【画像】市川染五郎の長男、松本金太郎が美少年【動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌舞伎界の可愛い男の子が美少年に成長!名門私立学校に通いながらも婦人画報に毎月エッセイと絵を寄稿。初舞台の写真や動画から妄想や想像力を掻き立てられる女子続出!2018年の親子三代襲名披露が今から待ちきれない!

とーーーっても可愛かった市川染五郎の長男、4代目の松本金太郎が、いつの間にやら「可愛い」から見事に「かっこいい!」「美少年!」「色気はんぱない!」に大変身で話題沸騰。しかもなんと、若干12歳。これは将来有望すぎる~!

ブレイクのきっかけは2年前の徹子の部屋!

もちろんそれ以前より目を付けていた方も多かろう可愛さですが、世に広く知らしめて一次ブームが起こったのは2014年1月31日に出演した「徹子の部屋」だったのではないでしょうか。
松本金太郎(藤間齋)当時9歳

松本金太郎(藤間齋)当時9歳

歌舞伎俳優である父・市川染五郎と長女の松田美瑠との3人で同番組に出演。ハッキリした顔立ちにスッとした目元に女性が釘付け!
via google.imghp

4代目松本金太郎 藤間齋(ふじま・いつき)

それではさっそく彼のプロフィールを見ていきましょう!現在はどのようなお顔になったのでしょうか?!その成長ぶり、必見です!
左から、松本金太郎、市川染五郎、松本幸四郎

左から、松本金太郎、市川染五郎、松本幸四郎

名前:藤間齋(ふじま・いつき)
生年月日:2005年3月27日(12歳)
出身地:東京都
血液型:不明
学校:青山学院初等部
屋号:高麗屋(こうらいや)
via google.imghp
2007年6月(当時2歳) 歌舞伎座『侠客春雨傘』で初お目見え
2013年5月(当時8歳) テレビドラマ『妻は、くノ一』第5回放送にて父・市川染五郎と映像作品で初共演、自身もドラマデビュー
2016年12月(当時11歳) 祖父と父と共に三代の襲名披露が発表
2018年1月から2月の歌舞伎座公演より市川染五郎の八代目を襲名予定

2017年3月29日放送のミヤネ屋

2017年3月29日放送のミヤネ屋 幼いころの松本金太郎。見得を切る場面の比較映像が可愛すぎて涙が出そうです。子供って愛らしいですね~。
左から、松本金太郎、市川染五郎、松本幸四郎

左から、松本金太郎、市川染五郎、松本幸四郎

いやいやいやこれはめちゃくちゃ美少年じゃありませんか!しかも後ろの真紅の薔薇が偶然とはいえ似合いすぎて狙ってるのかと思いましたが同じことを思っている人が少なからずいるようです(笑)
via google.imghp

そう!少女漫画に出てくる男の子の絵なんですよね!こんな顔めったといません!本当に薔薇が似合いすぎていて笑うしかない(笑)
松本金太郎の父、市川染五郎

松本金太郎の父、市川染五郎

テレビで見かけることも多いのでみなさんご存知の通り、松本金太郎の父親は市川染五郎。この顔ですから金太郎くんが美少年に成長しても何らおかしくない!むしろ血筋引き過ぎでありがとうございますと感謝したくなるレベル!
via google.imghp

世間の反応が面白い!

この松本金太郎をめぐって、世の女性のみならず男性たちが即座に反応。かなり様々な想像や妄想で盛り上がりをみせているんです。

筆者も偶然見ていました、朝の情報番組「スッキリ!」で記者に「美少年を言うふうにウワサされていることについてどう思われますか?」の問に、かなり長い時間「・・・・。」と無言(笑)!まあ自分でどうとも言えないとは思いますがw、野暮な質問であるとは思いつつも、可愛い顔が見られたのでそれはそれでOK。

江戸川乱歩説浮上(笑)

魔夜峰央きました(笑)
魔夜峰央の「美少年的大狂言」

魔夜峰央の「美少年的大狂言」

想像ではこんな感じでしょうか(笑)。こんな格好して欲しいです!
via google.imghp

光クラブとは、古屋兎丸の「ライチ☆光クラブ」のことでしょうか。
古屋兎丸『ライチ☆光クラブ』

古屋兎丸『ライチ☆光クラブ』

やっぱりどれにも共通するのは、耽美系であるということですね!松本金太郎くん、耽美が似合う。似合いすぎる。
via google.imghp

東 芙美子の『美男の血』

東 芙美子の『美男の血』

確かにもう漫画から飛び出てきたようなルックス。まんまですね。夢がありすぎる。この装丁を手掛けた方も、今ごろビックリしているのではないでしょうか。
via google.imghp

