フィギュア選手本田真凜のCA衣装がエロい

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月26日に行われた「フィギュアスケート・メダリスト・オン・アイス」にフィギアスケート選手の本田真凛(15)が登場。エキシビジョンでCA風の衣装で現れ、可愛いと称賛の声が絶えません!

15歳にして2016年の世界選手権で優勝し、その名を世界的に広めた本田真凛。凄いのはスケートだけでなくその容姿も定評があります。スケートも上手くて可愛くてってまさに完璧ですね。次世代の浅田真央のようなポジションなのでしょうか。そんな本田選手が2016年12月26日に東和薬品ラクタブドームで行われた「フィギュアスケート・メダリスト・オン・アイス」のエキシビジョンに登場!なんとCA風衣装だった本田選手に可愛いという称賛の声が止まりませんでした。

15歳なのにセクシーな脚

メダリストとしてシングルに出場予定はなかったものの、エキシビジョンに不意に登場したことで、観客も盛り上がりました。その日の23:55~フジテレビでも放送されていたため、テレビで見ていた人もびっくり。

気になる本田真凜選手のCA風姿がこちら!

この日はフラッシュダンスという音楽にのせてリズミカルに滑った本田選手。全体的に紺のブレザーに濃いピンクのわりとカッチリした衣装ですが、軽やかに滑っていました。「お飲み物はいかがですか?」という一声には「…はい!はい!いります!ください!」と、つい言ってしまいそうです。

本田真凜 CA風衣装

http://rastaneko-blog.com/archives/112707.html

本田真凜 CA風衣装

清楚な顔立ちが本物のCAのようでこんな姿で踊られたらそりゃたまったもんじゃないです。顔はまだ15歳なので童顔さがありますが、そのスタイルも評価されている本田選手は、どこまで見えちゃうの~?と思わせる今回のミニスカが個人的に1番最強でした。横に裂け目が入っているセクシーな一撃でノックアウトです。

本田真凜 CA風衣装

http://rastaneko-blog.com/archives/112707.html

本田真凜 CA風衣装

この角度めちゃめちゃ可愛いですね。そしてこれでもかと見せる美脚がたまりません。衣装って見せパンみたいなの履いているはずですが、この写真だとあたかも履いていないような雰囲気があります。実際は履いているんでしょうけども、何か夢を感じる1枚ですね。

本田真凜 CA風衣装

http://idolcollage.xyz/hondamarin-2/

本田真凜 CA風衣装

演技とはいえ、15歳なのにこんなポーズしていいんでしょうか?(笑)なかなか際どいことしますね。これは今度成長が気になります。(笑)


本田真凜 CA風衣装

http://rastaneko-blog.com/archives/112707.html

本田真凜 CA風衣装

…太ももがエローーーい!太すぎず細すぎないなんて素晴らしい脚なのでしょうか。via google imghp

JALとスポンサー契約を結んだばかり

今回CA風衣装で登場したのも、わけがありました。実は2016年11月に本田選手はJALとスポンサー契約を結んだばかりで、そのこともあり今回の衣装になったのだとか。契約発表会見の時もCA姿を披露しており、その頃から可愛すぎると反響がすごかったそうです。

本田真凜 CA制服

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1031183.html#04_s.png

本田真凜 CA制服

遠くから見ると本当にCAみたいですね。違和感が全くないです。フィギュアをやめてもCAに転向できるんじゃないですかね。しかもJALとの契約となれば、国内外の試合にはいつもファーストクラスでゆっくりと移動できるのでしょう。力強い応援ですね。いったい15歳にしていくら稼いでるのでしょうか…。v

本田真凜 CA制服

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1031183.html#04_s.png

本田真凜 CA制服

本人いわくCAの制服に憧れがあったようで、実際に着れてかなり嬉しかったそうです。笑顔が素敵ですね!

その実力は真央ちゃん越え!?

「まりん」という名前こそ今時の響きで若さを感じますが、その若さには見合わない才能があるんです。本田選手の妹は、あの子役で有名な本田望結。妹もフィギアスケートをやるため共に前からその可愛さなどはテレビやマスコミなどに取り上げられていました。兄の本田太一もフィギュア選手で、フィギアスケート兄弟ということですね。兄弟の中でも特にフィギュアで目立っている本田真凜は、可愛いだけじゃないんです。

本田真凜

京都府京都市出身で、2001年8月21日生まれ(2000年代生まれって…衝撃的)の現在15歳の本田真凜選手。5人兄弟の3番目で身長160cm。意外と大きいんですね。2才でフィギアスケートを始め、アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを11歳でマスターしました。もうここの時点で天才肌を感じます。ジャンプだけでなく表現力にも評価が高く、中学1年の時に世界選手権日本男子初、またアジア人男子初優勝をした高橋大輔から

「ちょっとした体の動かし方が色っぽさがある」
「雰囲気とか、魅力的な目を引くものを持っている」

と、評されたそうです。世界的な選手から言われたのなら本当なのでしょうね。天才型の本田真凜の力は2012年から爆発し始めました。2012年の全日本ノービス選手権で当時の歴代最高得点を記録し優勝。2013年トリグラフ杯ではアドバンスドノービスで国際試合で初の優勝を果たしました。(ノービスとはジュニアの下のクラスを指し10歳以上14歳以下のこと。)そして2013~14シーズンから日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に初めて選ばれ、有力選手というのを認められたのですね。そこからどの大会においてもだいたい入賞、ときには優勝するなどその才能を大いに見せつけてきました。

そしてついに2016年の世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝。見事な成績ですね。

そんな本田真凜選手が真央ちゃん越え?と言われているのはなぜなのか。実は本田選手の自己最高点は192.98。この点数は2015-16で真央ちゃんが出した平均得点193.77に近いもので、現在本田選手は15歳、真央ちゃんは26歳なのでこれは今後上回る可能性は大いにあります。ちなみに今、日本のフィギュアを引っ張っている宮原智子選手は現在18歳。

はたして本田選手が18歳、26歳になったらどんな選手になり、どんな成績を残してくれるのか、そしてその美貌は成長したらどんな姿になっていくのか、期待が高まります。



ページトップへ