日テレピンチ!人気アナの桝太一と水卜麻美がW退社?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月、日本テレビ内に激震が走った。日テレの二枚看板の桝太一アナと水卜麻美アナがW退社し、フリーになるのではないかと週刊誌に載った。過去に羽鳥アナと西岡アナの同時退社があっただけに日テレは恐怖を感じている。

上司にしたい人気ランキング1位の水卜麻美が決断?

民放一人勝ちでも人気アナが抜けたら・・・

皆さんがアナウンサーと聞いて思い浮かべる事は何でしょうか?
清楚さ?落ち着き?それとも華やかさ?
人によって受け取り方が違うと思いますが、昨今の女子アナに共通して求められるのは顔の良さと人の良さです。
そんな好感度が人気の日テレアナウンサー2人にフリーの噂が出ているというのです。
そのフリー転向が噂されるアナウンサーは「桝太一」、「水卜麻美」という2枚看板の二人。
男性アナウンサー好感度上位の桝太一、女子アナランキング&理想の上司NO.1の水卜麻美が抜けてしまっては視聴者の数も離れてしまう。最近は視聴者はアナウンサーが誰かによって視聴するかどうかを判断する傾向にあるという事もよく聞きますし、もし本当ならかなりの痛手になると思いますね。
では、いったいどういった経緯でこの報道がされたのか見てみましょう。

@kitayuka0904)さんの投稿

桝太一アナウンサー(35)

東京大学出身の正統派イケメンアナウンサー。
スポーツが趣味でスキューバダイビングの資格も持っているとか。

好感度が持てる対応で男性からも女性からも人気のアナウンサーですね。via google imghp

@mitochan0410)さんの投稿

水卜麻美アナウンサー(29)

ぽっちゃりキャラで愛嬌が売りの水卜アナ。
食欲が旺盛のなのは生まれた時に低体重だったことから母親がいっぱい食べさせたことにあるらしい。
その食欲は現在も持続中とのこと。via google imghp

週刊実話が報じた日テレの大ピンチ!

W退社はありうるのか?

ここ数年、視聴率争いで、民放トップをひた走る日本テレビだが、今年は激震の1年になるかもしれない。2人のエースアナに、退社の動きがあるからだ。
 1人は、昨年末に発表されたオリコン『好きな男性アナウンサーランキング』で5連覇を達成した桝太一アナ(35)。そしてもう1人が、同ランキング女性編で4連覇した水卜麻美アナ(29)である。
 「2人は兄妹のように仲がよく、何でも相談し合う関係にあります。この数年は、ランキング発表後に食事会を開くのが恒例になっていて、昨年末にも行われたそうです。そこで話し合われたのが、お互いの独立についてだったそうです」(日テレ関係者)

 2人とも、深い“日テレ愛”で知られるが、
 「福澤朗、羽鳥慎一と、朝の番組のメーンを務めたアナが揃って独立していることを見ても分かるように、すでに朝の帯番組を担当している桝アナは、社内でこれ以上のキャリアアップはない。また、限界まで仕事をこなしている水卜アナも同様。それぞれの商品価値が最も高くなっている今が、2人にとって、いいタイミングであることは間違いありません」(同)

 また、視聴率こそ好調だが、日テレは社員、特にアナウンサーの給料は、他局と比べてもダントツに安いことは有名な話。
 「'11年には、羽鳥と西尾由佳理という、男女2人のエースがほぼ同時期に退社していますが、その理由の大部分は、この待遇面への不満だったと言われていますからね。今回の2人も、今の状況に満足しているかといえば、それは違うでしょう」(番組関係者)

 羽鳥と西尾が退社した'11年は、すでに桝アナと水卜アナが育ちつつあり、その穴はすぐに埋まったが…。
 「現在の日テレには、そこまで有望な若手が見当たりません。特に水卜アナの損失は大きいですよ」(番組関係者)

 日テレに暗雲立ち込める。

このように、キャリアアップが見込めない桝アナと水卜アナ。
確かに日テレの番組の多くに出演している二人ですが、待遇面や過去の先輩アナウンサーたちの独立を受けてフリーになろうと決心してもおかしくないですね。


多くのフリーアナウンサーが男性は落ち着いた30代半ば、女性は中堅になる30歳を目処に局を退社する傾向にあります。それを考えると二人の決断は納得できますね。

特に人気男性アナウンサーランキング5連覇の枡アナと同ランキング4連覇の二人にとっては世間の後押しがあるように見受けられるだけに二人が退社しやすい環境にあるのも今回の要因ではないでしょうか?

