フジテレビ、月9視聴率復活の汚い戦略

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

頼みの福山雅治までも撃沈してしまったフジテレビドラマ。今回だけは失敗が出来ないと、意地でも視聴率を上げるため数々の策を練っていた!?汚い戦略には批判の声が続出・・・

失敗できない月9

全体的に視聴率が落ち始めているテレビ業界。それでも面白い番組は高視聴率をキープしているため、そうでない番組はすぐに打ち切られてしまいます。なかでも一番下降傾向にあるのがフジテレビのドラマ。最近ではNHKの朝ドラ「あさが来た」「とと姉ちゃん」やTBSの日曜劇場「半沢直樹」「下町ロケット」などは平均視聴率20%を超えたり、その近くまでいっています。対してフジドラマはひとつも高視聴率がありません。2016年4月~6月に放送されたドラマでは平均視聴率10%に達したものはひとつもありませんでした。それに加えて、芦田愛菜を起用した「OUR HOUSE」では平均視聴率が4.5%と過去最低クラスの低さに、「ドラマといえばフジ」と言われた時代がウソのようです。肝心の月9は視聴率男の福山雅治を主演に持ってきましたが、ヒロインが有名ではなかったからなのか、脚本がいまひとつだったからなのか、理由は色々あるようですが、平均視聴率8.5%でした。これは月9史上最低となり、フジのドラマ天下は終わったと囁かれています。しかも、満を持して始まった月9「好きな人がいること」の初回視聴率は10.1%。ぎりぎり二桁に乗ったので良いかと思う人もいるかもしれませんが、福山の「ラブソング」の初回視聴率は10.6%で、これから視聴率が下がることを考えれば、過去最低記録を更新する可能性があります。そのため視聴率を無理やりあげようとフジテレビでは様々な取り組みが行われています。

狙いにいったキャスト

@k_m_0716)さんの投稿

メインキャスト

via google imghp脚本からすれば仕方のない部分もありますが、あまりにも人気取りのニオイが強すぎます。主役の桐谷美玲は日テレでニュースキャスターをやっているため、好感度が高いです。そして相手役は山崎賢人。朝ドラを始めとして、映画でも主役を何度も務めています。若者を中心に人気がすごく、「国宝級イケメンランキング」でもに年連続の首位を獲得するほどで、今一番旬の俳優ですね。その二人でも凄いですが、三浦翔平と野村周平の二人のイケメンに、さらに女性陣には歌手としても活動中の大原櫻子、タレント・グラビアでも活躍している佐野ひなこを加えるほど。さらに吉田鋼太郎、菜々緒などの有名ドコロも取り揃え、万全を期しています。いまあげた人たちがひとつのドラマに出るのですから、ものすごく豪華です。しかし、最初の視聴率は10.1%ですから、キャストだけで視聴率を稼げるものでないことが証明されてしまいました。個人的には桐谷美玲は可愛かったと思いましたが、コメディ色が強すぎたのか演技が少し下手なような気がしました。主演は一番台詞が多いので、可愛いだけでなく、演技力にも気を使って欲しいですね。若者には大好評のキャストですが、その若者のテレビ離れが進んでいるのでしょうか。このままでは視聴率10%をキープすることは夢のまた夢です。これは脚本に手を加えるしか無いのか・・・。

ドラマの登場人物のインスタ

桐谷美玲が演じる櫻井美咲はInstagramを使っていました。リア充という生活を充実している人になるために始めたものです。Instagramは略してインスタと呼ばれ、無料の画像共有ソフトです。自分の生活がきらびやかな様子をアピールする「リア充」には必需なようで、櫻井美咲も始めることにしました。それに連動させて実際のInstagramにも櫻井美咲のアカウントが作られました。これにはファンは喜んだようですが、「また人気取りか」と批判する声も多いようです。SNSとリンクさせることで話題作りをして、気になった人もドラマを見るという手法を使っています。確かにドラマで更新したInstagramの画像が現実でも更新されたら面白いですが、無理やりInstagramを登場させているようにしか感じず、派手にさせているだけでしょうね。

視聴者は本当にあったことで興奮する人続出!!

FNSうたの夏まつりの間に放送

FNSうたの夏まつりはフジの人気歌番組。7月18日の月曜日に放送予定で11時間生放送です。午前11時45分から始まります。これを聴くと、「ドラマは放送しないんだ」と思う人も多いでしょうが、実は違います。なんとこの生放送の間に月9「好きな人がいること」だけ挿入するのです。これにはびっくりですね。嵐を始めとしたジャニーズやAKBグループ、EXILE TRIBE、コブクロ、星野源など数々の人気アーティストを集めている番組なので、視聴率は取れると思いますが、その間に入れ込む戦略は見事です。歌だけを聞きたい視聴者にとってみれば、「月9なんて見たくないっ」となってしまうかもしれませんね。11時間生放送というからにはぶっ続けだと思わせるのが狙いです。月9はそのままというまさかの自体にフジテレビの必死さを感じます。歌を聞きたい人はテレビをつけっぱなしにしますから、「好きな人がいること」の固定客+FNSうたの夏まつりの視聴者となるので通常よりは水増しされますね。これで上手くいかなかったら厳しいです。うまくいくでしょうか。

予想通りですが、批判が多いです。SMAPが生放送に出ないのに「SMAP×SMAP」が放送されないことに対しても怒りを覚えるひとがいるようです。



ページトップへ