本田圭佑の移籍情報!ミランからガラタサライはなし?

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

移籍の噂が飛び交う日本スポーツ界で最も注目される男。無所属となったが、クラブからオファーをされているのか。イングランド、スペイン、トルコと様々なクラブの噂があり、一体どこに移籍するのか。注目のガラタサライは?

本田圭佑が無所属に

2017年の移籍において、日本を最も賑わせているのは本田圭佑でしょう。日本代表として必ずといっていいほど出場し、結果を残しています。ファッションでも強烈なインパクトを残し続け、メディアが彼を本田を取り上げない日がないくらいです。しかし、海外では上手くいっているとはいえず、現在どこに移籍するのは注目を集めています。セリエAの超ビッグクラブであるACミランの10番を背負い、サッカー選手としての栄光を掴みました。オランダ、ロシアとヨーロッパの5大リーグに所属していない状況が続いていましたが、2013年にACミラン移籍が決定しました。3年半の契約でしたが、結局思うような結果を残せずに契約を満了しました。自身初となる無所属はどう影響するのか、本人はどう考えているのか気になります。本田圭佑

本田圭佑

2017年7月現在、無所属via google imghp

無所属になるメリットとデメリット

本田圭佑と同様に同じ日本代表の川島永嗣も以前無所属になった経験があります。GKとして海外移籍する選手が少ない中で決断をし、ベルギーのリールセSKに移籍しました。次にスタンダール・リエージュに移籍しましたが、2015年に退団を発表し、無所属となりました。ただ、無所属期間を経たあとはスコットランドのダンディー・ユナイテッド、そして2017年現在も所属しているリーグ・アンのFCメスへ移籍しました。期待されていない状況でしたが、FCメスでは第三GKの立場から正GKを奪い、スタメンの座を勝ち取りました。川島永嗣

川島永嗣

無所属を経験via google imghpこのように無所属であっても成績を残せば這い上がることは可能です。メリットとしては移籍金がゼロのため、クラブ側が安く選手を手に入れることができるため、金銭面の障害が少ないことです。例えば、レアル・マドリードのクリスチャーノ・ロナウドなどは年俸だけでなく、移籍金であるクラブの違約金が高すぎるため、お金を持っていないクラブは自分のクラブに移籍させることができません。移籍金がない分だけ、多少移籍はしやすくなることがあります。一方でデメリットは非常に多いです。移籍金がゼロということは所属クラブがその選手を売らなかったということになります。言い換えれば、選手としての価値がなく、高額で売ることができなかったと考えることもできます。それは他のクラブから期間中に良いオファーがなかった可能性が高いです。移籍がしにくい状況と言えるでしょう。そして、川島永嗣も味わったことですが、日本代表から外される可能性が高いです。無所属であるということはクラブでの練習もできず、自分で練習場所を探さなければなりません。そのような環境をハリルホジッチは認めないため、日本代表からは外されます。本田圭佑も日本代表戦がある2017年8月末までに移籍を正式に決定する必要があるかもしれません。そうでなければ本田なしの代表戦もあり得ます。

移籍先はガラタサライ?

本田圭佑に関してはミランに所属した時からずっと移籍の噂が絶えません。数字としてハッキリ残るような成果を出していたわけではなかったので、ミランがいつ放出するのかといった噂が山積していました。今でもいろいろなクラブからオファーが来ているとの情報が飛び交っていますが、真相は不明です。本田自身も

僕に関する移籍は何度も言っていますけど、だいたいメディアを見て初めてしることが多い。どこから情報が流れているか分からないんですけど。多くのクラブが興味を示してくれているのは事実。まずはテーブルに乗せてみようというところで動いています。慌てず。自分が満足がいくクラブから来るとは限らないんですけど、来なかったとしても決断をするのであれば最後まで粘ってみようと考えています。しっかり考えて後悔しないようにしたい。

と話しており、本田も分かっていないようです。一体どれだけのオファーが来ているのでしょうか。テーブルに乗せるということはけっこうな数があると言うことでしょうか。謎が多いです。そのなかで最も有力だったクラブがトルコのガラタサライです。トルコではリーグ優勝を何度も経験する実力のあるクラブ。オランダ代表であるスナイデルも加入したことでも有名になりました。日本代表の本田もビッグネームなので注目したようです。ただ、トルコメディア等の最新情報によれば、破談に終わったとのことです。「クラブ首脳陣の姿勢に満足いかなかった」と報道されています。本田は首脳陣や成長性など、いろいろな面でクラブを選んでいるので、思い描いていた理想と合わなかったのかもしれません。ヴェスレイ・スナイデル

ヴェスレイ・スナイデル

ガラタサライ所属。セリエAのサンプドリアに移籍するとの話があったが、獲得は実現しないことになったと報道された。契約は2018年6月末まで。via google imghp首脳陣の姿勢が理由とされていますが、別の理由である可能性もあります。スナイデルはセリエAへの復帰を望んでおり、サンプドリアが獲得する見込みでした。それがスナイデルではなく、スロベニア代表ヨシプ・イリチッチを獲得することになり、スナイデルは獲得しないことになったようです。ガラタサライ側がスナイデルの代わりとして本田にオファーをかけたとしたら、スナイデルが残留すれば本田は必要なくなります。あくまで可能性の1つですが、あり得ることです。

本田の移籍先は一体どこに?