さらに上記にもあるように日テレはアナウンサーに対する待遇が非常に低いという状況にあると言っています。これだけ多くの番組に出演して視聴者人気も高い二人が低待遇では不満が募るも納得。フリーになって自分の評価を確認したいという気持ちも強いのではないでしょうか?

1位 水ト麻美  10.8% 850万円
2位 加藤綾子  10.6% 1200万円
3位 夏目三久  10.4% 1億2000万円
4位 三田友梨佳 *9.9% 1000万円
5位 有働由美子 *9.8% 2000万円

カトパンはフリーになる前の年収計算。

FLASHの調査によると女子アナが出演すると稼げる視聴率の平均とその年収を算出したのがこれだとか。
1位に水卜麻美アナがランクインしていますが、5人の中では一番給与が低いとなっています。これが真実か分かりませんがフリーのアナウンサーを抜いた年収を見ても水卜アナが圧倒的に低い位置にいます。
これが真実なら確かに日テレに対する不満も溜まるのも納得できますし、フリーになりたいという気持ちが出てもおかしくないと思います。
それにフリーになったアナウンサーの年収を目の当たりにすれば自分もそれくらい稼げると人気アナウンサーの箔がついていることから思っても不思議ではないでしょう。

2016年4月放送の新番組の出演者ギャラ

カトパンは1本50万も貰ってるのか・・・それに比べてユアタイムの市川紗椰はあの出来なのに同じギャラか!と思えてしまう。
ご意見番に移動してモーリーさんとアナウンサーの方が面白いと思うんだが。モーリー・ロバートソンはイチオシのコメンテーター。
もっと情報番組に出演者して欲しい。via google imghp

他の局と比べても低い年収に日テレアナは驚き?

アナウンサーのギャラ事情

人気アナウンサーになるとここまで稼げるの?via google imghpこの年収はそこら辺の芸能人より稼いでいるのではないか?
フリーアナウンサーになれば億単位のギャラも普通になってくるとか?
年収850万円の水卜アナの10倍にもなるこの待遇に水卜アナ生唾を飲み込むのわかる。ギャラだけが全てではないがそれに見合った報酬はその人に価値になってくるのでそれ相応の評価はほしいところだろう。

意外と面白い!ユアタイムに出演するモーリー・ロバートソン

波乱万丈の幼少期を乗り越えた天才マルチタレント。

@morley_robertson)さんの投稿

モーリー・ロバートソン(54)

ニューヨーク生まれの広島市育ち。
奥様は池田有希子。フジテレビの報道番組、ユアタイムに出演するモーリー・ロバートソン。
アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれました。
モーリーと出演者から呼ばれる人気者。流暢な日本語で政治やトランプ大統領の行動に対する持論を展開していくが、堅苦しくはないいつも笑顔のにあつコメンテーターです。
幼少期は父親の都合でしょっちゅう転校を繰り返していたという。それは日本だけでなくアメリカの学校にも通っていた。しかし、結構環境に馴染めない事が多く小さい頃育った日本に戻って来るも中退や一身上の都合で自主退学してアメリカの別の高校に進学しているが持ち前の頭の良さを活かして、東京大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、イェール大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学に同時合格。
その後東京大学に進学したが入学した年の7月に中途退学を選択した。中退後は音楽活動に勤しむも日本の音楽界に嫌気が差し活動を辞めてしまう。これを機にアメリカに戻り同年の9月にハーバード大に入学。電子音楽を先行し、多くの特殊な資格を取得していった。
そこから約2~3年の間休学して7年をかけて卒業したというのだ。

この様に紆余曲折を経て現在に至るモーリーが難しいイメージの報道番組で人気の理由はその明るさと笑顔、そして難しい解釈の物事を簡単に話すところにある。
難しいことを誰にでも分かるように簡単に説明できる真に頭がいいところも人気の理由ではないでしょうか?このようにモーリーさんだけでなく、多くのコメンテーターに話を振っていく存在がキャスターやアナウンサーだというのも事実で、それが桝太一アナや水卜麻美アナだった場合うまく回すだろうという安心感もあります。
その安心感が二人の強みであり、フリーになる要素でもあると思えますね。
二人が今後どのような行動に出るのか気になるところです。


ページトップへ