都議会自民党と揉めてる場合じゃない!

オリンピック問題と豊洲問題、来年度復活予算枠撤廃のヒアリングも・・・

政治と金の問題で辞職に追い込まれた前東京都知事の舛添要一。
その舛添に代わって都政を運営していくため都知事選に名乗りを上げたのは自民党で要職を歴任してきた小池百合子議員だ。
他にも自民公明党が推薦する増田氏、メディアから認知症ではないかと騒がれたジャーナリストの鳥越俊太郎氏と競い合い圧倒的多数で都知事選に勝利すると抜本的な都政の見直しに着手した。
支持者も女性が多く小池都知事にはガラスの天井を破ってもらいたいという期待が大きいのではないだろうか?
ガラスの天井とは、社会で働いていく上でまだまだ男性社会となっている企業、自治体、国会など様々な場所で女性が重要役職に就きにくいことを見えないガラスがあり、上に行けないことを表した言葉。
アメリカの大統領選でヒラリー・クリントンがアメリカで初の大統領になって大きくガラスの天井を壊してくれるのではないかと期待されたが、結局ドナルド・トランプに阻まれてしまった。
民進党では代表に蓮舫氏を据えて与党一極体制の打開を図ろうとしたが、就任早々二重国籍問題で出鼻をくじかれた印象の方が強く残ってしまって、大きな一歩を踏み外した代表と国民には映ってしまったことだろう。
代表になった蓮舫も民進党の中では未だにちゃん付けで呼ばれているというから驚きだ。
自分の党の代表に向かってちゃん付けは如何なものか。可愛がられているというが本人が代表という立場にいる以上党内でも代表と位置づけたほうがいいのでは?

とにかく女性の社会進出を推進していくという意味ではガラスの天井を壊して行かなくてはならない。その後押しを女性支持者取り込みの形で小池都知事は当選したのだから、2020年の東京オリンピックや豊洲問題などを解決して手腕の見せつけ女性の社会進出を手助けしていきたいとの考えもあるのではないか?

関係ないが、女性優遇の社会が過度すぎると思うのだがどうだろう。
多くのサービス業ではレディースデーを取り入れているのに、その数に対してメンズデーの数が圧倒的に少ないのではないか?確かに女性のほうが消費という意味では欲しいものにいくら掛けてでも手に入れる傾向にあるが、所得を見てみると女性と差がある分買い物に行くことに消極的にはならないのではないか?
例えば映画好きという割合では男性の方が多いと思う。だから女性にも来て欲しいという面でレディースデーを導入したのならもっと男性も足を運んでくれるようにメンズデーを積極的に全国の映画館で実施してほしいものだ。
他にも男性だけの入店お断りなど逆差別と取れる文言が並ぶお店もある。
それを目の当たりにしてしまうと、女尊男卑という言葉が生まれ男女差別の間が埋まらなくなってしまう。
新の男女平等を推し進めていくには積極的にメンズデーを取り入れていこう!
店名は伏せるとしてこれはダメだろう。

店名は伏せるとしてこれはダメだろう。

他のお店で男性が入れて女性が入れないお店があるか?
女性用下着専門店とかじゃないのだから入店拒否の店はありえない。
この場合セクシャルマイノリティの人たちはどうなる?
差別行為は蛮族の発想だ。
via google imghp

豊洲移転問題

豊洲新市場移転問題

豊洲新市場移転問題

築地市場を豊洲に移転するということだが問題が発生。
via google imghp
小池都知事が就任早々目をつけたのが豊洲新市場への移転問題だ。
築地市場の老朽化が目立ち、このままでは危険ということで新たに市場を豊洲に置こうという案があり、着手していた。
しかし、豊洲新市場の地下に本来必要な盛土をしておらず水が溜まり、その水から水銀などの有害物質が検知され食品を扱う場所で衛生上、健康上問題のあるとなればそれは簡単に移転させるわけには行かないという考えが小池都知事にはあるため、予定では既に移転しているはずが延期される事になった。
だが、延期したところで莫大な税金を使って作った市場を使わないというのは考えられないが今のところ何ら解決策は見いだせていない。

