水原希子のツイッター炎上まとめ!反日発言や国籍が原因って本当?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


モデルや女優として活躍している水原希子さん。ざっくばらんな性格が人気な一方で、ツイッターやインスタグラムがたびたび炎上しています。今回は水原希子さんの炎上をまとめてご紹介しながら、気になる国籍についても調べてみましょう。

モデルや女優として活躍している水原希子

1990年生まれの水原希子は現在31歳。

2003年に雑誌「Seventeen」のオーディションに応募し「ミスセブンティーン2003」年に選ばれました。

その後、2007年からは「ViVi」の専属モデルとなり、数多くのCMなどに出演。

また2009年には映画「ノルウェイの森」で女優デビューし、大河ドラマや映画などにも出演してきました。

その一方で、かねてから海外を拠点に活動していたいと考えており、フランスで仕事を探していたこともあるのだとか。

水原希子は韓国人?国籍はどこ?

水原希子はアメリカのテキサス州で、アメリカ人の父と韓国人の母の間に生まれました。

お母様は韓国人ですが日本生まれということなので、在日韓国人となるようです。

その後、2歳の時に神戸に移住しましたが11歳の頃に両親が離婚し母親に引き取られています。

また水原希子は過去にBIGBANGのG-DRAGONとの熱愛が噂され、母親が韓国人ということもあってか「韓国国籍」と言われることも多いです。

しかし、水原希子は2012年時点で「アメリカ国籍」であると公開し、本名はオードリー・希子・ダニエルとなります。

水原希子が“炎上モデル”と言われるようになったきっかけは?

これまで数多くの炎上騒動を巻き起こしてきた水原希子ですが、ある日突然炎上が起こったわけではありません。

そのきっかけとなったのは、天安門に関する一枚の画像でした。

中国の天安門は政治的な運動を象徴する場所として知られていますが、その広場を前に中指を立てた写真を投稿した方がいます。

その写真に「いいね」を押したのが水原希子で、この行動は中国政府への批判や軍国主義と捉えられ、中国で炎上!

当時、特に中国では反日家が多かったため多くの批判を浴びました。

この炎上を受け、水原希子は中国の動画サイトで謝罪を発表。

動画の中で水原希子は両親の国籍を明かした上で「自分は日本人ではない」と主張。

また「多様な文化を背景に育ってきたため、お互いを尊重する大切さも知っている」と明かしました。

そして「中国に友人も多いため、中国を裏切るような意図はない」と説明しましたが、逆に日本人からの批判が殺到!

「日本人じゃないから許して」とも思われるような内容に、日本のネットユーザーたちからは「都合の良い時だけ日本人ヅラするな」「日本から出ていけ」という声が上がりました。

水原希子のこれまでの炎上騒動まとめ!

天安門騒動では、日本だけでなく中国でも炎上を巻き起こした水原希子。

しかし、水原希子の炎上はこれだけではありませんでした。

ここからは水原希子の炎上をまとめてご紹介しましょう。

土足でイスの上を歩く

今から2年ほど前、インスタグラムにとある動画を投稿した水原希子。

そこにはイスの上を、元気よく土足で歩く水原希子の様子が写っていました。

これを見たネットユーザーたちは「いい歳して非常識」「座る人もいるのにありえない」「人としてのマナーがない」と批判。

その一方で、この動画はマークジェイコブスの広告撮影の一部であり、あくまで「撮影のために」土足でイスの上を歩いていたことも分かっています。

畳の上をハイヒールで歩く

水原希子は和室の畳の上を、ハイヒールで歩いたことでも炎上しています。

畳はフローリングなどと異なり、編みこんで作られているため非常に繊細。

その上を鋭利なハイヒールで歩いてしまえば、傷どころか破損してしまう可能性もありますね。

そのため、この行為に批判が殺到し炎上!

