松本人志×密室「ドキュメンタル」Amazonプライムで独占配信

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松本人志が手掛けたこの企画を簡潔に説明するのなら…十二人の怒れる男+SAW+笑ってはイケない某番組と言ったところだろう。人気芸人10人が100万円の掛け金を元に1000万円を獲得する密室サバイバルお笑いバトルが開幕!!

今度の松本人志は芸人たちを支配する

via www.youtube.comみなさん上の動画は見て頂けたでしょうか?

もし動画を見るのも面倒くさいという人のためにこの松本人志の新たな企画がどのようなものかを簡単に説明したいと思います。

怒れる十二人の男×SAW×笑ってはいけない某番組=ドキュメンタル

今回ダウンタウン松本人志が企画した番組がAmazonプライムビデオで独占配信されている『ドキュメンタル』です。

どのような企画か一発で説明すると有名会話劇「十二人の怒れる男」と密室スプラッター映画「SAW」、そして年末にやっている某笑ってはいけない番組、この3つが合わさったのが今回の企画です。

via google imghp細かく説明すると10人の人気芸人たちが一つの部屋に集められる。
掛け金100万円を手に芸人たちは1000万円を獲得するためのゲームを始めることになる。

ゲームのルールは簡単。部屋にあるありとあらゆるモノを使い、言葉巧みに小道具巧みに使い自分以外の芸人を笑わせるというお笑いサバイバル。

基本的には自分が笑わなければ何をしてもいい。他の芸人と手を組んで潰す芸人を決めても良ければ、地上波では放送することのできない恥部を露出してもBPO的にも大丈夫。

男たちは1000万円という一つのものに向かって自分をさらけ出していくのである。


そしてこのゲームを支配するのがこのゲームの企画者の松本人志である。ゲームマスターが笑ったと判断すればゲームオーバー。1000万円どころか自分の掛け金100万円も泡になるまさにデスゲーム。密室という閉塞感、ライバル芸人たちからのプレッシャー、監視カメラ越しの見えないゲームマスターこの3つの緊張感で極限の精神状況でお笑いサバイバルに挑むのがこの

『ドキュメンタル』です!

@minnanoribingu)さんの投稿

笑わないものが強いのか笑わせるやつが強いのか…

最後の一人になったものが賞金の1000万円を手に入れることができるこの企画は、裏を返せば最後まで笑わなければ賞金を獲得できるわけです。

どんなに面白いやつでも笑ってしまったらおしまい。どんなにつまらないやつでも笑わなければ優勝。ここで一番強いやつはどんな練られたネタを持っているやつでもなく、どんな奇想天外な一発ギャグを持っているやつでもなく、黙っていても体の底から溢れ出てくる何もしなくても面白い地の面白さを持っているものが1番つ強い者になります。

もしかしたら普段は全く面白いとは思わない芸人が優勝して1000万を総取りする可能性があるのがこの…

『ドキュメンタル』です!

@michi1231)さんの投稿

参加者一覧

今回この壮絶なお笑いサバイバルに挑む参加芸人が下記のメンバーになる。No.1 宮川大輔 
No.2 藤本敏史(FUJIWARA) 
No.3 くっきー(野性爆弾) 
No.4 ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
No.5 久保田和靖(とろサーモン) 
No.6 斎藤司(トレンディエンジェル
No.7 アントニー(マテンロウ) 
No.8 川原克己(天竺鼠) 
No.9 ジミー大西 
No.10 大地洋輔(ダイノジ) ボケ、ツッコミ、新旧さまざまな10人のよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人たちが壮絶なサバイバルを繰り広げる

11月30日よりAmazonプライムビデオで配信中!

@naka_2244)さんの投稿

掛け金100万円で参加できるこのゲーム。マテンロウのアントニーは参加するために何十人もの先輩たちの協力を仰いで這いずりながらなんとか100万円を集めたという。「開始直後は100万円を失いたくないという気持ちが強かった。」と語るように精神的きつかったという今回の企画は11月30日よりAmazonプライムビデオにて独占配信されている。

年会費3,900円のAmazonプライム会員は現在30日間の無料トライアルも開催中!

お笑い芸人のメンタルをすり減らした壮絶なお笑いバトルを見たい方はこれを機会に登録してみてはいかがでしょうか。


👉 無料体験で見てみる 👈


ページトップへ