東京オリンピック サッカーA代表と五輪代表 監督兼任へ

オリンピック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オリンピックに向けてサッカー本気を見せる!A代表とオリンピックの監督兼任で一貫したプレースタイルを貫き通せるか。そして悲願のメダルへ。サッカー日本代表の真価が問われる

サッカー日本代表 東京オリンピックのために監督兼任

ブラジルで開催されているリオ・オリンピック。その開会式前に行われたれたサッカー五輪代表の試合。元々、何の期待もされていなかった谷間の世代・・・その彼らがアジア予選を1位で突破することはとんでもないことだった。
自分たちは活躍できないと思ってしまうような環境の中で、彼らは必死に日本の為に、そして谷間の世代と言われた自分たちのために。その中でもディフェンダーの植田やミッドフィルダーの中島、フォワードの浅野は目を見張るくらい素晴らしい活躍をしていた。
オリンピックに出場するというのが自分達を信じてくれた手倉森監督への恩返しになると言い聞かせピッチに立った。中島が164センチの小さな身体から強烈なシュートを放ち、植田が183センチの上背と持ち前のフィジカルを活かして相手からのボールを跳ね除ける。そして、トドメは100m10.63の快速で相手を置き去りにしてゴールを奪っていく。
彼らの力を引き出したのが手倉森監督だ。試合では厳しく怖いがピッチを離れると選手のお父さんの様な存在だろう。その手倉森監督に1勝でも多くプレゼントしたいと願っていた彼らは全力でプレーしていくが思わぬ敵が味方にいたのだった。ミッドフィルダー 中島翔哉

ミッドフィルダー 中島翔哉

中島 翔哉は、東京都出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはMF、FW。
生年月日: 1994年8月23日 (21歳)
身長: 164 cm
体重: 64 kg
所属チーム: FC東京via google imghp

味方のはずの選手が敵に?

第一試合目、彼らは試合当日に着いて、まだ6時間くらいしか経ってないナイジェリア代表にまさかの5-4で負けてしまった。こんなことがあるのか。観客から悲鳴にも似た声が上がった。そんな時こそ監督のちからの発揮所の様に負けてうなだれる選手一人ひとりに声をかけ苦しい状況を乗り越えようとした。彼らはその声に答えるよう真っ直ぐ上を見上げ次の試合のことを考えた。次は強豪コロンビア戦、しかし意地でも勝たなくてはならない。そんな時にはA代表の経験があるオーバーエイジの彼らだ。
特にディフェンダーの藤春にはみんな期待をしていたに違いない。
そして、運命のコロンビア戦、途中まではお互いいいペースで試合をして来た。だが、この男が試合を壊したのだ。藤春廣輝がこの試合に水をさしてしまったのだ。センターい上がったロングボールを藤春が何を迷ったのか味方ゴールにオウンゴールを決めた。オーバーエイジであるはずの藤春がオリンピック代表の彼らの脚を引っ張り敗戦へと導いてしまった。そのオウンゴール以外にも何度か決定機を外してしまう痛恨のミスを犯した彼は地面に膝をついて泣き崩れていた。インタビューには「何が起こったかわからなかった。気づいたら脚に当たってゴールネットを揺らしていた」そう答えたのである。他のオーバーエイジは自分の仕事をきっちりこなし自分たちが求められていた仕事を決めていった。藤春だけなのだ。
そして、これで保ってた集中は切れ引き分けに持ち込むのがやっとだった。藤春廣輝

藤春廣輝

藤春 廣輝は、大阪府東大阪市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。
生年月日: 1988年11月28日 (27歳)
生まれ: 大阪府 東大阪市
体重: 60 kg
身長: 175 cm
所属チーム: ガンバ大阪 (#4 / ディフェンダー)、 サッカー日本代表 (ディフェンダー)

戦犯と揶揄されるであろう存在。駒野にはかなわないが。via google imghp

グループステージ突破へ

勝利のゴール

勝利のゴール

via google imghp運命の3戦目では藤春を代えていつもの日本代表に戻した。すると2点を先制し試合に勝った。本来なら喜ぶ場面ではあるが皆喜ぶ素振りを見せない。それは、もう片方で行われているコロンビア対ナイジェリア戦でコロンビアが勝つと日本のグループステージ敗退が決まるからだ。そこにいる選手、監督、サポーターが固唾を飲んで見守っている。しかし、勝負とは残酷なものだ。コロンビアが勝ってしまった。あの藤春のオウンゴールとチャンスを決めていればと誰もが悔やんだはずだ。
国内から彼に対するバッシングを受けることだろう。

