【朗報】7月30日めちゃイケで極楽とんぼ山本復帰!

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年に未成年淫行により所属事務所だった吉本興業から契約解除され、現在フリーで活動している極楽とんぼ・山本圭壱。そんな彼が7月30日のめちゃイケで10年ぶりに地上波に帰ってきます!これは見逃せない。

7月30日のめちゃイケに極楽とんぼ山本が登場

google imghp (31699)

via google imghp7月30日、18:30から放送の「めちゃ2イケてるッ!夏休み宿題スペシャル」で、ついに極楽とんぼの山本圭壱が地上波に復帰することが分かりました。
2006年に吉本興業を解雇され、レギュラーであっためちゃイケを降板した山本。約10年ぶりのめちゃイケ登場とあって、話題になっています。
今回の番組内容も、騒動により解雇された山本にめちゃイケメンバーが極秘で密着しており、山本の半反省している姿を放送するようで、完全に山本復帰の方向へ持っていこうとしているのが見て取れます。
さらにリングの上で相方である加藤浩次と向かい合い、加藤が山本に対し世間から受け入れられていないのにテレビに出れることは当たり前なんかじゃない、と声を荒げて説教する姿も。
極楽とんぼの時代を知らない若者も多いと思いますが、めちゃイケを昔から見ていた人からすれば、2人が揃ってテレビに出ている姿は感動せずにはいられません。

ナインティナインの岡村隆史は自身のラジオで、今回の放送の収録について語っていましたが、現場では怒号が飛び交っていたそう。泣く人もいれば怒る人もいて、様々な感情が入り混じる、ひさしぶりに「熱い」めちゃイケになったとか。1993年に放送されていためちゃイケの前身的番組「とぶくすり」のころからの付き合いとあって、山本の復帰に対して一番思うところがあるのはやはりめちゃイケメンバーでしょう。

解雇に至った事件の真相とは?

google imghp (31707)


via google imghp極楽とんぼ山本が解雇されるきっかけとなった事件、実はどういった事件だったか良く知らないという人もいるのではないでしょうか。
事の始まりは2006年7月16日。欽ちゃんこと萩本欽一が監督を務めていた茨城ゴールデンゴールズの試合で北海道の函館に滞在していた山本。そこでチームメイトたちに、「極楽とんぼの山本に会える」と言うのをネタに女性をナンパさせていたそう。そこでナンパに引っかかったのが4人の少女。途中で少女のうち2人は帰り、その後山本が合流し、お酒を飲んでいるうちに淫行に至ったと言われています。
山本が当時17歳の少女の年齢を知っていて行為に及んだかどうかはわかりませんが、正直17歳でも大人っぽくて成人しているように見える女の子はたくさんいますし、芸人も遊ぶならしっかり年齢を確認しないといけませんよね・・・wgoogle imghp (31708)

その後被害者の少女は週刊誌のインタビューに答え、写真まで掲載されています。もし本当に無理やり性的暴行を受けたのであれば、自分の写真を掲載されることは断るのではないでしょうか・・・。しかもまあまあ露出度の高い服装・・・。via google imghp実はこの未成年淫行事件、テレビの報道では語られなかった真相があると噂されているのです。
その真相というのは、山本が無理やり少女と性的行為に及んだわけではなく、飲み会後ホテルに戻る山本に少女のほうから付いていき、同意の上で行為に及んだというもの。しかし少女には当時付き合っていた彼氏がいて、その彼氏が少女が山本と浮気したことに激怒し、山本に「ふざけるな、誠意を見せろ」と直接連絡を取ったところ、山本が全く取り合わなかったためさらに彼氏は激怒。そして彼女に無理やり被害届を提出させた、というのが真実だと言われています。
そして、一部週刊誌では示談金目的で事を大きくし、支払われた示談金や週刊誌の取材のギャラで豪遊している2人の情報も。

もしこれが真実であれば、たしかに山本も悪いことはしましたが、ある意味では被害者ともとれます。なのに山本だけが攻められて事務所を解雇されてしまったのは不公平にも思えます。google imghp (31716)

相方である加藤浩次は、解雇が発表された翌日、自身が司会を務める「スッキリ!」の冒頭で報道について謝罪。狂犬キャラでお馴染みだった加藤が「情けない」と大粒の涙を流しながら謝罪する姿は印象的でした。via google imghp

山本復帰はめちゃイケ復活のための苦肉の策?

視聴者、そしてめちゃイケメンバーにとっても待望の山本復帰ですが、「ついに最終兵器を使うのか」という声が上がっています。
というのも、放送開始から2000年前半までは平均して15%以上、時には20%を超える視聴率を誇っていためちゃイケも、今ではスペシャルでも視聴率10%に達しない現状。
そんな中で、話題性の高い山本の復帰を、視聴率復活の起爆剤として放送しようと制作陣は考えているようなんです。
確かに今回の放送の視聴率は伸びるかもしれませんが、そもそも最近の視聴率の伸び悩みの原因は企画のつまらなさ。これからも同じような企画が続く限り、めちゃイケが復活することは難しいのではないでしょうか。

7月30日の放送では、全盛期のころのめちゃイケを思い出せるかもしれません。10年ぶりの地上波での極楽とんぼの姿を目に焼き付けましょう。


ページトップへ