萩尾望都『ポーの一族』

萩尾望都『ポーの一族』

通ずるもの、ありますね~。筆者は震えました。萩尾望都、好きなので実写化の際は是非松本金太郎くんを使ってほしい。むしろ彼しかいない。
via google.imghp

アンドレセンとは、かの美少年の代名詞でもあるビョルン・アンドレセンのことでしょうか。
ビョルン・アンドレセン

ビョルン・アンドレセン

美少年無双、ビョルン・アンドレセンを彷彿とさせる和製アンドレセンということですね。そんな売り出し方もいい気がします。
via google.imghp
真紅の薔薇を背負った(かのような風貌の)松本金太郎の写真を載せたかのツイートは、2017年3月末現在でおよそ5000ファボ、3000リツイートを誇っています。朝の情報番組で取り上げられることも多くなってきた今、彼に熱い視線が注がれていることは間違いない!

「皆さまの想像力と創作意欲を掻き立てる美少年 それが 松本金太郎 ということでよろしいですか」

結論。異議なし!

母親のインスタにも注目!

松本金太郎の母親である藤間園子。彼女の実家は資産家で、大変なお金持ちだともっぱらの噂。実家の事業は高級外車のディーラー、不動産業、レストラン経営など。すっごいサラブレッドなんですね!市川染五郎もスゴイ方と結婚されたんですねー!
藤間園子

藤間園子

しかもこのお美しさ…!非の打ち所がないというのはこのことなんでしょうか。ちなみに市川染五郎とは高校の同級生だったそうです。はあ~もう世界が違いすぎて素敵。
via google.imghp
そんな藤間園子が更新しているInstagramに注目が集まっているんです!なんでも松本金太郎くんのフレッシュな「いま」や素顔を垣間見れるんです!

小学生にして婦人画報のエッセイスト。

2014年1月号に、同誌で描いた松本金太郎の絵の素晴らしさに編集者が惚れ込み、「毎月描いてほしい」と頼んでコラムの連載が決定したという運びのもよう。「歌舞伎の新聞」のコラム連載「四代目松本金太郎のお絵かき日記」。雑誌が「婦人画報」というところと「コラム連載」なんて響きから大人のにおいがプンプンするのに、タイトルが「お絵かき日記」ってところがとてつもなく可愛い。
松本金太郎の婦人画報エッセイ

松本金太郎の婦人画報エッセイ

う~ん。やっぱりしっかりしていますね。これからどんどんこの道に突き進んでいく姿を観るのが本当に楽しみになります!
via google.imghp

今後の活動が楽しみな大人が続出

前述したとおり、彼は来年2018年1月から2月の歌舞伎座公演より市川染五郎の八代目を襲名する予定なんです。しかも現・松本幸四郎も「松本白鸚」に、現・七代目市川染五郎も「十代目 松本幸四郎」を同時に襲名予定とあって、楽しみにしている歌舞伎ファンも多数いるはず!3代同時襲名はなんと39年ぶりのことだそうですよ!普段でも楽しみなイベント、さらにこんな美少年に成長しているとなると歓喜です。今から楽しみですね~!

親子三代、同時襲名へ

感慨深い襲名披露になりそうですよね!めでたすぎます。
ちなみに幼いころの松本金太郎少年は・・・
お披露目(初お目見得)の松本金太郎(藤間斎)

お披露目(初お目見得)の松本金太郎(藤間斎)

なんと御年2歳3ヶ月!この頃から整っているのは見て取って分かりますが、両親があんなにイケメンと美女なら何ら不思議はないですね。
via google.imghp
平成19年の聞き書き
父親の染五郎
「(自分が松本金太郎の名で初舞台を踏んだ侠客春雨傘で長男藤間齋が
初お目見得をする)歌舞伎座でこれだけの先輩方が出て下さる事が
彼にとって大変な財産です。二歳とはいえお客様の前に出るのですから
行儀よくさせなければ。親として責任を感じます」

祖父の幸四郎
「まだつぼみの齋を歌舞伎の世界の入り口へ導いてやりたい。
それが祖父としての役目です」

松本金太郎 当時4歳

松本金太郎 当時4歳

抱きしめたいくらい可愛い!
via google.imghp
松本金太郎 当時8歳

松本金太郎 当時8歳

可愛い。可愛すぎる。語彙が失われてしまいます。
via google.imghp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。