今後の課題とさらなる成長

今後は、日本代表が強くなっていくに当たって何が必要か。それは3つある。
1つ目は「育成年代の強化」 これは今どこの国でも積極的に行っていることだ。特に近年成長著しいベルギーと下の世代が育ってW杯優勝までいったスペイン代表だ。この2つの国は各地方にあるクラブチームに下部組織の強化を求めた。それは日本の様に学校が終わった後の夕練とかではなく授業を受けて練習をして寮に泊まってまた練習の繰り返しだ。これでは選手が故障してしまうのではないか心配になるだろう。しかし、実際の練習の内容は2~3時間程度、量より質。集中力を切らしてまで練習をする意味は無いという考えだ。この考えの下やってきたからこそ素晴らしい年代の選手が育ってきたのではないか。日本ももっと地方から下部組織の強化に取り組む必要がありそうだ。2つ目は「若い内から海外に移籍する」だ。
これはヨーロッパや南米に多く見られることだが、世界的に実力のあるリーグに若い内から参戦していけば必ずその道は拓けてくる。あの本田圭佑は何のあてもなくキャリーケースひとつで単身海外に挑戦しテストを受けて所属となったくらいだ。その本田自身も恐れないで挑戦してみろと若い選手に伝えている。
若い時に世界で活躍する選手と試合を何十回、何百回としていけばおのずと上手くなりメンタルも鍛えられるはずだ。勝負事というのは最後にメンタルがモノを言う世界だ。勝者のメンタリティーを日本の若い選手に植え付けて行きたい。単身オランダに挑戦した時の本田圭佑

単身オランダに挑戦した時の本田圭佑

本田 圭佑は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。セリエA、ACミラン所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。オーストリアのサッカークラブであるSVホルンの実質オーナー。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。
生年月日: 1986年6月13日 (30歳)
生まれ: 大阪府 摂津市
身長: 182 cm
年俸: 275万ユーロ (2014年)
所属チーム: ACミラン (#10 / フォワード)、 サッカー日本代表 (ミッドフィールダー, フォワード)
兄弟: 本田 弘幸via google imghpそして3つ目は「小さい時から海外との試合を組ませる」
これは日本が島国で大陸的に隣国と接していない事に問題がある。その問題を解決するにはもっとサッカーに対する補助金を設立するべきだ。そうすれば長旅の移動費、食費、滞在費を捻出できる。お金はかかるかも知れないが日本のサッカーを強くするためには不可欠なことだ。これでヨーロッパ南米からスカウトが来て日本代表に選ばれる選手全員が海外で活躍する選手になるはずだ。
オーバーエイジも藤春のようなポンコツが呼ばれる事もないだろう。
そして、日本男子サッカー史上初めてのメダルが取れることも夢ではなくなるのかもしれない。現在のハリル・ホジッチ監督の後任が検討されているが様々な憶測が飛び交っているのが現状だ。
アーセン・ベンゲル、ミカエル・ラウドルップなど名将に託すのか。
今後の日本代表監督にも期待していきたい。アーセナル指揮官 アーセン・ベンゲル

アーセナル指揮官 アーセン・ベンゲル

アーセン・ベンゲル OBEは、フランス・アルザス地域圏バ=ラン県ストラスブール出身のドイツ系フランス人の元サッカー選手。サッカー指導者。プレミアリーグのアーセナルFCの監督を務めている。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 2002年、フランス政府よりレジオン・ド=ヌール勲章を受勲。
生年月日: 1949年10月22日 (66歳)
生まれ: フランス ストラスブール
身長: 191 cm
監督歴/指導歴: アーセナルFC (監督, 1996年から)
配偶者: アニー・ブロスターハス (2010年から)
著書: 勝者のエスプリ、 勝者のヴィジョンvia google imghpミカエル・ラウドルップ

ミカエル・ラウドルップ

ミカエル・ラウドルップは、デンマーク・コペンハーゲン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。デンマーク代表だった。現役時代のポジションはミッドフィールダーまたはフォワード。デンマークサッカー界を代表する選手であり、1980年代中盤から1990年代のヨーロッパを代表する選手のひとり。
生年月日: 1964年6月15日 (52歳)
生まれ: デンマーク フレゼレクスベア
身長: 183 cm
親: フィン・ラウドルップ
兄弟: ブライアン・ラウドルップ
子: アンドレス・ラウドルップ、 マッズ・ラウドルップ、 レベッカ・ラウドラップvia google imghp

