水原希子が性被害について涙の告白!撮影現場での異常な光景も暴露

エンタメ ガールズ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現在、芸能界の間で注目を集めている映画監督らによる性加害。今回、モデルで女優の水原希子さんが自らの性被害を告白しました。水原希子さんが体験した性被害の内容や企業、さらに水原希子さんの告白に対する世間の反応などをまとめてご紹介します。

モデルや女優として活躍している水原希子

水原希子さんは日本で活動しているモデルで女優。

本名はオードリー・希子・ダニエルで、アメリカ生まれ神戸育ちの31歳です。

父親がアメリカ人、母親が韓国人というハーフですが母親は日本生まれの在日韓国人ということで、水原希子さんも日本語が堪能。

2012年時点ではアメリカ国籍であることを公表しており、その後日本やアジアを中心に活動を繰り広げています。

水原希子が「週刊文春」の取材で語った想いとは?

最近、芸能界を騒がせているのが俳優や映画監督らによる性加害。

仕事をあげる代わりに性的関係を強要する、または同意なく性行為をするという性加害が明らかとなっています。

そして、その問題を受けて水原希子さんが「週刊文春」の取材に応じました。

水原希子さんは芸能界で仕事をする中で「男性監督から言葉のセクハラにあたるような事や、指導されている中で嫌な思いをした事は数え切れないぐらいあります」と言及。

園子温監督の性加害についても以前から耳にしていたと言い、知人の女優から「共演の年上の役者さんが前貼りを拒否して、実際には下半身が硬直した状態で撮影に入った」と聞いたこともあると明かしました。

水原希子さんは性加害問題について「どこか当たり前に我慢しないといけないような雰囲気になっているのだと思います」と思いを告白。

そして現在アメリカで行われているように性的なシーンでは、それ専門のコーディネーターを配置し、被害が起きないようにするべきだと訴えました。

水原希子が性被害について涙の告白

「週刊文春」を通じて、性加害について言及した水原希子さん。

その後、自身のインスタグラムライブで涙ながらに性被害を告白しました。

水原希子さんは取材を受けた理由について「ずっと自分の心にモヤモヤが残っていたので、やっと今このタイミングで伝えることが一番いいんじゃないか」と思ったとのこと。

そして「自分が実際に体験したこと」とした上で、「表に出る仕事をしている限り、そういうことを言われるのはしょうがないと思っていても、本当に傷つく」と涙を流しました。

また水原希子さんは性被害についてだけでなく、韓国の血が入っていることによる人種差別や誹謗中傷についても言及。

「『またこいつ』だって言われたり、私が半分韓国だから、そのこともいつも言われたりして…」とし「気にしなくていいと思ってるけど、やっぱり気にしちゃうから…すごく苦しい」と涙が止まらない様子を見せました。

水原希子が撮影現場での異常な光景を暴露!その企業は?

今回、性被害について涙の告白をした水原希子さん。

その一方で、実は2018年にも性被害に遭っていたことを暴露しています。

水原希子さんは当時、アラーキーこと写真家の荒木経惟氏からの性被害を暴露したモデルのKaoRiさんのブログに言及。

その上で20代前半の頃、ある企業の広告撮影で「上半身裸になって手で胸を隠して撮影することがあった」と説明しました。

その時、スタジオにはなぜか20人ほどの男性社員たちが集まっており、不快に思った水原希子さんはスタッフに「出ていってほしい」と訴えたと言います。

しかし、お偉いさんのような方に「写真を確認しないといけない」「仕事だから」と言われ、撮影に全く関係のない男性たちの前で裸を披露することになったと暴露しました。


この暴露内容にネットユーザーたちは、企業を特定。

水原希子さんが“手ブラ”で広告撮影をしたのは資生堂だったことが判明しました。

しかも、その撮影をしていたのがアラーキーこと写真家の荒木経惟氏。

また広告のディレクションは資生堂宣伝部の澁谷克彦氏が担当したことも分かり、資生堂では社内調査まで行われました。

しかし、資生堂は「当社での広告撮影時に起きた出来事かどうかについては分かりませんでした」と回答。

そのままこの問題は忘れ去られていましたが、今回の性被害告白によって再び資生堂に厳しい意見が寄せられているようです。

水原希子の告白に対するネットユーザーの声

最後に、水原希子さんの性被害告白に対するネットユーザーの声をご紹介しましょう!

水原希子さんの性被害告白に関して、女性からは「頑張って欲しい」という声や「思わず泣いてしまった」という声が多く聞かれました。

性加害の被害を受けているのは主に女性なので、やはり女性からは水原希子さんの告白を支持する声が多く上がっています。

水原希子さんが性被害を涙ながらに告白した背景には、映画監督や人気俳優の性加害問題がありました。

榊英雄監督や園子温監督など、映画界では名が知れた有名な方々が性加害をしたと知り、多くの人が衝撃を受けましたね。

しかし、芸能界の中でそのような行為が行われていることは薄々、一般人も気が付いていたはず。

もちろん、あってはならないことですが「やっぱりね」と感じた方も多かったようです。

 

 

その一方で、水原希子さんは日頃からアンチが多い女優でもあります。

これまで何度か炎上も起きており、日本のことを批判したこともありましたね。

また性被害を告白した一方で、水原希子さんのインスタグラムを見てみると性的対象に思われても仕方ないような写真もたくさん投稿されています。

そのため「そういう仕事してるよね?」「炎上するから黙っていた方がいい」という厳しい声も聞かれました。

水原希子さんはお母様が韓国人であることを公表しており、主に嫌韓の方々から厳しい意見が上がっている状況です。

<こちらもおすすめ>

映画「蜜月」榊英雄監督が性加害?予定されていた映画公開は中止に!

水原希子の新彼氏は誰?お相手はデザイナーで同棲中って本当?

まとめ

水原希子さんが体験した性被害の内容や企業、さらに水原希子さんの告白に対する世間の反応などをまとめてご紹介しました。

水原希子さんはこれまで度々、韓国のハーフであることを理由に「反日」とバッシングされてきました。

しかし、今回の性被害については国籍は関係なく、思い切って告白した勇気を称える声も上がっています。

今後、水原希子さんの告白に影響を受けて、芸能界に広がる性被害を告発する女優も増えてくるかもしれませんね。



ページトップへ