様々な噂が飛び交い、どれが本当の情報なのかを知るのがほぼ不可能なほどです。クラブの名前自体は数多く挙がっていますが、正式オファーはひとつもないようなので、本田に興味を持っているという記事しか存在しません。ただ、これだけ噂が多いということは海外メディアも含めて、本田に対して全く興味がないということはないといえます。噂に過ぎませんが、記事になったクラブを紹介します。

リーガ・エスパニョーラ
・ラス・パルマス
・レバンテ

プレミアリーグ
・アーセナル
・ハル

まずはリーガ・エスパニョーラから。スペインのリーグは世界最高峰とも言われ、多くの有名選手が所属しています。スペインの選手が他の外国人選手と比べても基礎能力が高いことや戦術が巧みなことも最高峰といわれる所以となっています。そのリーガではラス・パルマスとレバンテから噂されています。ラス・パルマスはカナリア諸島にあるクラブで1部リーグでも健闘しています。レバンテは2部ですが、1部への昇格が決まりました。どちらにしろ、クリスチャーノ・ロナウドやリオネル・メッシなどの選手と試合が可能になります。プレミアリーグはアーセナルとハル。アーセナルは強豪でリーグでも必ず上位に食い込んできます。ただ、2016-2017シーズンはあまり良くなく、最終順位は5位で終わりました。ハルは1部リーグでしたが、降格が決定しました。本田が1番選ばなそうなクラブですね。

まとめ

本田圭佑がどこに移籍するのかは本人しか分かりません。意識が高く、プロフェッショナルで選手の見本となる人物だと評されているので、プレースタイルがマッチするクラブならオファーが来るでしょう。日本代表での名前のインパクト的にいっても本田圭佑が必要です。移籍先のクラブで活躍するよう応援したいですね。

移籍の噂が飛び交う日本スポーツ界で最も注目される男。無所属となったが、クラブからオファーをされているのか。イングランド、スペイン、トルコと様々なクラブの噂があり、一体どこに移籍するのか。注目のガラタサライは?


本田圭佑が無所属に

2017年の移籍において、日本を最も賑わせているのは本田圭佑でしょう。日本代表として必ずといっていいほど出場し、結果を残しています。ファッションでも強烈なインパクトを残し続け、メディアが彼を本田を取り上げない日がないくらいです。しかし、海外では上手くいっているとはいえず、現在どこに移籍するのは注目を集めています。セリエAの超ビッグクラブであるACミランの10番を背負い、サッカー選手としての栄光を掴みました。オランダ、ロシアとヨーロッパの5大リーグに所属していない状況が続いていましたが、2013年にACミラン移籍が決定しました。3年半の契約でしたが、結局思うような結果を残せずに契約を満了しました。自身初となる無所属はどう影響するのか、本人はどう考えているのか気になります。本田圭佑

本田圭佑

2017年7月現在、無所属via google imghp

無所属になるメリットとデメリット

本田圭佑と同様に同じ日本代表の川島永嗣も以前無所属になった経験があります。GKとして海外移籍する選手が少ない中で決断をし、ベルギーのリールセSKに移籍しました。次にスタンダール・リエージュに移籍しましたが、2015年に退団を発表し、無所属となりました。ただ、無所属期間を経たあとはスコットランドのダンディー・ユナイテッド、そして2017年現在も所属しているリーグ・アンのFCメスへ移籍しました。期待されていない状況でしたが、FCメスでは第三GKの立場から正GKを奪い、スタメンの座を勝ち取りました。川島永嗣

川島永嗣

無所属を経験via google imghpこのように無所属であっても成績を残せば這い上がることは可能です。メリットとしては移籍金がゼロのため、クラブ側が安く選手を手に入れることができるため、金銭面の障害が少ないことです。例えば、レアル・マドリードのクリスチャーノ・ロナウドなどは年俸だけでなく、移籍金であるクラブの違約金が高すぎるため、お金を持っていないクラブは自分のクラブに移籍させることができません。移籍金がない分だけ、多少移籍はしやすくなることがあります。一方でデメリットは非常に多いです。移籍金がゼロということは所属クラブがその選手を売らなかったということになります。言い換えれば、選手としての価値がなく、高額で売ることができなかったと考えることもできます。それは他のクラブから期間中に良いオファーがなかった可能性が高いです。移籍がしにくい状況と言えるでしょう。そして、川島永嗣も味わったことですが、日本代表から外される可能性が高いです。無所属であるということはクラブでの練習もできず、自分で練習場所を探さなければなりません。そのような環境をハリルホジッチは認めないため、日本代表からは外されます。本田圭佑も日本代表戦がある2017年8月末までに移籍を正式に決定する必要があるかもしれません。そうでなければ本田なしの代表戦もあり得ます。

移籍先はガラタサライ?

