氷川きよしがキモい?オネエ化でKiiちゃんに?カミングアウトも

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年紅白歌合戦でも話題になった氷川きよし。驚きの大変身を遂げ、今ではすっかり美人系オネエのようになりましたwそんな氷川きよしにキモいの声が!?ジェンダーレスをカミングアウトまで?!氷川きよしの現在をご紹介!

氷川きよしがキモい?!昔と現在の変化がヤバい

演歌歌手の氷川きよし。

「箱根八谷の半次郎」や「きよしのズンドコ節」など、数々のヒット曲を出し、2020年で芸能生活20周年を迎えました。

そんな氷川きよしが最近キモいと話題w

昔はさわやかな正統派演歌歌手でしたが、なんと現在は一風変わったオネエ系歌手に??

さらに、長年噂されていた氷川きよしの性別問題…ついにジェンダーレスをカミングアウトか?

今回は氷川きよしのキモいとの噂とジェンダーレスをカミングアウトの真相に迫ります!!

昔の氷川きよしはさわやか演歌歌手

まずは昔の、というか私たちがよく知る氷川きよしについてご紹介しましょう。

先程もご紹介した通り、以前氷川きよしはさわやかな演歌歌手でした。

こちらをご覧下さい。

懐かしい!

デビュー曲の「箱根八里の半次郎」です。

まるで戦隊ものの俳優のようなイケメンっぷり!

中高齢の女性を中心に人気を集めましたが、こちらの曲が多くの世代から支持される曲ですよね~

昔の顔画像はこんな感じ。

まるでジャニーズのようなイケメンですね~

みんなが知っている氷川きよしです。

しかし、このイケメン氷川きよしがすごい変化を遂げたのです…

現在の氷川きよしはオネエ化でKiiちゃんに

きっかけとしては2017年にリリースしたアニメ「ドラゴンボール超」の主題歌となった「限界突破×サバイバー」でした。。

少しずつ髪の毛を伸ばし始め、ビジュアル系バンドのように、そして…

こんな感じになりましたw

すごい大!変!身!

メイクが濃くなり、よりオネエっぽくなってきたのは、2019年あたりからのようです。

歌のうまさがすごいのと、「箱根八里の半次郎」との違いがすごいのとww

しかも、氷川きよしは自身のことをKiiちゃんと呼んでほしいとファンに呼びかけ。

氷川きよしから新しいKiiちゃんへと進化を表明したのですw

しかし、この変化には受け入れられない人も多くいたようで。。

キモいが連呼されていました。。

ここまで言われると氷川きよしが可哀想な気も。。

長年イケメン演歌歌手としてやってきた氷川きよし。

一体どうして急なキャラ変をしたのでしょうか?!

氷川きよしがジェンダーレスをカミングアウト?!

では、ここから氷川きよしのカミングアウトについてご紹介します。

そもそも氷川きよしはずっと前からオネエ疑惑がある芸能人の1人でした。

氷川きよしにはずっとオネエ疑惑があった

氷川きよしは以前からオネエというか、ゲイの噂が頻繁に飛び交っていました。

芸能界入り前にゲイバーで働いていたこともわかっていますし。

https://sky-journal.com/wp-content/uploads/2019/11/2019-11-26-15.57.52.jpg

俳優の松村雄基とゲイカップルであることが報道されたこともあります。

マネージャーにホモパワハラをされたと訴えられた経験も…

ここまできたら氷川きよしが同性愛者であることは、ほぼ確定でしょう。

後の氷川きよしのオネエ化を考えると、ゲイというより性別違和の可能性のほうが高いかもしれません。

氷川きよしにとっては、ずっと隠していた姿だったんでしょうね。

氷川きよしが吹っ切れた?カミングアウト発言

そんな氷川きよしが自身のジェンダーレスをカミングアウトした!と話題になったのが2019年12月、週刊新潮でのインタビューです。

以下が氷川きよしによるジェンダーレス発言です。

小さい頃は、ナヨっとして女の子っぽかったから、よく「オンナ!」とか「オカマ!」ってイジメられて苦労したこともあった。

 そういう風に言われてきたから、自分をさらけ出したらダメだと。お芝居をやっても男の子らしくしようとか、「みんな一緒にさせる」という世間のルールに沿って生きてきた。どうしても、人と違っていると貶められ、イジメられるのが日本じゃないですか。

 だからデビューさせていただいてからも、演歌の世界で、男の世界で生きていこうとやってきたけれど、なにか違うと思っていて……。私には私の生き方があるし、みんなはみんなの生き方がある、それでいいんじゃないかって。


美輪明宏さんも、自分と同じ九州の出身で、長崎では“女っぽい”からって色々イジメにもあっていた。そういう話を聞いていたので、昨年から「ヨイトマケの唄」をカバーさせていただくようになったんです。でも、世間が求める「氷川きよし」の姿とは違う。あくまで「演歌の王道」を歩んで欲しい、男らしく生きて欲しいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……。

男らしさを強要されると、生きているのも辛くなった氷川きよし。

そんな氷川きよしが現在、自分のありのままを出せている!って本当に素晴らしいことですよね!

ジェンダーレス発言はあったものの、しっかりした「自分は性別違和だ」というカミングアウトはされていません。

しかし、このインタビューを見たら、かなり察するところがあります。

演歌の世界で男性として生きてきて、今でもはっきりカミングアウトできない…日本はそんな社会なんでしょうね~

そんな氷川きよしをキモいの一言で片付けるなんて超失礼な話ですよね!!

じつは、変身した氷川きよしに好意的な声もたくさん上がっていたのです。

氷川きよしに好意的な声も

Twitter上の声を見てみましょう。

多くの人が氷川きよしを受け入れていました。

良かったですね~

本当、氷川きよし…いや、Kiiちゃん。

現在は本当の自分をさらけ出すことができた、きっと勇気も必要だったでしょう…そんな氷川きよしは尊敬に値します!!

まとめ

今回は氷川きよしのキモいとの噂とジェンダーレスをカミングアウトの真相に迫りました。

確かに、氷川きよしの変わりように戸惑い、キモいとの声も上がっていました。

しかし、氷川きよしは現在の姿になるまでにいろいろな悩みを抱え、本当の自分を隠してきた…

そして、20年やり遂げた後に本来の自分を見せることにした!!

素晴らしいことだと思います!

さらに、氷川きよしが変わっても受け入れている真のファンたちの気持ち…感動しました~!

氷川きよしはこれからも新しい形で活躍を続けてくれるはず。

氷川きよし、Kiiちゃんのこれからを期待したいと思います。



ページトップへ