東京が54年ぶりの初雪って言ってたけど

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


24日、東京都心で11月としては54年ぶりの初雪が観測された。四半世紀ぶりの珍しい気象現象ということで、メディアでは大きく取り上げられ、交通機関のパニックも心配されたが実際はどうだったのだろう。

11月24日に関東各地で「初雪」

 気象庁は11月24日に関東各地で「初雪」を観測したと発表した。関東でこんなに早い初雪は1962年11月22日以来54年ぶり。なんの関係もないがジャニーズ事務所の設立も1962年。

 原因は関東の南を通った「南岸低気圧」と呼ばれる強い寒気。例年では、この低気圧は雪を降らせるほどではないが、今年に限っては気圧の温度がひどく低かったため、関東全域に雪を降らせることとなった。しかし、平野部での雪は一時的なもので、都内での降雪が続くことはなかった。

 1日限りの雪の日だったが、関東各地で凍った地面に足をとられ点灯する事故や電車の遅延など雪による事故などがおこった。東京都では、40代野男性が道で足を滑らせて点灯し、右手首を骨折するなど、計6件。ほかに、埼玉6人、神奈川で3人、千葉で2人重軽傷を負っている。google.imghp (53870)

個人的に予想よりも混乱が少なかったのが電車。JR中央線で雪の重みによって垂れ下がった枝の影響で高尾-甲府間で一時運転を見合わせることはあったが、他には小田急線、西武新宿・池袋線、京王線、東京メトロの一部路線で1時間未満の遅れが出る程度だった。東京を舐めすぎていたのか、電車がレベルアップしたのか。via google.imghp 気象庁は発表当初、雪は昼にピークを迎え、午後はふらなくなるなると予報したが、地域によっては雪は夕方ころまでふり続けた。しかし積雪2 cmと予想された都内でも積雪を確認されることはなく、大きな事故、混乱など起こらなかった。テレビでは供給過多になるまで報道された初雪ニュースだったが、54年ぶりの初雪は幻のように消え去ってしまった。

大雪に見舞われる東京

 近年、雪はふらないとされていた東京や関東でも大雪、積雪が確認されるようになった。特に2014年2月には、東京都心でも最深27センチの積雪が確認され、東京都の積雪記録トップテンにランクインした。ちなみに1位は1883年(明治16年)の46センチ。除雪車もない時代に大都市でこれだけつもるとは、さぞかし雪かきが大変だっただろう。

 原因として南岸低気圧の北上が考えられる。さらにこの北上の原因は太平洋を流れる黒潮の蛇行なのだが、なぜ潮が蛇行するか、そして関東の降雪につながるのかは謎が多い。さらに今年は「ラニーニャ現象」という、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面の水温が平年より低い状態が続く現象が起こると言われている。ラニーニャ現象が冬に起こると日本では寒冬になりやすいのだ。東京で雪を見ることはしばらく無さそうだが、寒さ対策は徹底的にしたほうがよいだろう。2014年の大雪の際に作られたキティちゃんの雪だるま

2014年の大雪の際に作られたキティちゃんの雪だるま

記録的な豪雪だったこの年には、東京、関東各地でユニークな雪だるまや雪にはしゃぐ動物や人の様子が話題になった。via google.imghp

渋谷でもこれだけの雪だるま(?)が作れるほど雪がふった。渋谷の象徴であるハチ公像はいじられる格好のまとだった。

かわいい物からリアルなもの、シュールなものまで、数々の雪だるまが生み出された。大雪による影響は必ずしもマイナスな面だけではない。
 しかし、楽しいからと言って羽目を外しすぎると事故になったり最悪命を落としたりするので気をつけよう。

弱音は許さない「北から目線」

 東京が雪に見舞われるようになってから、「北から目線」という言葉をたびたび目にするようになった。「北から目線」とは、暖かい地域の住人(特に東京在住)が「寒い」「雪すごい」などと発言すると「その程度でwww」「うちでは日常茶飯事」などとやたら上から目線でマウントを取ってくる「雪国」の住人による行動のことを指す。この場合の「雪国」は北海道・東北を指すことが多い。

 確かに北海道の厳しい冬に比べれば関東地域の降雪なんて大したことないかもしれない。北海道では、毎年沿岸部を除くほぼ全域で平均気温が-8度以下となる。最も寒い地域では-30度以下まで下がるのだ。北から目線一覧

北から目線一覧

北から目線と一様に言っても意識には大きな差がある。やはり東京が徹底的に北から見下されている模様。
しかし、これだけ激しい北から意識には、オシャレで発展している首都東京へのコンプレックスやあこがれが隠れている。「北から目線」の心理は複雑だ。via google.imghp

「都会人」から意義を唱える声が

 すっかり雪には弱い貧弱な都会人というイメージの付いた東京だったが、大雪で東京始め暖かい地域の人々が困るのは単に弱いからではない、という主張が見え始めている。

そもそも数年前までは東京は雪がふらないのが当たり前だった。だから都市構造が雪に対応していないという理屈はかなり説得力がある。

ついに世界一低い気温(-72度)のギネスを持つロシアを出されてしまった。どうしよう、ソチとかモスクワとか比較的暖かい地域を引き合いに出すしか無い。 最近は東京だけでなく、全国的に異常気象が起こるようになった。雪のイメージのない九州でも、2016年1月に大雪に見舞われたのも記憶に新しい。雪がふるのは誰にも止めようがないし、諦めて暖かくして各々雪を楽しもう。



ページトップへ