柴咲コウ、資本金1億7千万の会社を設立

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
直虎


女優の柴咲コウ(36)がIT企業の代表取締役社長CEOを務めていることを「週刊文春」が報じました。資本金はなんと1億7千万で、昨年11月に設立されています。

 

 

柴咲コウ、会社設立

NHKの大河ドラマ「直虎」に出演し注目を集める女優、柴咲コウ(36)がIT企業の代表取締役社長CEOを務めていると「週刊文春」が報じました。柴咲がCEOを務めるIT企業は「LES TROIS GRACES(レトロワグラース)社」という名前で、2016年11月に設立されています。週刊文春の取材班によると、この会社の「事業計画書」を入手し、そこには代表取締役社長CEO柴咲コウの名前で挨拶文が記されているとのこと。以下、代表取締役社長CEO柴咲コウの挨拶分です。

〈ネットメディアエンターテインメントを通じて、よりたしかな未来を構築すべく、LES TROIS GRACESを立ち上げました。個々の特性を最大限活かし、真実の未来を奏でます〉

この計画書によれば、レトロワグラース社は2017年9月末までに資本金を1億6千9百万円にまで積み上げ、株式上場を目指していると言います。また、2017年3月には柴咲コウが所属する芸能事務所「スターダストプロモーション」から、ファンクラブに関する事業を引き継いでいるとのことです。さらに、芸能プロ関係者は「8月にレトロワグラース社の取締役に就任した藪考樹氏(46)が柴咲のサポートをしています。藪氏は、携帯用ゲームアプリで知られる『モブキャスト』の社長を務め、柴咲とは以前から仲の良い関係で、彼女が尊敬する経営者のようです。」と語っています。

柴咲コウ会社

via google imghp

レトロワグラース社の株式は過半数を柴咲が持ち、そのつぎに藪氏が社長を務める会社「モブキャスト」の子会社である「モブキャスト・エンターテインメント」社が25.1%を所有しています。週刊文春の取材に対し「モブキャスト」社は、「モブキャスト・エンターテインメント社がレトロワグラース社に出資したのは事実です」と回答しました。柴咲が所属する「スターダストプロモーション」は、「彼女の女優やCMなどの仕事のマネージメントを、レトロワグラース社が引き継ぐことはありません。」と答えたとのことです。9月28日に発売される「週刊文春」では、レトロワグラース社の設立までの経緯などをくわしく報じています。

直虎

via google imghp

個人事務所ではなくファンクラブ会社

浮き沈みの激しい芸能界で、ある程度の地位を築いた芸能人がよくやる手段として、個人事務所を設立し出演料をすべて自分のものにするというパターンはあるあるですが、自分のファンクラブの会社を設立してしまうというのはまったくあたらしい考え方で賢いなと感じました。

個人事務所を設立するには、横のつながりが強い芸能界だと干されて仕事をもらえなくなったりなど、なにかと揉めることも多そうですが、週刊文春の取材でもはっきりしているとおり、マネージメントに関してはこれまで同様、「スターダスト」が請け負う形になっていますので、事務所とは揉めずに済んだのではないでしょうか。あんなに美しい容姿でありながら、こんなにかしこい頭脳まで持ち合わせているとは。柴咲コウ、おそるべしです。

柴咲コウ着物

via google imghp

柴咲コウのギャラ

そんなしたたかな女、柴咲コウに魅了される人は多く、現在もファンは急増しているようです。36歳になった今もその美しさは衰えを知りません。大河ドラマ「直虎」での主演も大きく影響していることでしょう。柴咲が自身のファンクラブの会社を設立したのも、自分の商品価値がまだまだ健在で、これからも充分に飛躍していけるという自信があってのことでしょう。でないとこんな大金はたいてまで会社をつくろうなんて思いませんよね。


しかしこの会社設立にあたっての大金を用意できるほど、彼女のギャラが高いことにおどろきました。大河の主演って相当もらえるんでしょうね。あぁ、わたしもこんな顔に産まれたかった…(笑)大河ドラマはNHKなので、柴咲コウは日本国民が払った受信料でギャラをもらっているということになりますから、なんとも複雑です。

美しい柴咲コウ

via google imghp

ここで、柴咲コウのギャラがどれほどのものなのか気になったので調べてみたところ、驚くべき結果になりました。以下、2017年度版女優ギャラランキングをご紹介いたします!!

第一位 米倉涼子

第二位 新垣結衣

第三位 石原さとみ

第四位 綾瀬はるか

第五位 北川景子

第六位 長澤まさみ

第七位 吉高由里子

第八位 柴咲コウ

第九位 有村架純

第十位 松岡茉優

どうでしょう、この結果。柴咲コウはなんと第八位に。上には上がいるんですね。ちょっとこの順位の低さにはおどろきですが、女優としてのランク付けとしては石原さとみ、綾瀬はるかと同じくらいとのことです。また、このランキングが発表されたのは「直虎」が放送される前の今年の1月ということなので、来年のランキングでは順位を上げることでしょう。自身の会社を立ち上げた柴咲コウのこれからの活躍に期待しています。



ページトップへ