水嶋ヒロ、ヒモ夫から脱却しラップでハリウッド進出?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


絢香と結婚し小説家に転向した水嶋ヒロですが、2作目が出版される気配は一切なく今ではすっかりヒモ夫扱い。しかし現在は得意の英語とラップを活かしハリウッド進出を計画しているんだとか!

「絢香のヒモ夫」状態の水嶋ヒロ

かつては多くの人気ドラマに出演し、圧倒的な女性人気を得ていた水嶋ヒロ。2009年に歌手の絢香と結婚し、2015年6月には長女が誕生しています。結婚当時2人共人気絶頂だっただけあってショックを受けたファンは多かったようです。あんなイケメンそうそういないですからね~。水嶋ヒロは当時24歳で絢香は21歳。20代前半で結婚してたんですね!晩婚化してるので「若くして結婚したんだな~」って感じます。水嶋の事務所としては結婚はもうちょっと待ってほしかったようですが、それを無視して入籍。そのペナルティとして仕事を干されてしまいました。google imghp (46610)

結婚から7年経った今でもラブラブvia google imghp2010年9月に所属事務所・研音を「執筆活動に専念する」という理由で退所。10月には本名である齋藤智裕で執筆した処女小説「KAGEROU」が第5回ポプラ社小説大賞を受賞しました。このときはすごく話題になりましたよね~。水嶋ヒロの名前だったらネームバリューで受賞したと思われますが、選考委員が水嶋ヒロだと知らずに選んだと発言し一気に「水嶋ヒロ小説の才能あるんだ!」という流れになりました。その後次回作の噂は何度も流れたものの出版には至っていません。MVを作成してみたり雑誌の編集長をしているみたいですが、結局何がしたいのか分からず端から見ると迷走状態。2014年の俳優復帰作「黒執事」も大コケ。あれは漫画原作でダークな雰囲気があるので大ヒットは水嶋ヒロじゃなくても難しそうな気もしますが・・・。しかも主演は剛力彩芽だし。その結果水嶋ヒロの起用を考えていた業界関係者はこぞって手を引いてしまったそうです。一方の絢香は結婚前と比べて明らかに露出は減ったものの朝ドラ「花子とアン」の主題歌を歌ったり、紅白歌合戦に出場したりある程度の露出はありました。その為水嶋ヒロは周囲から「絢香のヒモ夫」状態だと思われているようです。

ラップでハリウッド進出?

10月上旬に代官山で目撃された水嶋夫妻。

上下黒のファッションにスタイル抜群なので、周囲にも気づかれていましたが、動き回る娘さんを笑顔で追いかけたり、素敵な“イクメン・パパ”でしたよ。
奥さんはセレクトショップで買い物をしながら2人に手を振っていました

お洒落人が集まる街、代官山でさえ目立ってしまう水嶋ヒロ恐るべし。街に居たら5度見はする。結婚7年たってもとても仲がいいようですね~、素敵です。たびたび離婚の噂が流れていましたがそんな心配全く無いようですね。2015年に生まれた長女は現在1歳。かわいくて仕方がないですよね。2人の子供だったら贔屓目なしでも可愛いんだろうな~。どっちに似ても最高の人生じゃないか。水嶋ヒロは愛犬2匹を連れて長女と遊びながら絢香の買い物をおとなしく待っていた様子。飼ってるのは双子の姉妹のティーカッププードル、名前はラキちゃんとアオちゃんというようです。犬ってどの犬種も5~6匹産むと思っていたんですが、ティーカッププードルは1~3匹だそうです。離れ離れにならず引き取られてこの子達も幸せですね。google imghp (46646)

ぬいぐるみみたい!
首?が長く見えるvia google imghp俳優としても活動しておらず小説家としての活動も停滞中。絢香のヒモ夫と呼ばれることをなにより嫌う水嶋ヒロの現状はこのように言われています。


今年4月、新たに自分が代表を務める企業を設立して、公式ホームページでは誇らしげに『代表取締役CEO』と書かれています。
5月には新興インターネット企業のCLO(チーフ・ライフスタイル・オフィサー)なる役職にも就任しました。
そして今年9月には、“セレブ向け”リゾートを扱う旅行会社のブランディング・ディレクターという役職にも就任しています。
今の彼はまるで“肩書コレクター”ですよ

肩書コレクターって表現凄いですねw肩書でも何でもないよりはある方が良いと思いますけど。それで得られる収入も少なからずありそうですし。公式サイトに飛んでみたらたしかにこの3つが書いてありました。というかWORKSのところにはそれ意外なにもなかったです。そんな状態から形勢逆転するべく計画しているのがハリウッド進出なんだとか!

彼はスイスからの帰国子女で英語もペラペラ。
じつは今年3月、全米で放映されたドラマ『GIRLS』シーズン5にもゲスト出演しています。
撮影中も監督と英語でやり取りするなど、制作陣からの評判は上々でした。
それで、ハリウッドへの意欲に火がついて。
じつは、ハリウッドでのオーディションの“秘密兵器”にと、最近は英語のラップを練習しているそうです。
意外ですが、昔からラップが好きで、実力もかなりのものなんですよ

調べてみると幼少時代から小学校卒業までスイスのインターナショナルスクールに通っていたみたいですね。でも小学生が使う言葉は大人が使うものと違うし、監督と英語で会話していたということは継続的に英語の勉強していたんじゃないでしょうか。あっけなく俳優業辞めたので役者にあんまり興味ないのかなと思いきやハリウッドを狙っていたとは!演じる楽しさを思い出した、的な感じなのかな。
水嶋ヒロにラップのイメージは全くありませんでしたが、ハリウッドのオーディションで最終兵器にするくらいの実力の持ち主なんですね~。多才。ちなみにゲスト出演した「GIRLS」はこんな感じで映ってました。google imghp (46677)

via google imghp役柄のせいか華やかさ・イケメンさは出てないですね。全盛期と比べると劣化感は否めないですが、黒執事のときより健康的な姿にホッとしました。黒執事のときは細すぎてやばかったですよね。ただでさえ細いのによりガリガリになって病的なレベルでした。google imghp (46679)

ズボンブカブカ。そして顔ちっさい!!!via google imghpハリウッドの道のりは険しいでしょうが、堪能な語学力と秘密兵器のラップでアメリカでも俳優として活躍してほしいですね。何年後かには逆輸入俳優的な感じで日本の芸能界で活躍する日が来るかのもしれません。



ページトップへ