東京オリンピックに向けてサッカー本気を見せる!A代表とオリンピックの監督兼任で一貫したプレースタイルを貫き通せるか。そして悲願のメダルへ。サッカー日本代表の真価が問われる


サッカー日本代表 東京オリンピックのために監督兼任

ブラジルで開催されているリオ・オリンピック。その開会式前に行われたれたサッカー五輪代表の試合。元々、何の期待もされていなかった谷間の世代・・・その彼らがアジア予選を1位で突破することはとんでもないことだった。
自分たちは活躍できないと思ってしまうような環境の中で、彼らは必死に日本の為に、そして谷間の世代と言われた自分たちのために。その中でもディフェンダーの植田やミッドフィルダーの中島、フォワードの浅野は目を見張るくらい素晴らしい活躍をしていた。
オリンピックに出場するというのが自分達を信じてくれた手倉森監督への恩返しになると言い聞かせピッチに立った。中島が164センチの小さな身体から強烈なシュートを放ち、植田が183センチの上背と持ち前のフィジカルを活かして相手からのボールを跳ね除ける。そして、トドメは100m10.63の快速で相手を置き去りにしてゴールを奪っていく。
彼らの力を引き出したのが手倉森監督だ。試合では厳しく怖いがピッチを離れると選手のお父さんの様な存在だろう。その手倉森監督に1勝でも多くプレゼントしたいと願っていた彼らは全力でプレーしていくが思わぬ敵が味方にいたのだった。ミッドフィルダー 中島翔哉

ミッドフィルダー 中島翔哉

中島 翔哉は、東京都出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはMF、FW。
生年月日: 1994年8月23日 (21歳)
身長: 164 cm
体重: 64 kg
所属チーム: FC東京via google imghp

味方のはずの選手が敵に?

第一試合目、彼らは試合当日に着いて、まだ6時間くらいしか経ってないナイジェリア代表にまさかの5-4で負けてしまった。こんなことがあるのか。観客から悲鳴にも似た声が上がった。そんな時こそ監督のちからの発揮所の様に負けてうなだれる選手一人ひとりに声をかけ苦しい状況を乗り越えようとした。彼らはその声に答えるよう真っ直ぐ上を見上げ次の試合のことを考えた。次は強豪コロンビア戦、しかし意地でも勝たなくてはならない。そんな時にはA代表の経験があるオーバーエイジの彼らだ。
特にディフェンダーの藤春にはみんな期待をしていたに違いない。
そして、運命のコロンビア戦、途中まではお互いいいペースで試合をして来た。だが、この男が試合を壊したのだ。藤春廣輝がこの試合に水をさしてしまったのだ。センターい上がったロングボールを藤春が何を迷ったのか味方ゴールにオウンゴールを決めた。オーバーエイジであるはずの藤春がオリンピック代表の彼らの脚を引っ張り敗戦へと導いてしまった。そのオウンゴール以外にも何度か決定機を外してしまう痛恨のミスを犯した彼は地面に膝をついて泣き崩れていた。インタビューには「何が起こったかわからなかった。気づいたら脚に当たってゴールネットを揺らしていた」そう答えたのである。他のオーバーエイジは自分の仕事をきっちりこなし自分たちが求められていた仕事を決めていった。藤春だけなのだ。
そして、これで保ってた集中は切れ引き分けに持ち込むのがやっとだった。藤春廣輝

藤春廣輝

藤春 廣輝は、大阪府東大阪市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。
生年月日: 1988年11月28日 (27歳)
生まれ: 大阪府 東大阪市
体重: 60 kg
身長: 175 cm
所属チーム: ガンバ大阪 (#4 / ディフェンダー)、 サッカー日本代表 (ディフェンダー)

戦犯と揶揄されるであろう存在。駒野にはかなわないが。via google imghp

グループステージ突破へ

勝利のゴール

勝利のゴール

via google imghp運命の3戦目では藤春を代えていつもの日本代表に戻した。すると2点を先制し試合に勝った。本来なら喜ぶ場面ではあるが皆喜ぶ素振りを見せない。それは、もう片方で行われているコロンビア対ナイジェリア戦でコロンビアが勝つと日本のグループステージ敗退が決まるからだ。そこにいる選手、監督、サポーターが固唾を飲んで見守っている。しかし、勝負とは残酷なものだ。コロンビアが勝ってしまった。あの藤春のオウンゴールとチャンスを決めていればと誰もが悔やんだはずだ。
国内から彼に対するバッシングを受けることだろう。

