水輝聖羅とは?坂口杏里を売名行為に利用か

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


坂口杏里が恐喝容疑で逮捕されました。その事件に便乗したと思われる水輝聖羅は坂口杏里を売名の出汁にしました。まだ収まらない坂口杏里を取り巻く人々。水輝聖羅とは一体何者なのか。なぜ友人を売名に利用したのか。

水輝聖羅が坂口杏里で売名行為

坂口杏里が恐喝容疑で逮捕されました。その事件に便乗して自らも50万円を貸してほしいと頼まれたという水輝聖羅はそのことをツイッターでつぶやきました。そのツイートは現在削除されていますが、水輝聖羅の坂口杏里を使った売名行為とも受け取れる行為はツイッター上で大炎上しました。

@seirapime
坂口杏里ちゃん捕まっちゃったんだね( ; ; )せいらも実は50万貸して欲しいってラインがきて、断ったらそれから音信不通になっちゃって悲しかったな。。。杏里ちゃん元気だといいけど。。心配。

@seirapime
公にしたくなかったから言わなかったけど、お友達だと思ったから50万円貸してって言われた時は心配とショックでした( ; ; )公にしてしまってごめんなさぃ。でも心配だったから。大丈夫かな。

公にしたくなかったと言いながらも普通にばらしていますよね。水輝聖羅は坂口杏里の逮捕に便乗して自らの知名度を上げようとしたのでしょうか。坂口杏里は水輝聖羅に良いように利用されてしまった可能性があります。

水輝聖羅とは

坂口杏里が逮捕されたことに便乗した水輝聖羅ですが、初めて名前を聞く人も多いと思います。水輝聖羅とは一体誰なんでしょう。そして水輝聖羅と坂口杏里との関係はどういったものなのでしょう。一つ一つ紐解いていきたいと思います。

@seira_mizuki)さんの投稿

水輝聖羅

via google imghp

みずき せいら
水輝聖羅
1989年1月26日生まれ
石川県出身
2008年から読者モデルとしても活動
金沢(片町)のキャバクラ嬢

キャバクラ嬢をやりつつ2008年からは読者モデルとしても活動しているそうです。水輝聖羅は女性ファッション雑誌『小悪魔ageha』の読者モデルとして活躍していました。

@seira_mizuki)さんの投稿

水輝聖羅が読モをやる小悪魔ageha

via google imghp

『小悪魔ageha』(こあくまアゲハ)は、日本のギャル系ファッション雑誌。10代から20代までの女性を主な想定読者層とする月刊誌で、“姉ギャル”ならびに“姫ギャル”と呼ばれる系統に類される。
最盛期(2008年)には発行40万部・実売30万部を計上。この著しく高い発行部数に加え、キャバクラでの勤労に従事するいわゆるホステスの女性たちを主要な想定読者層とし、さらには誌面に登場するモデルらの多くも現役のホステスであるという、キャバクラの世界との密接な関わりという特色が注目されてきた。 “キャバクラ嬢のバイブル”とする者もある。

なんとも時代遅れな感じがしますね。いまどきこんなキラキラした雑誌はあまり売れないのではないでしょうか。最盛期があ2008年というのも頷けますね。一度売上を落とした小悪魔agehaですが、徐々に復活を果たしているというデータもあります。水輝聖羅は坂口杏里から50万円をせびられたわけですが、水輝聖羅はキャバ嬢時代の最高月収が150万円だったと取材で語っています。水輝聖羅の本名は山中さちことも言われていますが、噂の程度なので真相は分かりません。なぜ水輝聖羅は坂口杏里使った売名行為をしようと思ったのでしょうか。

水輝聖羅はファッションブランドをやっている?!

