映画バイオハザードザファイナル感想・評価【ネタバレ】

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


約15年程に渡り続いてきたバイオハザードシリーズが6作目にしてファイナルとなり2016年12月23日に公開されました。シリーズ完結となり期待し観に行ったのですが、内容はいかに…

2002年に公開され、一躍人気となった映画バイオハザード。原案は皆さんご存知の方も多いともいますが、カプコンから発売されているゲーム『バイオハザード』。同世代ではけっこうやっている友達が多かったです。そんな長年に渡り人気を誇ってきたバイオハザードがついに完結!最終章として公開されたザ・ファイナルは2016年12月23日に日本で先行公開。映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』

via google imghp6作も続いたバイオハザードシリーズは私も何回も観るほど好きだったので、公開しすぐさま観に行きました!主演のミラ・ジョボビッチもお疲れでしたと、言いたいです。また今回は前作の日本人出演の中島美嘉に続き、なんとモデルのローラが出演し、公開する前から話題となっていたので自分もより期待して映画館へ向かいました。

(※個人的な意見、またネタバレが盛り沢山なのでご注意ください。)

今回のあらすじ

これまでのあらすじをまとめると…

時代設定は21世紀初頭。(今現在のような設定です。)全米1位の巨大企業であり、アメリカの医薬品メーカ”アンブレラ社”。だが裏の姿は、細菌兵器などの研究開発を手掛ける“軍事企業”でした。そしてある日、アメリカのラクーンシティにあるアンブレラ社の地下研究所「ハイブ」で、研究中の生物兵器”T-ウイルス”が漏洩し、バイオハザードが発生。T-ウイルスに感染したものは最も本能的な欲求「食欲」に洗脳され、生きている人間を襲う。この感染は研究所内に留めることが出来ず、世界中へと蔓延してしまい、生存者が数少ないまさに世紀末のような結果になってしまいます。

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』予告

ミラ・ジョボビッチ演じる主役のアリスは、この事件の大事なキーを握る人物。数々の危機を仲間と乗り越えながら生き延びます。また人間とは思えぬ能力も目覚めたりと…最終的に言えるのは「アリス強し」ということです。via www.youtube.comファイナルの内容は

“48時間で人類は滅びる”とアンブレラ社が開発した人工知能“レッドクイーン”は、アリスにそう告げる。その目の前で、絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。
すべての始まりの地ラクーンシティに再び足を踏み入れるアリス。世界をアンデッド化してきた宿敵アンブレラ社との壮絶なラストバトル。人類の命運はアリスに託された。そして、ついに明かされるアリスの秘密とは……?

という、最終章によくあるいわゆる原点回帰ですね。ラクーンシティで起きた事件なので発端である場所へ帰り、この悪夢を終わらせようというわけです。ちなみに今まで舞台となったんはシリーズ3作目では砂漠地、4作目のアフターライフではロサンゼルス、5作目のリトリビューションではアンブレラ社の最高機密オペレーション施設でシュミレーション実験でニューヨーク、東京、モスクワが登場しました。

世界を駆け巡った結果、ホームに帰ったということです。

ちゃんと話が続いていた

前作のラストシーンで、アンデッドに囲まれもうアリスも終わったなーと思わせる形でしたが、どうやらそのアンデッドを倒し、生き延びたという場面から始まりました。けっこう突発的なシーンからいつも始まるので、よく思い出さないと「なんでだ?」とよく思ってしまいます。


そしてレッドクイーンの指示によりラクーンシティに戻り、始まりの地である地下研究所「ハイブ」に潜入しミッションを遂行します。そこで反響が大きかったせいなのか、どの作品にもよく登場するけケルベロスが襲撃。(ケルベロス:T-ウイルスに感染したドーベルマン。)どんどん進化していくケルベロスの威嚇する姿は、もはや犬という原型をとどめていません。ただただ気持ち悪いです。過去最多ともいえる数と、凶暴さがあった今作のケルベロスがシリーズで1番怖かったです。1作目のケルベロス

1作目のケルベロス

気持ち悪いのですが、今作に比べればまだ可愛く見えます。via google imghp

気になるローラの出演

今回コバルト役として出演していたローラ。ローラもとうとうハリウッド女優か~と少し期待していたのですが、呆気なく死にました。(笑)

クレアチームにいて、共に頑張っていたのですがアンデッド軍団に尽くやられました。出演時間は10分満たない程度で、映画を観ながらローラが死んだときは思わず「はやっ」て言いそうになりました。(笑)セリフはあったもののほぼ一言。主力は女優ではなくモデルのため仕方ありません。バイオハザード ローラ

バイオハザード ローラ

1番右端がローラ。やはり巨乳なせいか少しふくよかに見えますね。

懐かしの最強防御兵器

ハイブに戻ったため、1作目に出てきた部屋やトラップが再び登場しました。最初見た時は衝撃的だったこのレーザートラップ。細い通路のような部屋はドアが閉鎖されると壁の両側からレーザーが向かってきて、このレーザーは人体でも銃でも何でも切ってしまう恐ろしい兵器。様々な形にレーザーが変形することで侵入者を跡形もなくバラバラにすることができます。今作で出てきた時は、また誰かバラバラになるんじゃないかとドキドキしました。レーザートラップ

レーザートラップ

via google imghp

謎のウェスカー

ウェスカー

ウェスカー

アンブレラ社の元幹部で4作目でアリスに殺されたはずだったが、生きていました。前作ではアンブレラ社の反対派組織として動いていたのに、今回は何事もなかったようにアンブレラ社側にいました。クローンがいたり、反対派になったりとよくわからないウェスカー。何かと知的で、強さはアリスと並ぶほどだったのに今作はただの雑魚でした。via google imghpサングラスしてないほうがかっこいいのに、自分にはマトリックスにしか見えません。

まとめ

この作品があっったからこそミラ・ジョボビッチは監督のポール・ウィリアム・スコット・アンダーソンと結婚できて、娘も作品に出れたわけですし(人工知能レッドクイーンは娘が演じました)、映画とミラちゃん共に良かったのではないかと思います。最後は長編にしてはコテっと終わってしまいましたが、個人的には好きな作品でした。アクション満載、ゾンビ満載の映画なので、まだ観てないという方、今からでも遅くありません。作品をより楽しむためにも初回作から観てみてください。ミラ・ジョボビッチ

ミラ・ジョボビッチ

本当にお疲れ様でした!via google imghp



ページトップへ