本田圭佑に関してはミランに所属した時からずっと移籍の噂が絶えません。数字としてハッキリ残るような成果を出していたわけではなかったので、ミランがいつ放出するのかといった噂が山積していました。今でもいろいろなクラブからオファーが来ているとの情報が飛び交っていますが、真相は不明です。本田自身も

僕に関する移籍は何度も言っていますけど、だいたいメディアを見て初めてしることが多い。どこから情報が流れているか分からないんですけど。多くのクラブが興味を示してくれているのは事実。まずはテーブルに乗せてみようというところで動いています。慌てず。自分が満足がいくクラブから来るとは限らないんですけど、来なかったとしても決断をするのであれば最後まで粘ってみようと考えています。しっかり考えて後悔しないようにしたい。

と話しており、本田も分かっていないようです。一体どれだけのオファーが来ているのでしょうか。テーブルに乗せるということはけっこうな数があると言うことでしょうか。謎が多いです。そのなかで最も有力だったクラブがトルコのガラタサライです。トルコではリーグ優勝を何度も経験する実力のあるクラブ。オランダ代表であるスナイデルも加入したことでも有名になりました。日本代表の本田もビッグネームなので注目したようです。ただ、トルコメディア等の最新情報によれば、破談に終わったとのことです。「クラブ首脳陣の姿勢に満足いかなかった」と報道されています。本田は首脳陣や成長性など、いろいろな面でクラブを選んでいるので、思い描いていた理想と合わなかったのかもしれません。ヴェスレイ・スナイデル

ヴェスレイ・スナイデル

ガラタサライ所属。セリエAのサンプドリアに移籍するとの話があったが、獲得は実現しないことになったと報道された。契約は2018年6月末まで。via google imghp首脳陣の姿勢が理由とされていますが、別の理由である可能性もあります。スナイデルはセリエAへの復帰を望んでおり、サンプドリアが獲得する見込みでした。それがスナイデルではなく、スロベニア代表ヨシプ・イリチッチを獲得することになり、スナイデルは獲得しないことになったようです。ガラタサライ側がスナイデルの代わりとして本田にオファーをかけたとしたら、スナイデルが残留すれば本田は必要なくなります。あくまで可能性の1つですが、あり得ることです。

本田の移籍先は一体どこに?

様々な噂が飛び交い、どれが本当の情報なのかを知るのがほぼ不可能なほどです。クラブの名前自体は数多く挙がっていますが、正式オファーはひとつもないようなので、本田に興味を持っているという記事しか存在しません。ただ、これだけ噂が多いということは海外メディアも含めて、本田に対して全く興味がないということはないといえます。噂に過ぎませんが、記事になったクラブを紹介します。

リーガ・エスパニョーラ
・ラス・パルマス
・レバンテ

プレミアリーグ
・アーセナル
・ハル

まずはリーガ・エスパニョーラから。スペインのリーグは世界最高峰とも言われ、多くの有名選手が所属しています。スペインの選手が他の外国人選手と比べても基礎能力が高いことや戦術が巧みなことも最高峰といわれる所以となっています。そのリーガではラス・パルマスとレバンテから噂されています。ラス・パルマスはカナリア諸島にあるクラブで1部リーグでも健闘しています。レバンテは2部ですが、1部への昇格が決まりました。どちらにしろ、クリスチャーノ・ロナウドやリオネル・メッシなどの選手と試合が可能になります。プレミアリーグはアーセナルとハル。アーセナルは強豪でリーグでも必ず上位に食い込んできます。ただ、2016-2017シーズンはあまり良くなく、最終順位は5位で終わりました。ハルは1部リーグでしたが、降格が決定しました。本田が1番選ばなそうなクラブですね。

まとめ

本田圭佑がどこに移籍するのかは本人しか分かりません。意識が高く、プロフェッショナルで選手の見本となる人物だと評されているので、プレースタイルがマッチするクラブならオファーが来るでしょう。日本代表での名前のインパクト的にいっても本田圭佑が必要です。移籍先のクラブで活躍するよう応援したいですね。



ページトップへ