オリンピック招致問題

1964年以来の東京オリンピック。東京オリンピック2020

1964年以来の東京オリンピック。東京オリンピック2020

最初は国民総出で喜んでいたが・・・
via google imghp
今、最大の問題がこの東京オリンピック2020だ。
猪瀬元都知事がこの東京オリンピックを招致したが、その後政治と金の問題で舛添氏同様失脚。
日本の当初発表していた計画では近年の大会の中で最も低コストやコンパクトさを重視しているという謳い文句だった。
しかし、蓋を開けてみれば新国立競技場の建設費が当初の試算より1000億円以上も増すという。他の国のオリンピックスタジアムと比較した場合、差が1500億円も違うということで国民が大反対。デザインを変更することになった。それでも当初の計算より明らかに高額になってしまったが時間もない状態でコレを呑むほか無かった。
他にも各競技を行うのに必要な会場の確保や建設などで多額の税金が使われているということで、小池都知事がメスを入れ、大会組織委員会と話し合いをしていく構図が連日放送されている。
過去のオリンピックスタジアムとの建設費比較

過去のオリンピックスタジアムとの建設費比較

3倍以上の建設費が必要に
via google imghp
そしてバレーボールなどを行う会場も横浜にするか有明アリーナにするかでオリンピック招致委員長の森元総理と一悶着があった。
さらにカヌーなどボート競技の会場も新たに建設する海の森水上競技会場という案に待ったをかけて宮城県にある既存の会場に変更しようか検討していた。
結局は海の森水上競技場で落ち着いたが、それは世界ボート競技連盟の会長が日本を訪れ新たな会場の建設を後押ししたからとも言われている。

そして、何より国際オリンピック委員会(IOC)で会長のトーマス・バッハ氏が来日した際、円滑に物事が進むように日本政府、IOC、組織委員会、東京都で四者協議がしたいと提案され小池都知事もこれを完全公開を条件に承諾。
その後協議が行われ今もなおオリンピックについての話し合いは進められているが話し合いが伸びれば伸びるほど建設時間がなくなってしまうため、できるだけ早く决定していただかなくてはならない。

来年度復活予算へのヒアリング

東京大改革

東京大改革

復活予算廃止のヒアリング調査
via google imghp
毎年200億にもなる復活予算。
これは簡単にいうと、国会なら文科省にはいくら必要で、防衛省にはいくら必要と予算の振り分けを決めるために各省が財務省に予算のお願いにいくだろう。
これを都でいうと財務局にお願いに行かなくてはならないが、都政の透明化を自身のマニフェストに掲げている小池都知事のもとでは「国民にどういう風に使われているか不透明」として廃止すると決定したのだ。
これに戦々恐々なのは今まで復活予算を貰っていた各業界団体。
だが、何も小池都知事は単にお金を上げませんよではなく用途を明記してくれれば話し合いの中で工面する余地は大いに有りますよと言っている。
例えば、都内の銭湯などを運営していく都公衆浴場業生活衛生同業組合には日本の伝統を残して欲しいという思いが私にもあると述べ組合もLED証明などを使っていくことや外国人観光客の受け入れなどを積極的に行っていきたいと述べると、いろいろと知恵を出してる。苦労も多いと思うが頑張ってくださいとエールを送った。
一方で、私立中学校の運営などを行っている東京私立中学高等学校協会ではもっと自己で努力し経営に結びつけて頂きたいと保留になる場面も。
さらに、協会や団体の会長が出席していないところには、本気で復活予算を求めているなら次は会長と共に起こし下さいと本気であることの目に見える証明を求めた。
このヒアリング調査は今後も続いていく形になる。
この様に様々な問題があるが、都政の透明化を掲げる小池都知事は妥協すること無く自身の政策を推し進めていくことだろう。
今後も小池都知事の支持率が衰えていくことはそうないし、政治と金で失脚していった前都知事などを見ているだけにそこは徹底しているはずだ。
オリンピックまで時間がないというのは本人もわかっているだろうからそこは注視していきたい。
16 件

関連する記事

小池百合子の写真集がオリコン1位!?熟女好き必見【画像】

65

ダイエットの敵!デブ菌(ファーミキューテス菌)とは?

106

チケット転売対策「チケトレ」サービス開始

254

渡辺直美がヒルナンデスを欠席した理由は寄生虫による食中毒

553

認知症の予防にいい食べ物は何?あん肝やいくらで予防も

51

東京五輪新種目、スポーツクライミングとボルダリングの違いは?

195

関連するタグ

著者