水原希子の上からナルシスト発言まとめ【炎上】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自身のインスタやTwitter含むSNSやイベントでの発言が度々炎上し話題になる水原希子。驚くほど自分を上に見た発言は、見る人聞く人に「何様だ」「図々しい」と不快感を与えすぎている!炎上商法か、はたまた素なのか?

水原希子のモデル・女優人生

今やSNS1の女王と言っても過言ではないモデルの水原希子。2009年12月に開始したTwitterも、2017年4月現在でフォロワー数は60万人を超え、Instagramではなんと400万人ものフォロワー数を獲得!世界中から注目を浴び、ファンも多い彼女は、本業のモデル活動だけにとどまらず、2009年に大抜擢された村上春樹の超有名小説の映画化である『ノルウェイの森』のヒロインで女優デビュー。それを皮切りに人気漫画、『ヘルタースケルター』や『進撃の巨人』、『信長協奏曲』と名だたる映画に出演。脇役というより重要な役どころを与えられることも多い彼女は、2013年にドラマもデビュー。2014年に放送された嵐の松本潤主演の『失恋ショコラティエ』でもまた圧倒的な存在感を示しました。

水原希子の失言歴

そんな水原希子は、男性より女性のファンが多く見られますが、「可愛い!」、「かっこいい!」「水原希子みたいになりたい!」ともっぱら高評価。しかしそれと平行して、そのナルシストで高飛車とも取れる発言も、度々、悪い意味で話題にもなっています。

2015年12月の失言

例えば、2015年12月に行われた製品のオープニングイベントに出席した彼女は、クリスマスが間近ということもあって出た記者からの質問にこう答えました。クリスマスの思い出を語る水原希子だが…?

クリスマスの思い出を語る水原希子だが…?

via google.imghp

「私はハーフで、半分アメリカの血が入っているのですが、クリスマスなどのお祝い事は、家族がものすごい力を入れてやっていました」

家に大きなクリスマスツリーを飾った思い出や、起床してクリスマスツリーまで駆け寄ってプレゼントを開けたエピソードなどを思い返し、「楽しい思い出がいっぱいでした」と目を輝かせた

この発言を受け、ネットでは、「日本人でもツリーくらい飾るよ。ハーフだって言う必要あった?w」「ハーフってのは、両親のどちらかが日本人だってこと。 両方が外国人なら、ただの外人。」と痛烈な批判を浴びることに!

正直、ごもっともですね(笑)。筆者も昔から飾ります、純日本人ですが。そしてツリーの足元にプレゼントも起きますね〜。まあ、そんなに深く考えずに発言してるんでしょうかね。それはそれで問題ですけど。

2017年1月の失言

さらに、英会話スクールの新CM発表会に出席した彼女は、自身の生まれはアメリカであるが、幼い頃から日本の学校に通っていたことを明かしつつこのように語る場面がありました。水原希子はアメリカ人と韓国人の混血のはずだが…?

水原希子はアメリカ人と韓国人の混血のはずだが…?

via google.imghp

「(私は)どうしてもシャイになってしまう部分があって、日本に住んでいるからこそ、遠慮みたいなものが自分の性格に合っている。意外と自分が思っている以上に日本人的な部分はあるのだなと感じました」

これを受けたネットは再び炎上。「日本に媚を売ってるのか」、「それを言える図太さに乾杯」、「やることが中途半端」と散々な言われよう。どうやらその批判の根底には、父親がアメリカ人で母親が韓国人であるのに日本人の名前を名乗っている理由が解明されていないことや、韓国人男性と付き合っていた頃に日本人のことを悪口を言っていたことなどが挙げられるようです。ネット民は忘れることを知らない…

2017年3月の失言

また、英会話スクールのCMに出ていることから”日本の英語教育の在り方”についてもTwitterで苦言を呈し、その発言すら火の元になってしまいました。

Twitterで物申したおかげで、Twitterユーザーから非難轟々!リプの嵐が飛んできてびっくりしたのではないでしょうか?一部を紹介しますが、中には結構過激なリプライも存在しました。

この意見が多数を占めていました。言っていることはわからなくはないですけどね~。

これはさすがにちょっと大きなお世話感ある気がします。一応発言の自由はありますからね。

やはりどこか気に触る人が多いよう。このように散々なディスられよう。彼女の一言一言は少し引っかかりがあることが多く、また、何様目線なんだと言われることも少なくありません。

炸裂し続ける上から発言

そして2017年4月25日、創刊13周年を迎えたNYLON JAPANの記念号の表記を務めた水原希子へモデルプレスがインタビューを行った際、またまたナルシストで上から目線と捉えられる発言を連発。2017年6月号 NYLONの表紙を飾る水原希子