今後の課題とさらなる成長

今後は、日本代表が強くなっていくに当たって何が必要か。それは3つある。
1つ目は「育成年代の強化」 これは今どこの国でも積極的に行っていることだ。特に近年成長著しいベルギーと下の世代が育ってW杯優勝までいったスペイン代表だ。この2つの国は各地方にあるクラブチームに下部組織の強化を求めた。それは日本の様に学校が終わった後の夕練とかではなく授業を受けて練習をして寮に泊まってまた練習の繰り返しだ。これでは選手が故障してしまうのではないか心配になるだろう。しかし、実際の練習の内容は2~3時間程度、量より質。集中力を切らしてまで練習をする意味は無いという考えだ。この考えの下やってきたからこそ素晴らしい年代の選手が育ってきたのではないか。日本ももっと地方から下部組織の強化に取り組む必要がありそうだ。2つ目は「若い内から海外に移籍する」だ。
これはヨーロッパや南米に多く見られることだが、世界的に実力のあるリーグに若い内から参戦していけば必ずその道は拓けてくる。あの本田圭佑は何のあてもなくキャリーケースひとつで単身海外に挑戦しテストを受けて所属となったくらいだ。その本田自身も恐れないで挑戦してみろと若い選手に伝えている。
若い時に世界で活躍する選手と試合を何十回、何百回としていけばおのずと上手くなりメンタルも鍛えられるはずだ。勝負事というのは最後にメンタルがモノを言う世界だ。勝者のメンタリティーを日本の若い選手に植え付けて行きたい。単身オランダに挑戦した時の本田圭佑

単身オランダに挑戦した時の本田圭佑

本田 圭佑は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。セリエA、ACミラン所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。オーストリアのサッカークラブであるSVホルンの実質オーナー。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。
生年月日: 1986年6月13日 (30歳)
生まれ: 大阪府 摂津市
身長: 182 cm
年俸: 275万ユーロ (2014年)
所属チーム: ACミラン (#10 / フォワード)、 サッカー日本代表 (ミッドフィールダー, フォワード)
兄弟: 本田 弘幸via google imghpそして3つ目は「小さい時から海外との試合を組ませる」
これは日本が島国で大陸的に隣国と接していない事に問題がある。その問題を解決するにはもっとサッカーに対する補助金を設立するべきだ。そうすれば長旅の移動費、食費、滞在費を捻出できる。お金はかかるかも知れないが日本のサッカーを強くするためには不可欠なことだ。これでヨーロッパ南米からスカウトが来て日本代表に選ばれる選手全員が海外で活躍する選手になるはずだ。
オーバーエイジも藤春のようなポンコツが呼ばれる事もないだろう。
そして、日本男子サッカー史上初めてのメダルが取れることも夢ではなくなるのかもしれない。現在のハリル・ホジッチ監督の後任が検討されているが様々な憶測が飛び交っているのが現状だ。
アーセン・ベンゲル、ミカエル・ラウドルップなど名将に託すのか。
今後の日本代表監督にも期待していきたい。アーセナル指揮官 アーセン・ベンゲル

アーセナル指揮官 アーセン・ベンゲル

アーセン・ベンゲル OBEは、フランス・アルザス地域圏バ=ラン県ストラスブール出身のドイツ系フランス人の元サッカー選手。サッカー指導者。プレミアリーグのアーセナルFCの監督を務めている。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 2002年、フランス政府よりレジオン・ド=ヌール勲章を受勲。
生年月日: 1949年10月22日 (66歳)
生まれ: フランス ストラスブール
身長: 191 cm
監督歴/指導歴: アーセナルFC (監督, 1996年から)
配偶者: アニー・ブロスターハス (2010年から)
著書: 勝者のエスプリ、 勝者のヴィジョンvia google imghpミカエル・ラウドルップ

ミカエル・ラウドルップ

ミカエル・ラウドルップは、デンマーク・コペンハーゲン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。デンマーク代表だった。現役時代のポジションはミッドフィールダーまたはフォワード。デンマークサッカー界を代表する選手であり、1980年代中盤から1990年代のヨーロッパを代表する選手のひとり。
生年月日: 1964年6月15日 (52歳)
生まれ: デンマーク フレゼレクスベア
身長: 183 cm
親: フィン・ラウドルップ
兄弟: ブライアン・ラウドルップ
子: アンドレス・ラウドルップ、 マッズ・ラウドルップ、 レベッカ・ラウドラップvia google imghp



ページトップへ