坂口杏里との絡みで炎上した水輝聖羅ですが、彼女はファッションブランドをやっているそうです。その名もHolyMischisというブランドで、売上も好調なようです。水輝聖羅が坂口杏里にお金を頼まれたのもこういう背景があるのかもしれません。

ネット販売ということではありますが、それが完売するというのは凄いですね。徐々にブランドが大きくなっていくことでしょう。真当に生きている感じが水輝聖羅の人気の秘密なのでしょうか。水輝聖羅が坂口杏里を売名行為に利用し、自らのブランドの宣伝にしようとしたのかもしれません。

水輝聖羅を擁護している人もいるようですね。果たして自作自演なのか、そこが気になるところではあります。水輝聖羅と坂口杏里の関係性が妙に気になるところではあります。

坂口杏里と水輝聖羅がどこで差がついたのか

坂口杏里の友人だったという水輝聖羅ですが、どこで差がついたのでしょうか。ツイッターに坂口杏里の知られたくない情報を流している以上、本当に友人なのかは疑問ですが、仮に友人だったとすれば何か共通点や分かり合える部分があったはずです。

おしおきするぞっ? #ANRI #おしおき #今までに #ない #衣装

A post shared by ANRI (@anri6450) on

坂口杏里のインスタ

一方は有意義な人生を過ごし、もう一方は恐喝容疑で逮捕という始末。キャバ嬢と芸能人、世間的に見れば芸能人の方が格上に見えてしまうのも事実です。坂口杏里と水輝聖羅は違う境遇ながら友人としてつながっていたわけです。ホストにハマってしまったか否かが二人の人生を大きく分けてしまったのかもしれません。


水輝聖羅による坂口杏里を利用した売名

水輝聖羅が坂口杏里との関係をツイッターで暴露してしまったことにより生じるメリットとデメリットはそれぞれ何なのでしょう。メリットは自分の名前を売ることが出来たということでしょうか。いわゆる水輝聖羅の坂口杏里を利用した売名行為であり、自身のファッションブランドを有名に出来るという利点があります。

@seira_mizuki)さんの投稿

水輝聖羅のファッションブランドの画像

via google imghpデメリットといえばイメージダウンでしょう。売名行為に友人を出汁に使ったわけなので、水輝聖羅本人の評価が下がることに間違いありません。自分の評価を下げてでも多くの人に知ってもらいたかったのかもしれません。

私達が服を着る時、どんな人が作ったのかを気にする人はいないと思います。大切なのはその服のデザインであったり着心地であったりというものです。今着ている服を作った人がどんなに性格が悪くても、とりあえずかっこよければ、可愛いければ良いのです。つまり水輝聖羅が坂口杏里を売名に使った行為は、炎上商法とはいえ良い宣伝になったと思います。

@seira_mizuki)さんの投稿

自らをブランドモデルにする水輝聖羅

via google imghp自分でブランドを立ち上げ自分をブランドモデルにするというスタイルはとても効率が良くていいと思います。あとは自分のブランドを世の中の人に知ってもらうだけです。そこで水輝聖羅が坂口杏里を売名に使い、そのツイートは削除するという形、上手く利用したように見えますね。

水輝聖羅は今後どうなるのか

水輝聖羅は坂口杏里を利用した売名行為で自分の名前を売ることに成功しました。自らのファッションブランドを成功に導くことが出来れば、今回の売名行為は成功だと思います。イメージダウンによって売上が減少すれば失敗と言えるでしょう。水輝聖羅の坂口杏里を使った売名行為の良し悪しは長い目で見るしかなさそうです。

坂口杏里が恐喝容疑で逮捕されました。その事件に便乗したと思われる水輝聖羅は坂口杏里を売名の出汁にしました。まだ収まらない坂口杏里を取り巻く人々。水輝聖羅とは一体何者なのか。なぜ友人を売名に利用したのか。

水輝聖羅が坂口杏里で売名行為

坂口杏里が恐喝容疑で逮捕されました。その事件に便乗して自らも50万円を貸してほしいと頼まれたという水輝聖羅はそのことをツイッターでつぶやきました。そのツイートは現在削除されていますが、水輝聖羅の坂口杏里を使った売名行為とも受け取れる行為はツイッター上で大炎上しました。