2017年6月号 NYLONの表紙を飾る水原希子

via google.imghp

「私の存在自体が常に賛否両論」

これはなかなか普通の人じゃ言えない発言ですよね。まあ普通の人じゃないのかもしれないですけど、インスタのフォロワーを見ても一目瞭然な国外のファンも多く見受けられる彼女ならではの発言でしょうか。賛否両論といえば、過去には中国と揉めたことのある彼女。異例とも思われる「謝罪動画」をわざわざ作成し公開したことで一時話題にもなりました。謝罪・弁明のビデオを公開した水原希子

謝罪・弁明のビデオを公開した水原希子

via google.imghpまた、この発言から「賛否あっても自分は自分で曲げない」という強い意志のようなものも感じられます。この世界でやっていっている人ですからそれくらいの意識がないと務まらないこともあるでしょうが、やはりネット民のカンには触るようで…

この、真顔で突っ込まれている感じ。他のモデルや芸能人が言っていると仮定して当てはめて考えてみても、やっぱり誰が発言してもどこか疑問に思いますし、下手したら「開き直りか?」と捉えられるかも。

もはやかける言葉も出ない、といった具合でしょうか。突っ込みどころがありすぎますよね〜。また、このインタビュー時と同じタイミングで放ったこのセリフも印象的。水原希子のデート写真

水原希子のデート写真

やっぱり可愛いですけどね!via google.imghp

「SNSでいろんなことを更新して見せるのもいいけど、リアルなものを学ぶことが大事だと思う」

これまた「お前が言うな」と突っ込まれる発言を堂々としてしまう水原希子。なんせ散々既出ではありますが、彼女はTwitterもInstagramも利用していて、しかもフォロワーも数人ってレベルではなく数万人規模ですよね。そんな彼女が言う台詞としてはちょっと滑稽な気がしてしまうのは避けられないのでは?水原希子、インスタも炎上

水原希子、インスタも炎上

過去にこんな写真をupして非難が殺到。アートなのに下品だなんて言わないで欲しいと綴り、再度炎上。どれだけ炎上させるんだ。via google.imghp超大人気のモデル・芸能人で、SNS関係を全く利用していない人が「私はSNSよりリアルを大事に思う主義なので」って言われたら、そうだったんだ!カッコいい!ともなるかもしれませんけど、やることやっておいてその発言は正直ダサい気がします。

まとめ

これからも彼女が活躍すればするほど失言も比例して増えていくのは避けられないことなのかもしれません。それとももう少し上手く立ち回って大人になるか?はたまた炎上商法でこれからもこのキャラを貫き通すのか。ある意味見ものですね!

自身のインスタやTwitter含むSNSやイベントでの発言が度々炎上し話題になる水原希子。驚くほど自分を上に見た発言は、見る人聞く人に「何様だ」「図々しい」と不快感を与えすぎている!炎上商法か、はたまた素なのか?

水原希子のモデル・女優人生

今やSNS1の女王と言っても過言ではないモデルの水原希子。2009年12月に開始したTwitterも、2017年4月現在でフォロワー数は60万人を超え、Instagramではなんと400万人ものフォロワー数を獲得!世界中から注目を浴び、ファンも多い彼女は、本業のモデル活動だけにとどまらず、2009年に大抜擢された村上春樹の超有名小説の映画化である『ノルウェイの森』のヒロインで女優デビュー。それを皮切りに人気漫画、『ヘルタースケルター』や『進撃の巨人』、『信長協奏曲』と名だたる映画に出演。脇役というより重要な役どころを与えられることも多い彼女は、2013年にドラマもデビュー。2014年に放送された嵐の松本潤主演の『失恋ショコラティエ』でもまた圧倒的な存在感を示しました。

水原希子の失言歴

そんな水原希子は、男性より女性のファンが多く見られますが、「可愛い!」、「かっこいい!」「水原希子みたいになりたい!」ともっぱら高評価。しかしそれと平行して、そのナルシストで高飛車とも取れる発言も、度々、悪い意味で話題にもなっています。

2015年12月の失言

例えば、2015年12月に行われた製品のオープニングイベントに出席した彼女は、クリスマスが間近ということもあって出た記者からの質問にこう答えました。クリスマスの思い出を語る水原希子だが…?

クリスマスの思い出を語る水原希子だが…?

via google.imghp

「私はハーフで、半分アメリカの血が入っているのですが、クリスマスなどのお祝い事は、家族がものすごい力を入れてやっていました」