泰葉が春風亭小朝の虐待と桂三木助へのいじめを告発!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

タレントの泰葉がブログで元夫である春風亭小朝から受けた虐待として暴力やセクハラなどを暴露。これが原因で双極性障害に陥っていた!双極性障害とは?さらに小朝は三代目桂三木助の自殺にも関わっている?

泰葉と春風亭小朝

2007年に結婚会見などで使われる金屏風の前で離婚会見を行ったことで話題となったシンガーソングライターの泰葉と落語家の春風亭小朝。約20年にも及ぶ結婚生活の末に離婚をしました。当時は2人とも円満離婚であることを強調していましたが泰葉が手にした慰謝料は1億5千万だったそうです。なにかわけありな匂いがしますね。

泰葉のプロフィール

 

泰葉

via google imghp

生年月日: 1961年1月17日 (56歳)
生まれ: 東京都 台東区
兄弟姉妹: 2代目 林家 三平、 海老名 美どり、 9代目 林家 正蔵
両親: 初代 林家 三平、 海老名 香葉子

泰葉の家族に注目してみると、父親や兄妹が落語家。しかも父親は”昭和の爆笑王”初代林家三平です。春風亭小朝の泰葉との結婚は政略結婚だったのかもしれません。泰葉自体は度々おかしな言動をするイメージですね。

春風亭小朝のプロフィール

@0705_audi)さんの投稿

 

春風亭小朝

 

本名 花岡 宏行(はなおか ひろゆき)
生年月日 1955年3月6日(62歳)
出身地   日本・東京都北区

若い頃から落語の才能に長けており異例のスピードで出世していったそうですが、それが原因でプライドが高く高飛車な性格であり、落語界での人望が全くないことで有名みたいです。そしてトレードマークはこの金髪のタマネギ頭。

ブログで春風亭小朝を告発

坂口杏里が恐喝未遂容疑で逮捕されたことを受け、坂口杏里の母である坂口良子と親交があったためブログで”坂口杏里救済計画”を発足すると宣言したと同時に、その翌日である24日にある人物を告発することを宣言していた泰葉。

坂口杏里と告発になんの繋がりがあるのか分かりませんが、坂口杏里の逮捕騒動でなにかヒントを得たみたいです。

@surfacesugoi)さんの投稿

坂口杏里

via google imghpそして24日の深夜2時頃、告発というタイトルのブログが更新されました。その内容は2007年に離婚した元夫の春風亭小朝による虐待を受けていた、というもの。実際のブログの文章を一部抜粋します。

私、泰葉事
海老名泰葉は

元夫、春風亭小朝事
花岡宏行を
20年にわたる

暴行 Domestic violence
いじめ Power hrunsement
異常性行為 Sexcial hrunsement

全てを網羅した
虐待をここに
告発します

私の双極性障害の原因は
この虐待によるものでした

2007年に離婚した際は、小朝が所属する事務所の社長をしていたため離婚理由は「主婦業と社長業の両立ができないから」と円満離婚を強調していました。しかしこんな裏の事情があったんですね。そりゃあ”金髪豚野郎”とも呼びたくなります。

しかし気になるのはこの抜粋した文の一番最後、虐待が原因で双極性障害になっていたというところ。あまり聞き慣れないですが一体どんな病気なんでしょうか。

双極性障害とは

双極性障害とは躁(そう)うつ病とも呼ばれるうつ病の一種みたいなんですが、普通のうつ病とは少し違います。うつ病というと常に気分が落ち込んでしまって何もやる気が出なくなってしまったりするというイメージですが、双極性障害は躁状態になり気分が高ぶって活動的になるのとうつ状態を繰り返します。


“うつ病と双極性障害の違い” data-reference=”” src=”/images/item_images/images/000/093/482/medium/b79cced0-da07-41f7-9d8a-7ca1899464e9.png?1493015247″ width=”420″ height=”215″ />

うつ病と双極性障害の違い

via google imghp

症状

現代はストレス社会でうつ病になる方も多いですが、この双極性障害も100人に1人くらいの割合でなるみたいです。意外と芸能人にも多いみたいです。

躁状態になっている時の症状としては、睡眠欲求がなく全然眠らなくても平気だったり、気が散って一つのことに集中できなかったり、おしゃべりが止まらない上に話の内容が飛び飛びになったり、お金を使いまくったりするそうです。いわゆる”ヤバイ人”の状態ですね。

でも意外とこういう人って多くないですか。テンションの浮き沈みがあまりにも激しすぎる人。もしかしたら自分でもこれが病気だと気づいていないのかもしれませんね。しかし気をつけなくてはいけないのは、この病気はうつ病よりも自殺者が多く、再発も多いので完治するのも難しいのです。

原因は?

 

 

泰葉と小朝の離婚会見

via google imghpこの病気の原因はまだ詳しくは分かっていないみたいです。つまり誰でもなり得るってことですね。

泰葉はこの病気を患い2016年9月に完治したことを報告していますが、2007年に離婚してから約10年もの間苦しんできました。双極性障害は最初はうつ病から入るので実際はもっと長かったかもしれません。原因は離婚によるものだと思われていましたが、この告発に20年間虐待に耐えてきたストレスによるものだと分かりました。

なのであの”金髪豚野郎”発言はこの双極性障害が原因だったと思われます。

桂三木助の自殺は小朝のいじめのせい?

さらに泰葉の告発は続きます。24日の17時頃に更新された告発2というタイトルのブログにはさらにショッキングな内容が書かれています。

春風亭小朝に被害を受けたのは
私だけではありませんでした

故四代目桂三木助の自殺は
小朝のいじめによるものでした
これは
落語界の中では
周知の事実です
関係者に聞いてください

これが事実だったとしたら春風亭小朝は極悪人ですね。落語界では周知の事実ということは、落語界全体でこの事実を隠していたということなのでしょうか。今のところ泰葉が1人だけ発言している状態なので真偽のほどは分かりませんが、なんだか告発はまだありそうですね…。

四代目桂三木助とは

 

四代目桂三木助

 

本名 小林 盛夫
生年月日 1957年3月29日
没年月日 2001年1月3日(満43歳没)
出身地 日本・東京都北区

四代目桂三木助は2001年に自殺した落語家です。ミッキーの相性で親しまれていました。金銭的な問題や三木助襲名によるプレッシャーなどが原因でうつ病にかかっていたのではないかと言われています。

もし本当に小朝のいじめが原因だったら、三木助の葬儀で小朝が言った「生き返らせてやりたい」という言葉は後悔の気持ちを表していたのでしょうか。

まとめ

この騒動は現在進行系なので今後どうなって行くのかは分かりませんが、なぜ20年も我慢してきてさらに離婚して10年経った今、告発をしようと思ったのかが謎ですね。坂口杏里の救済計画と泰葉は言っていますが坂口杏里と告発はなにも関係ないような…。

これに対して今後春風亭小朝の方がどのようなリアクションをしてくるのか、告発はまだあるのか、注目してみたいと思います。



ページトップへ