【タラレバ娘】7話で最低視聴率10.8%記録!原因は?

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

2017年3月01日に放送された『東京タラレバ娘』第7話の視聴率が自己最低となる10.8%に!原因は田中圭演じる不倫男”丸井良男”が吐いた弱音にネットが炎上したためか!?

日本テレビ系で毎週水曜10:00~放送されている『東京タラレバ娘』は第1話の視聴率が13.8%と好スタートを切りましたが、3月1日の第7話では自己最低の10.8%と初の10%台にまで下落してしまいました。前話は12.5%と悪くなかったのになぜ今回急に下がってしまったのでしょうか…!

まずは『東京タラレバ娘』のあらすじをサラッと紹介

 

東京タラレバ娘 ドラマ

高校からの親友で仲良し3人組の売れない脚本家・鎌田倫子(吉高由里子)、ネイリスト・山川香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・鳥居小雪(大島優子)は、独身彼氏なしの女子会ばかりやっている30歳の3人組でもある。いつも「◯◯していれば、◯◯だったのに」というタラレバ話ばかり。そこに突然現れたイケメンモデル・KEY(坂口健太郎)が3人にきつい現実的な言葉を吐くことで、ちゃんと恋と仕事に奮闘するお話です。

前回までの流れは、イケメンバーテンダーの奥田(速水もこみち)と続くと思いきや微妙に噛み合わなかったため、別れた倫子。逆に既婚者である丸井との恋を終わらそうとしていた小雪だったが、別れられず、不倫に浸っていってしまう。そして香は「東京オリンピックまでに結婚して子供を産む」という目標を立て、結婚相談所で相手が見つかるも、会う寸前で涼(平岡祐太)からの連絡で、立ち去ってしまい、結局、涼を選んでしまった。一緒にいて楽しくないけど結婚できそうな男性と、一緒にいるときは幸せなのに結婚できない男性。”結婚”ってなんだろうと考えさせられた内容でした。

第7話では視聴率が自己最低の10.8%に

『東京タラレバ娘』視聴率

第1話 13.8%
第2話 11.5%
第3話 11.9%
第4話 11.4%
第5話 11.5%
第6話 12.5%
第7話 10.8%
第8話 ?


第1話では13.8%と好調子でしたが、2話から11%台をキープして、6話では12%まで戻り、そのまま上がるかと思いきや、なぜか7話は10%台に転落。どうしたものでしょう。

タラレバ娘

ちょいちょい胸キュンシーン盛り込んできて、いい感じだと思ったんですけどね~。

 

第7話最低の原因は、田中圭演じる不倫男にネットが炎上したため?

 

タラレバ娘 小雪×丸井

小雪と丸井は不倫関係にあり、一度は小雪から別れを切り出しましたが、結局くっついている現状です。丸井には妻子がいて、まあ、はたから見れば最低です。(笑)
第7話では仕事への自信が失われていましたが、「町おこしPRドラマ」の脚本をやることになり、これを機に自信を取り戻す話がメインでした。

タラレバ娘 7話

 

タラレバ娘 7話

それに加え、小雪の恋愛にもスポットが当たりました。丸井はいつものように小雪と隠れて会った際に、結婚しても幸せじゃなかったと告白。1人目の子供が生まれた後、『僕が思い描いてた幸せとは随分違った』『1人目が生まれた時さ、嫁は毎日泣いちゃったりして大変だった』と、妻の“産後クライシス”に悩まされたという弱音を小雪に話してしまいます。


タラレバ娘 7話

炎上したのはここでした!!!丸井は『家帰っても、いろいろとキツくって』とその時の苦しかった思いと語ってしまったのですが、このシーンについて視聴者から批判殺到!

「奥さんが一番大変なのに、自分だけ楽な方に逃げて最低!」
「無責任な父親で、奥さんも子どもも可哀想」
「何言ってんだコイツ? 考え方が幼すぎるし、父親になっちゃいけないタイプ」
「クズ」
「クソ野郎」

と、バッシングが絶えませんでした。確かに子供の世話を1番するのは奥さんですし、旦那はそれを支えないでどうする!と思いました。視聴者の言いたいことがわかります。しかし、あくまでドラマなので。(笑)ですが丸井への批判は放送終了後も続いたそうです。完全に世の女性を敵に回しましたね。

こんな丸井に対し、小雪は『正直』『そういうとこ、嫌いじゃないよ』と優しくフォロー。いや、そこは叱って下さい小雪さん!!せっかくサバサバした性格してるんだから、そこは奥さんを理解して怒ってほしかったw

中にはにはこんな人も…

『うちの旦那がこんな風に不倫してたらショック』
『私も妻の立場だから、悲しくて見ていられない』

よくありそう~な展開だからこそ、こういったコメントがあるのでしょうね。いや~こわい!不倫!

しかし!女性に人気のある田中圭だから許されてしまう役

今回、クズだの不倫男だので散々ディスられた丸井でしたが、田中圭が演じているがゆえに許してしまうという視聴者もいるようです。クズすぎる所がむしろ可愛い…なんて人も!田中圭パワー恐ろしや…。

わかるようなわからないような…

田中圭はクズ役が合ってしまう!?

そんな不倫も許されてしまう田中圭とは!?

 

田中圭

田中圭(たなかけい)
生年月日 1984年7月10日(32歳)
出身地 東京都
身長 178 cm
血液型 O型
事務所  トライストーン・エンタテイメント
妻 女優・さくら
主な出演作品はドラマですと『WATER BOYS』、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『白夜行』、『軍師官兵衛』、映画は『相棒シリーズ X DAY』、『図書館戦争』などです。今や立派な俳優となり、その爽やかイケメンも武器とする田中圭とは、どんな人物なのでしょうか。

イケメンな上に秀才!偏差値73の超進学校に通っていた!

 

田中圭

彼は仕事のために大学へ進学はしなかったと思われますが、高校までは渋谷教育学園幕張中学校・高等学校に通っていました。あまり聞き慣れない人もいるかもしれませんが、実はこの学校、千葉県内では東大合格者数トップレベルという超進学校なんです!全国的にみても、トップクラスのようで、まさにイケメン秀才の漫画に出てくるような学歴です。中学受験の際、偏差値は73だったらしいです!!やばー!普通にすごすぎる。母子家庭で育った田中は番組内で母親への感謝のコメントをするくらい、母親思いなのだそうです。ただのイケメンではなかった…。

2011年に女優のさくらと結婚

 

さくら

既に結婚していたことを知らなかったファンは残念に思うかもしれませんが、田中は2011年8月に女優のさくらと結婚しています。2010年に放送されたドラマ『まっすぐな男』で共演し、交際に発展したそうです。当時27歳だった田中は、俳優としてこれから伸びていくというタイミングの結婚発表でしたがさくらがすでに妊娠5ヶ月…デキ婚かーーーい!爽やかで優しそうなのに、意外にも手が早かったか…。そして2012年2月に長女を出産し、2016年8月に次女も産まれ、現在4人家族で幸せな家庭を築いているのでしょう!

 

気になる第8話は!!?

一度は振った早坂といい感じになってしまった倫子、香に思わぬ事件が発生!?、倫子と早坂の関係が気になるKEY…と今後の展開が読めない状況です!原作を読んでいると先がわかってしまうようなので、知らない人は次の回まで楽しみに待っている方が面白いかもしれませんね!(とりあえず私はそうします。)また、小雪と丸井の関係はどうなってしまうんんでしょうか!クズ男脱却か!!?どうなる第8話!!!


ページトップへ