「神ってる」が流行語大賞か!広島カープ鈴木誠也が受賞へ

文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年の流行語は山田哲人の「トリプルスリー」となった流行語大賞だが、今年も野球界から受賞の可能性が高い?カープの緒方監督が放った「神ってる」が早くも流行語大賞候補に!「神ってる」ってどういう意味?

神ってる

今年に入って絶好調の広島カープ緒方監督が放ったひとこと。鈴木誠也選手の好調ぶりを指して表現しました。広島が優勝決定したので「神ってる」は流行語大賞確実と言われています。昨年はヤクルト山田哲人とソフトバンク柳田悠岐のダブル受賞で「トリプルスリー」が選ばれました。あのラグビーで話題沸騰となった「五郎丸ポーズ」を抑えて、見事大賞です。それだけシーズンで二人がトリプルスリーを達成することは珍しいことですが、広島カープのリーグ優勝は25年ぶりなのでこれも珍しいことですね。日本シリーズで日本ハムに負けてしまったことだけが残念です。

以前から注目している人もいます。ところで「神ってる」とはどういう意味なのか知らない人は多いと思います。特に年配の方はあまりしっくりこないのではないでしょうか。それもそのはず、「神ってる」は言わゆる若者言葉です。最近はなんでも略してしまうので、正直元が何になっているのか全く分からない言葉もあります。この「神ってる」も一種の略語となります。「神ってる」は「神懸っている」を省略した言葉です。「神懸る」は神が乗り移っているかのような、普通ではありえない状態を示す言葉です。特に普段は想像もできない大活躍をした人や凄まじい成果を残した人に使い、とても素晴らしいということを示しています。それを若者は「神ってる」と表現し、大流行しました。緒方監督も

神がかっているよ。今どきの言葉で言うなら『神ってる』よな。期待感はあったよ。でも、まさか2日連続で打つとは。こんな試合、年間に何試合もあるもんじゃない。

と話しているように、完全に今どきの言葉ですね。神が舞い降りてきたことを「神ってる」とするのは短いので言いやすいですが、もう「神る」という動詞ができあがっているみたいです。少し省略しすぎな感じもしますね。

好調の鈴木誠也


鈴木誠也

広島カープの外野手。今季に入って急成長した若手の有望株。昨季からスタメンの座を射止め、今では動かすことのできない選手となっている。打撃能力が向上し、元々評価されていた俊足・強肩に加わって、隙のない状態に仕上がりつつある。イチローのようになれるようにと付けられた背番号51番に恥じない働きをしている。via google imghp「神ってる」男として今話題となっている鈴木誠也はプロ四年目。昨年と比べて飛躍的に打撃が向上しています。2000本安打を達成した新井貴浩も調子が良く、チームの勝利に貢献していますが、鈴木はそれ以上。緒方監督は鈴木の二試合連続ホームランをみて、「神ってる」がつい口から出たそうです。今年もトリプルスリーが有望な山田哲人には及びませんが、それに匹敵する成績を打ち出しています。それにしても22歳でこの成績は素晴らしいです。盗塁能力が上がれば、トリプルスリーも夢ではありません。(現在16)打率は.335で本塁打も26本。何よりチャンスに強い男として有名で、サヨナラホームランなど、劇的勝利には鈴木誠也が必ずかかわっています。この活躍にファンも歓喜し、エース前田健太がいなくなり、スター性に欠けていた広島カープの希望となっています。普通この成績なら首位打者なのですが、今年は巨人の坂本勇人が異常に打ちまくっていたため、残念ながらタイトルはとれませんでした。2017年シーズンに期待したいです。投手出身の鈴木誠也は肩が強く、活かすために外野手になりました。イチローも同じように投手から外野手だったので同じ道を歩んでますね。鈴木ははじめは内野手として育成されていましたが、外野手のほうがより強肩が発揮されているのでよかったです。昨年の「すぽると」で行われた100人のプロ野球選手から選ばれる『1/100』の強肩部門では柳田悠岐と並んで、堂々の一位。あの糸井選手を抜いての優勝はすごいですよね。相手選手は鈴木のバズーカのような送球が怖くて、走るのに迷いが生じるそうです。恐るべし強肩・・・。

鋭い送球ですね。イチローを彷彿とさせます。via www.youtube.com

流行語受賞はどっち?

「神ってる」男として大注目の鈴木誠也ですが、これは広島カープのチームにも使われています。鈴木の活躍にも、まだまだ衰えを知らない新井にも、カープの圧倒的な勝利数にも全て「神ってる」です。トリプルスリーは元々存在する言葉だったので、達成した二人に大賞は贈られましたが、「神ってる」は違います。この発言を有名にしたのは緒方監督です。こういう場合はどちらが受賞するのでしょうね。「神ってる」発言をした緒方監督か、「神ってる」男鈴木か、どちらかが受賞になるでしょう。スポーツの場合は一般的には選手が受賞する傾向にありますが、流行らせたのは緒方監督なので微妙なところですね。監督よりは選手が受賞した方が盛り上がる感じがしますが、監督に分があるか・・・。どちらにしろ、カープがリーグ優勝達成したので、ぜひこのままの勢いでいってほしいです。侍ジャパンでも活躍していますし、日常会話でも使われている「神ってる」は流行語大賞確実。流行語としての最大の敵は「アモーレ」となるでしょうが、ぜひ打ち勝ってください!

上の二つは誰が受賞するんだ・・・という感じになると思うので、たぶん明るい話題の下二つが大賞でしょう。ベッキーがきたら完全敗北は間違いなしですが。



ページトップへ