東京五輪のボート・カヌー会場が韓国開催!?虚偽報告も

他ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京での開催が危ぶまれているボートとカヌー。オリンピックがまさか韓国開催になる方向も打ち出された。日本側のずさんな報告や二転三転する対応にIOCがついにキレたようだ。海の森水上競技場でも長沼ボート場でもない他国開催に?

ボート会場は韓国の可能性

東京都知事が変わり、新体制となったが、数々の問題に揺れている。その中でも目玉となっているのが、東京オリンピック問題だ。会場としていくつもの競技場等を建設する予定だが、建設費が跳ね上がっていき、現状では3兆円を超える推計が出た。当初予定されていた7千億円をはるかに上回る金額に東京都は頭が痛くなっていることだろう。金が有り余る東京都でも、3兆円ともなれば、オリンピック自体が赤字となってしまう。そのため一部会場の見直しが行われた。対象になったのは3箇所で、バレーボール、水泳、ボート・カヌーだ。新しい競技場の建設が予定されているが、別の既存の会場での実施の可能性が浮上し、それによってコスト削減を狙う見通しだ。これには批判が多く、バレーボール、水泳の競技団体は従わずに計画通り新設を求めるようだ。一方でいまひとつハッキリしないのがボートとカヌーの会場。当初は「海の森水上競技場」での実施だとされていたが、予算問題で一旦白紙に。招致時では建設費が49億円だったが、現在ではその7倍近くに膨らんでいる。あり得ないほどの出費に批判が多く、予算が次々と膨らむ東京都のずさんな費用算出に国民は呆れ返り、先の見えない東京五輪の会場選びには不安でいっぱいの状況だ。そんな中、東京五輪のボート会場にある可能性が浮上した。東京ではなく、日本を飛びだして韓国での開催をするとのこと。噂が出回っているわけではなく、国際オリンピック委員会(IOC)が提示した、情報元が極めて明瞭な話だ。東京五輪にもかかわらず、他国開催の可能性を打ち出された東京のプライドはズタズタになっているだろう。

ボート会場の候補

ボート会場の候補となっている場所はいくつかある。韓国の会場を含め、問題点とともに紹介しよう。

海の森水上競技場

via google imghp東京開催するとすれば、ここが最も当たり前とされる会場だろう。オリンピック、パラリンピックにおいてボートとカヌーの会場となる施設になる。防波堤などの間に新しく建設される予定だ。アクセスとしては、新木場駅からタクシーで15分程度の場所にできるようだ。新しく出来るだけあり、きれいな競技場となるのは間違いなく、オリンピック終了後も継続して東京都民のための施設として有効活用するとされている。問題点としては二つある。一つ目は既存の施設ではないため、予算がかかるということだ。先程も説明したように、491億円かかるとされ、膨大な費用が一番の問題だ。ただ、削減が可能であるとし、約300億円ほどに縮小できるかもしれないと示唆された。もう一つは「海」での開催という点だ。基本的にはボートやカヌーといった競技は川で行われることが多い。海ではボートやカヌーが海水によって侵食されてしまい、施設の維持にも予算がさらにかかる。海風が強い上、空港が近くにあるため、轟音により集中力がかき乱される危険性がある。会場としては最も適していないと言っても良い。

長沼ボート場

via google imghp宮城県にある世界最高峰のボート場。JOCボート競技強化センター指定施設にもなっているため、国際大会においても会場になることがある。メリットとしては何と言っても安さ。都の試算では351億円かかるとされているが、大体150億円から200億円で実施できるということで、海の森の半額以下で出来る可能性がある。穏やかな淡水なので、非常に良い環境で漕げることは確かだ。唯一の問題点は立地の悪さだ。原則として選手村は一つが望ましいとされているが、宮城へ向かうのは現実的ではない。選手村をもうひとつ作らなければならない。また、アクセスも悪く、最寄り駅から車で30分かかってしまう。東京五輪にもかかわらず、宮城県で開催するのはIOCも反対している。

彩湖

via google imghp埼玉県の湖。日本ではボートの聖地として有名な場所だ。この場所も風がなく、穏やかな淡水が流れており、ボートを漕ぐ上では良い環境とされる。長沼と違い、埼玉県なので選手村から近いこともプラス要素である。ここにも問題点はもちろんあり、ひとつは国際規格ではないこと。長沼と違い、会場として完成されていないため、拡張などで費用がかさんでしまう。東京都が示したのは、海の森を上回る558億円とされており、遥かに高額だ。埼玉県側は90億ほどで済むと主張しており、後者であれば低価格ですむかもしれない。そして会場は恒久的な施設として有効利用する予定だが、彩湖は調整池となっており、今回限りの利用になる可能性が高いことも問題視されている。

忠州市弾琴湖国際ボート競技場

via google imghp新たに浮上した韓国忠州市の競技場。IOC側は海の森での開催が最善だと考えており、その開催がなされない場合は、長沼ではなく韓国での開催を勧めている。どうせ遠い会場となるのだったら、長沼よりも設備が整っている韓国会場でしたほうが良いというものだ。東京開催できないのならば、どこで開催しても同じだという意見には概ね賛成できる。問題点どころではないが、やはり他の競技は東京で行われるのに、ボートとカヌーだけ韓国で行われるのは日本人としては納得いかない。金額面では抑えられるにしても、さすがに日本で開催してほしいと思うのが普通だ。しかし、日本の対応がひどすぎてIOCが韓国開催を打診するのも分からなくはない。

IOCに虚偽報告

そして追い打ちをかけるように、ボート会場の試算についてIOCに虚偽の報告をしていたことが発覚した。海の森にかかる費用を勝手に変えたという報道があり、豊洲問題といい、東京都を信じることができなくなっている。

via google imghp総額491億円かかるのはあっているが、本体工事費に関しては倍以上異なり、IOCには周辺維持費として他の費用をすべて当てているという。実際は本体工事費に251億円もの金額が発生するというのに、嘘の報告をしたとされる。ここまでして虚偽をする東京都は何を考えているのだろうか。IOCに予算が高すぎると注意されているようだが、だからといって虚偽の報告をしても良いわけではない。IOC側も出来れば韓国開催は避けたいはずだ。東京開催に向けてもう一度議論する必要がある。



ページトップへ