのですが、
スケート界を引っ張ってこれたかなと思います。若い選手がどんどん出てきているので、
若いパワーでフィギュア界を引っ張っていってほしいと思います。」

1番のライバル、キムヨナへ

キムヨナ

via google imghp

私たちは16歳くらいから一緒にジュニアの試合やシニアの試合で一緒に出てきました。お互いにいい刺激を与えながらもらいながら、ずっとスケート界を盛り上げてきたんじゃないかなと思っています。

ファンへ

真「たくさんのファンの方が応援してくださって、長い間よいときも悪い時も
応援してくださったので、それがすごく励みになりましたしパワーになりました。
ありがとうございました。」

このようにそれぞれの人達に言葉を会見を通して送っています。もう真央ちゃんと対決はできないですが、若い世代の方々は浅田真央を超えるくらいの演技を日本国民に見せてほしいと思います!!!

スケートは私の人生

浅田真央 会見

via google imghp

フ「浅田真央さんにとってフィギュアはどんな存在ですか?」

真「存在…うーん、どんな存在ですかね。難しいですけど。一言でいうと、人生かなと思います。」

フ「引退発表して自分の褒めたい部分はどんなところですか?」

真「私結構あきてしまうことが多いんですけど、はまってしまったらそれにはまってしまうんですが、
すぐに飽きちゃう性格で、そもスケートは5歳から26歳まで続けて来られたので、
長い間すごいね、続けてきたねと言いたいです。」

このように答えた真央ちゃん。確かに20年以上スケートをして言葉では言い表せないくらいの思いだったりを沢山持っていると思います。こんなにも長く同じことを続け、オリンピックまで出場した浅田真央さんは改めて立派な方なんだと思いました。

恋愛は?

現在は結婚の予定などはないようです。真央ちゃんは努力家で頑張りやさんで頑固な性格なので、本当に人生を全てフィギュアに捧げたのだと思います。

現在現役選手を引退して、時間も心もゆとりが出来ると思うので、これから探して行くって感じだと思われます。

最後に挨拶は涙ぐむ

浅田真央 涙ぐんで後ろを向く

via google imghp

みなさん、きょうは本当にどうもありがとうございました。発表してから2日間、あたたかい言葉をいただいて、本当に晴れやかな気持ちで引退を迎えることができました。

(涙で言葉が詰まる)

スケート人生で経験したことを忘れずに、笑顔で…前に進んでいきたいと思います。

(涙で後ろを向く)

みなさん、応援どうもありがとうございました。

最後はきっと本当に自分は引退したのだと実感したのか、涙ぐみ言葉に詰まってしまう場面がありました。涙のない会見にしたかったのか後ろを向いて涙を見せないようにしていました。

気持ちを落ち着かせて、最後は笑顔でこのように語っていました。

これから第二の人生、笑顔で頑張ってほしいですね!!



ページトップへ