@seirapime
坂口杏里ちゃん捕まっちゃったんだね( ; ; )せいらも実は50万貸して欲しいってラインがきて、断ったらそれから音信不通になっちゃって悲しかったな。。。杏里ちゃん元気だといいけど。。心配。

@seirapime
公にしたくなかったから言わなかったけど、お友達だと思ったから50万円貸してって言われた時は心配とショックでした( ; ; )公にしてしまってごめんなさぃ。でも心配だったから。大丈夫かな。

公にしたくなかったと言いながらも普通にばらしていますよね。水輝聖羅は坂口杏里の逮捕に便乗して自らの知名度を上げようとしたのでしょうか。坂口杏里は水輝聖羅に良いように利用されてしまった可能性があります。

水輝聖羅とは

坂口杏里が逮捕されたことに便乗した水輝聖羅ですが、初めて名前を聞く人も多いと思います。水輝聖羅とは一体誰なんでしょう。そして水輝聖羅と坂口杏里との関係はどういったものなのでしょう。一つ一つ紐解いていきたいと思います。

@seira_mizuki)さんの投稿

水輝聖羅

via google imghp

みずき せいら
水輝聖羅
1989年1月26日生まれ
石川県出身
2008年から読者モデルとしても活動
金沢(片町)のキャバクラ嬢

キャバクラ嬢をやりつつ2008年からは読者モデルとしても活動しているそうです。水輝聖羅は女性ファッション雑誌『小悪魔ageha』の読者モデルとして活躍していました。

@seira_mizuki)さんの投稿

水輝聖羅が読モをやる小悪魔ageha

via google imghp

『小悪魔ageha』(こあくまアゲハ)は、日本のギャル系ファッション雑誌。10代から20代までの女性を主な想定読者層とする月刊誌で、“姉ギャル”ならびに“姫ギャル”と呼ばれる系統に類される。
最盛期(2008年)には発行40万部・実売30万部を計上。この著しく高い発行部数に加え、キャバクラでの勤労に従事するいわゆるホステスの女性たちを主要な想定読者層とし、さらには誌面に登場するモデルらの多くも現役のホステスであるという、キャバクラの世界との密接な関わりという特色が注目されてきた。 “キャバクラ嬢のバイブル”とする者もある。

なんとも時代遅れな感じがしますね。いまどきこんなキラキラした雑誌はあまり売れないのではないでしょうか。最盛期があ2008年というのも頷けますね。一度売上を落とした小悪魔agehaですが、徐々に復活を果たしているというデータもあります。水輝聖羅は坂口杏里から50万円をせびられたわけですが、水輝聖羅はキャバ嬢時代の最高月収が150万円だったと取材で語っています。水輝聖羅の本名は山中さちことも言われていますが、噂の程度なので真相は分かりません。なぜ水輝聖羅は坂口杏里使った売名行為をしようと思ったのでしょうか。

水輝聖羅はファッションブランドをやっている?!

坂口杏里との絡みで炎上した水輝聖羅ですが、彼女はファッションブランドをやっているそうです。その名もHolyMischisというブランドで、売上も好調なようです。水輝聖羅が坂口杏里にお金を頼まれたのもこういう背景があるのかもしれません。

ネット販売ということではありますが、それが完売するというのは凄いですね。徐々にブランドが大きくなっていくことでしょう。真当に生きている感じが水輝聖羅の人気の秘密なのでしょうか。水輝聖羅が坂口杏里を売名行為に利用し、自らのブランドの宣伝にしようとしたのかもしれません。

水輝聖羅を擁護している人もいるようですね。果たして自作自演なのか、そこが気になるところではあります。水輝聖羅と坂口杏里の関係性が妙に気になるところではあります。

坂口杏里と水輝聖羅がどこで差がついたのか

坂口杏里の友人だったという水輝聖羅ですが、どこで差がついたのでしょうか。ツイッターに坂口杏里の知られたくない情報を流している以上、本当に友人なのかは疑問ですが、仮に友人だったとすれば何か共通点や分かり合える部分があったはずです。


ページトップへ