しかし、こちらも先ほどの動画と同じく「撮影のため」であり、実際に畳の上でハイヒールを履いた水原希子の写真も雑誌に掲載されています。


水原希子が独断で「ハイヒールを履いて畳の上を歩きたい」と言ったのではなく、雑誌社やカメラマンなど全ての人の判断で行われたことが推測できるため、この炎上を巡っては様々な意見が上がっていました。

過激な写真

水原希子は日本だけでなく、世界で活躍しているモデルです。

そのため、自身のSNSにはたびたび過激な写真を投稿。

こちらの写真は大切な部分だけを手で隠していますが、全裸状態であることが分かりますね。

こちらの写真では乳首が見えないようニップレスのようなものを貼っていますが、股間部分に関しては何も貼っていない様子。

この他にもトイレ中と思われるような写真やノーブラ写真など、未成年者に悪い影響を与えてしまいそうな写真を多数投稿しています。

モデルであり「仕事のひとつ」と考えた場合は、決して問題にはならないようですがやはり多くの人が目にするSNSだからこそ炎上してしまうこともありますね。

日本の空港システムを批判

水原希子は過去に、インスタグラムのストーリー機能を使って成田国際空港を批判しました。

自動化ゲートの使い方が分からず困っている外国人がいたのに、すぐに係員が対応しなかったことについて「効率よく仕事して、英語くらいちょっと勉強して」と批判。

また「遠くから見ているのに助けないとか何?その時間って何なの?」と厳しく意見しました。

その結果、日本のネットでは「嫌味っぽい言い方しかできない」「日本の空港をバカにしている」と炎上。

実際にどのような状況だったのかが分からないため何とも言えない部分はありますが、困っている外国人がいたら係員だけに頼らず誰かが手を差し伸べてあげる状況が一番良いのかなと感じます。

さいたま市のマスク配布に言及

2020年は日本国内でも新型コロナウイルスが流行し、マスク不足に悩まされました。

そんな中、さいたま市はマスク配布について「朝鮮学校を除外する」と発表。

水原希子は特にコメントをしておらず、絵文字だけでその気持ちを表現。

朝鮮学校にマスクが配布されなかったことについて残念そうな様子が伺えます。

この問題についても賛否両論あり、炎上はしたものの「日本に住んでいるのだから国籍は関係なく全員に配布するべき」「あからさまな差別なのでは?」という声も上がっていました。

水原希子は反日なの?

これまで数々の炎上を巻き起こしてきた水原希子ですが、「水原希子は反日」と言われることも多いです。

しかし、明らかな反日と思われる言動はなく、その一方で国籍に関係なく「みんな平等であるべき」と主張をしています。

もし、本当に反日だとしたら仕事の有無は別にしても長年日本で暮らすことはしないはず。

また、水原希子はフランスでモデルの仕事を探していた際「アジア人だから」という理由で、採用してもらえなかったことがあると明かしています。

そのため、アメリカ人として日本に反日感情を持っているのではなく、国籍に関係なく人種差別的な行為に反対しているというのが正しいと言えます。

SNSに投稿するたびに炎上している水原希子

新型コロナウイルスの感染拡大によって、現在は自由に海外旅行に行くこともできない状況。

そんな中、水原希子は昨年トルコ旅行の写真をインスタグラムに投稿しました。

しかし「Last year at Cappadocia」という文章からも分かるように、水原希子がトルコを訪れたのは「2020年の昨年」なので2019年のこと。

なかなか旅行に行けない今だからこそ、過去の旅行写真を振り返ってみたり「またこの場所に行きたいな!」とSNSに写真を投稿していた方も多いはず。

それなのに水原希子だけが炎上するのは、やはりアンチの多さなのかもしれません。

「トルコは当時新型コロナウイルスによって多数の死者が確認されていたために炎上した」という見方もありますが、世の中の人があまりにも「水原希子の投稿に過剰に反応している」という声も聞かれました。

水原希子に結婚歴はある?夫は誰?歴代彼氏には外国人も?!

水原希子の性格が悪いエピソードがひどい…大物女優気取りで評価最悪

水原希子、入国審査官をバカにして炎上!過去の行動がヤバ過ぎて批判殺到

 

まとめ

水原希子の炎上騒動についてまとめてご紹介しました!

今回ご紹介した騒動以外にも、たびたび炎上を巻き起こしている水原希子。

しかし、その一方では「炎上になるほどの発言?」という内容も多く、何かを発するだけでアンチが騒ぎ立てているというのが現状でもあります。

今後はあまり炎上することなく、モデルや女優としてさらに活躍することを願っています。



ページトップへ