俳優の松方弘樹が脳リンパ腫で死去。74歳

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仁義なき戦い」や「柳生一族の陰謀」など時代劇作品へ多く出演し有名な俳優の松方弘樹が2017年01月21日に脳リンパ腫により都内の病院でお亡くなりになりました。享年74歳でした。

スター俳優だった松方弘樹

松方弘樹(まつかたひろき)

松方弘樹(まつかたひろき)

本名:目黒浩樹(めぐろ こうじゅ)
生年月日:1942年7月23日
没年月日:2017年1月21日
身長:173 cm
血液型:A型
職業:俳優、映画監督、映画プロデューサー
主な作品:『人形佐七捕物帳』(NHK)、『仁義なき戦い』、『柳生一族の陰謀』、『真田幸村の謀略』、『ハケンの品格』
家族:父は時代劇俳優の近衛十四郎、母は女優の水川八重子、最初の妻は元モデルの夏子、2度目の妻は女優の仁科亜季子。他にも女性関係の過去があり、複数の女性間で子供が6人いるvia google imghp松方弘樹といえば、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」などの有名映画やドラマに出演した名俳優。そして最近では超巨大マグロを釣り上げることで話題でしたよね。2015年5月には、石垣島沖で300kg超えのビックマグロを釣り上げたことで、まだまだこの人は元気だな~という印象でした。

しかし、昨年の2016年2月に頭痛や体のしびれなどを訴え、病院に行ったところ、悪性の脳リンパ腫という病気が発見されたそうです。そこから厳しい闘病が始まり、抗がん剤投与の治療中にたびたび脳梗塞を起こしていたそうです。今年に入ってもかなり危ない状況下だったそうで、元気な人でもいつ何が起きるかわかりませんね。そして皆の願いも届かず、1月21日に都内の病院で亡くなったそうです。

発症率は10万人に1人という脳リンパ腫

google imghp (65105)

via google imghp脳リンパ腫とは、何か。ガンの一種ですが、その中でも10万人に1人という珍しいガンだそうです。

また上記にも書いたように、抗がん剤治療の副作用で脳梗塞を併発する可能性があるため、治療が上手く進まないこともあるそうです。副作用で脳梗塞って…治してるのに病気になるなんて怖いですね。どうやら松方さんも脳梗塞のせいで、抗がん剤の治療を中止せざるをえなく、リンパ腫への闘いが難しかったようです。

◆【中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)】

正式には「中枢神経系原発悪性リンパ腫(PCNSL)」といい、体の全身にあるリンパ系組織に発生する「悪性リンパ腫」の中の、脳や脊髄、眼球などの中枢神経系に発生するものです。リンパ腫の多くは、首は脚の付け根、脇などにできることで腫れるそうなのですが、リンパ系組織のない脳にも、稀にリンパ腫ができることがあるそうです。脳にできる腫瘍の中でも約3%ほどなんだそうで、本当に珍しい病気なんですね。

◆高齢者に多く発症する

この病気は中高年層に多く発症し、8割以上の患者が50歳以上だそうです。73歳で発症した松方弘樹は、好発年齢ということです。今や2人に1人がガンになると言われいますが、まさか脳にできるだなんて思いませんよね。

◆主な症状

神経症状として、麻痺が多くみられるそうです。腫瘍ができた位置によっては、脳にできるため左右どちらかの手足などが麻痺し、人によっては歩くことができなくなることも。また左脳の言語を司る部分に腫瘍ができた場合、言語障害が出る可能性もあります。その他、人格変化や物覚えが悪くなるなどの精神症状、けいれん発作、腫瘍の成長により脳が圧迫されることで、激しい頭痛や嘔吐に襲われるなど、さまざまな症状を引き起こすそうです。頭って精神的な面から体の全神経まで操っているだけに、そこが病魔にかかると大変なことになりますね。

また脳リンパ腫にかかると15~20%の確率で眼球の中にリンパ腫が発生する「眼球内リンパ腫」が合併症として現れることもあるそうです。そうなると両目の視力が大きく低下することもあり、視覚にも影響を及ぼします。

脳リンパ腫は進行が速く、発見が遅いと命を脅かしかねない病気です。そのため、上記のような症状が現れたときは、すぐに病院に行くことをお勧めします。

◆治療法

ガン治療の最も完治が期待できるのはガン組織を摘出する外科手術ですが、脳リンパ腫の場合、リンパは全身にある組織のため、目に見える腫瘍だけ摘出しても転移している可能性があります。つまり外科手術をしても完治するのは難しいということです。

そのため、脳リンパ腫には脳の腫瘍に効果的な”放射線治療”と抗がん剤による”化学療法”が中心になるそうです。放射線治療の脳全体に行う「全脳照射」は70~80%の確率でガンを縮小できるそうです。しかし高齢者が全脳照射を受けると、大量の放射線を浴びることで脳が萎縮し、その影響で認知症の後遺症が残ることがあるみたいです。その後遺症リスクを避けるために、化学療法を選択する高齢者の方が多いそうです。松方さんもその1人だったかもしれませんね。

◆生存率

かなり珍しいガンのため、症例があまりなく正確な数値は公表されていないそうです。ですが、治療別の生存期間中央値と言われる50%の患者の生存期間を示したもの、要するに平均余命のようなものは発表されています。それに基づき考えると、最長で6.6年だそうです。短いのか、長いのか、感慨深い数値ですが、現在は科学の進歩により、様々な治療法が増えているため以前よりは治療成果が上がっているとのことです。

しかし、脳リンパ腫は他のガンと違い、転移の可能性が大きいため、体からガン細胞を全て消し去るのは難しい病気です。つまり、出来れば完治することが望ましいですが、現実問題、うまくガンをコントロールし共存していくことが、長く生存する方法ということかもしれません。

ネットでの反応

松方弘樹 巨大マグロ


松方弘樹 巨大マグロ

もうこんな元気な松方さんが見れないのは悲しいですね。via google imghp

やはりマグロ釣りのイメージが強かったのですね。あんなゲームまで出ていたなんて知りませんでした。この日は同時に江角マキコの芸能界引退発表もあり、波乱の日となりましたね。狩野英孝の淫行ニュースもこのダブルニュース報道でどこか吹き飛んだ気がします。

2017年始まって荒れ荒れの芸能界。今年はどうなるのでしょうか。



ページトップへ