松居一代に脱税の疑惑!ただの銭ゲバだった⁉

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

空前の松居一代旋風が始まったのはとあるブログの投稿からでした。そこからエスカレートした松居一代の行動ですが、今回も松居一代に関する噂です。なんと松居一代が脱税していた可能性があるというのです。松居一代の資産の秘密が…

松居一代に脱税の疑いか

世間を騒がせまくっている松居一代は連日様々な噂や行動が報じられています。今回は松居一代のお金に関する噂です。その噂とは、松居一代が脱税をしているのではないかという噂です。今回この件を報じたのは週刊文春のようです。松居一代と週刊文春は因縁の関係になってしまいましたね。

松居一代の脱税疑惑を報じる週刊文春

via google imghp電車でよく見かける週刊文春の中吊り広告には、松居一代の汚れたカネを暴くと書いてあります。松居一代の資産に関する黒い噂は、話題となっている稲田防衛大臣と同じくらいのスケールの記事のようですね。流石は、松居一代です。週刊文春からの扱いが国家レベルです。松居一代の汚れたカネの噂の中に、松居一代の脱税疑惑が絡んでいるようです。松居一代といえば、2000万円の特注高級外車を購入したことも知られています。30億円とも噂されている松居一代の資産についてまずは触れていきたいと思います。

松居一代が特注ベントレーを2000万キャッシュで購入

via google imghp

松居一代の資産

総額30億円とも噂されている松居一代の資産ですが、そのような資産は様々な形で増やされていったようです。松居一代の脱税に関する疑惑がありますが、松居一代の主な収入源は投資だそうです。しかし松居一代は株式投資は行っていないようで、主な投資は外資や商品のようです。

「彼女はいわゆる株取引には手を出さないし、自宅以外の不動産も持っていない。主な投資は、外貨投資や他の商品で、月に1500万から2000万円を超す利息を得たこともある。大手、ネット系など、複数の証券会社に証券口座を保有しており、有名なプライベートバンカーとも親しい。またジェット機のリース案件には二億円ほどつぎこんでいます」

投資で1500万円から2000万円を稼ぐって、何に投資したんだよ!と思ってしまいますよね。金額がカイジの世界です。鉄骨を渡り切ったのかもしれませんね。冗談はさておいて、週刊文春によると松居一代は外資投資等で調子のよい時は月に1500~2000万円を稼いでいたようです。そして不調とも言われている証券会社に証券口座を有していると言います。証券口座は普通預金口座よりも利回りが大きいと言われいます。松居一代は株式投資には関わっていないとのことなので、株式以外の有価証券に投資しているのでしょう。時には2億の投資というのもスケールが大きすぎますね。

松居一代のお金に関する書籍

via google imghpそもそも松居一代が投資を始めたキッカケはバブルの時だったようです。バブルの時代は投資しては儲かり投資しては儲かりという凶悪の循環。味を占めた人は、自分の財産を担保にお金を借り、その借りたお金を担保にお金を借ります。勿論借りたお金は投資に使い、その投資で儲かったお金で担保を回収します。無限にお金が増やせるという状況でたくさんの人がお金に目がくらみ、バブルが崩壊するとともに大打撃を受けました。松居一代はバブル崩壊直前にマンションを手放すという奇跡の采配で莫大な資金を獲得したようです。運が良すぎるのか偶然なのか。

松居一代は投資家としてバラエティに

via google imghp

「ドラマは待ち時間が長くて割が合わない」と女優よりも講演会の仕事に熱を入れ、90分の講演を約60万で請負っていたといい、その他「マツイ棒」の本で印税1億、自ら企画を持ち込み制作・販売した圧力鍋は160億円を売上げ、1本1万円の包丁は30万本販売、月収5000万円だと話していたことも。


松居一代といえば女優業が本業でしたが、ある時期から自らの知名度を活かした商品企画で儲けを出す方向にシフトしました。松居一代のアイディア商品をテレビで見かけたことのある人もいるのではないでしょうか。知名度はあるので宣伝は既に出来ています。あとは商品を売るだけ。とても効率が良いですね。

松居一代プロデュースの圧力鍋

via google imghp講演会の依頼や自身がプロデュースした商品を売ることで莫大な資金を得ることが出来ました。ここまでは松居一代が本人の力で稼いだ白いカネ。いわば真っ当に稼いだお金です。これだけのお金を得たのにここで止まることはありませんでした。松居一代は禁じ手を使ってまでお金を増やそうとしたと噂されています。

松居一代プロデュースの包丁

via google imghp

松居一代の脱税疑惑の真相

これまで松居一代が築いてきたお金だけでも十分なのに、松居一代は更なる手を使ってお金を増やそうとしたと噂されています。それが松居一代の脱税疑惑です。松居一代の脱税の疑惑に関して、週刊文春が事細かに報じています。

「悪質なのは、取引先にスタイリストや衣装代などの架空の領収書を書かせて毎月のように提出させていたことです。自分の仕事だけでなく、船越さんの仕事相手にまで頼んでいたことに呆れました。また冠婚葬祭の連絡が来れば、実際には行っていないのに香典や祝儀を経費として計上したこともあったようです」(別の事務所関係者)

「経費として計上」という言い回しがドンピシャですね。架空の請求書を書かせるというのも悪質ですね。この噂が本当であれば、松居一代は脱税まがいのことをしていたということになります。その他にも松居一代が従業員に対して命じていた脱税に関する疑惑が証言されているようです。架空の経費を計上するだけでも脱税になってしまいます。松居一代の脱税に関する記事が本当であれば、松居一代の立場どころか、松居一代に刑事罰の可能性まで浮上してしまうそうです。週刊文春に喧嘩を売ってしまったのが裏目に出てしまいましたね。

週刊文春に騙されたという松居一代

松居一代のブログは広告収入目当てか

連日のように投稿されるブログ、つぶやかれるTwitterそして動画。これらはすべて広告収入の為に計画的に行われていると指摘する人もいるようです。松居一代のブログの運営に関わっているサイバーエージェントは松居一代のブログに広告が掲載されていることを週刊文春の取材で認めているようです。

松居一代動画の7本目

via www.youtube.comテレビでも扱われていた松居一代の告白動画シリーズも気づいたら12本目までいっているようです。松居一代のYouTubeには広告が確認できませんでしたが、ブログの方は広告の存在が確認できました。このような点から、松居一代の最近の行動が計画的だとする見方があるようです。

お金が増えると更に増やしたくなる。一般人からすると、「そんなにお金があれば満足では」と思う人が多いと思いますが、お金が増えると人はケチになり、更なるお金を増やしにいくそうですよね。松居一代もその一人なのかもしれません。そうでなかったとしても、今回の件で松居一代が稼いだ広告収入は結構な金額でしょう。

まとめ

松居一代が莫大な資産を築いてきたのには様々な方法がありました。真面目に稼いだ部分もありましたが、一部は松居一代が脱税を試みてお金を増やしたのではないかと噂されているようです。連日何かしらの記事が書かれている松居一代ですが、こういった日々はいつまで続くのでしょうか。



ページトップへ