早すぎて驚き!セックスの時間が短い動物ランキングTOP10

アダルト ペット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動物は人間よりも強い繫殖能力を持っていますが、中には一瞬でセックス(交尾)が終わってしまう動物も!人間のように快楽を求めるのではなく、あくまで子孫繁栄のためにセックスをしていると考えられますがやはり時間が短すぎると寂しいものなのでしょうか?今回はセックスの時間が短い動物をランキング形式でご紹介します。

超早漏!セックスの時間が短い動物ランキングTOP10

第10位:ゴリラ

セックスの時間が短いランキング第10位:ゴリラ。

ワイルドな雰囲気で野性味あふれる動物と言えばゴリラ!

ゴリラのセックス時間は1分半ほどで、ガツガツとセックスをして終了~という流れになります。

なんとなく想像できてしまうのが面白いですね。

第9位:テングザル

セックスの時間が短いランキング第9位:テングザル。

天狗のような大きな鼻が特徴のテングザル。

お腹がぽっこり出ていますが、実は泳ぎが得意という動物でもあります。

1回に1頭の子供しか生むことができないテングザルですが、セックス時間は40秒から1分ほどと言われています。

第8位:ピューマ

セックスの時間が短いランキング第8位:ピューマ。

猫とトラを合わせたような見た目のピューマ。

瞬発力がある動物として知られ、大型の獲物にも噛みついて窒息死させるのが特徴。

そんなピューマはセックスの時間も短く、時間はわずか50秒ほど。

何事もスピード感を大切にしているようですね。

第7位:グレイチークトマンガベイ

セックスの時間が短いランキング第7位:グレイチークトマンガベイ。

グレイチークトマンガベイはアフリカに生息しているサル科の動物。

サルもすばしっこいイメージがありますが、グレイチークトマンガベイのセックス時間は30秒ほどと短め!

ちなみにサル科の動物には人間と同じく、月経周期があるというので驚きですね。

もしかしてサルがキーキーしているのは、生理中のイライラなのでしょうか!?

第6位:ワタボウシタマリン

セックスの時間が短いランキング第6位:ワタボウシタマリン。

フワフワした毛がとっても可愛らしいワタボウシタマリンは、コロンビアを中心に生息している動物。

大きくても30cmほどしかない小型の動物で、そのセックス時間は25秒前後。

こんなに可愛らしい見た目ですが、ワタボウシタマリンもサル科なのでセックスはササッと済ますタイプのようです。

第5位:ボノボ

セックスの時間が短いランキング第5位:ボノボ。

チンパンジーとそっくりなこちらの動物はボノボです。

チンパンジーよりも細い体型で、手足が長いのが特徴。

ボノボのセックス時間は20秒ほどで、人間と同じく挿入前の前戯的な行為もすると言います。

ちなみに挿入時の体位はオスが上で、時には同性同士でイチャイチャすることもあるようですよ。

第4位:ネコ

セックスの時間が短いランキング第4位:ネコ。

ペットとして飼っている方も多いネコ。

ネコは発情期になると、キーキー鳴きまくることで有名です。

しかし、セックスの時間は15秒と短め!

さらに複数の相手とセックスをすることもある動物です。

第3位:チンパンジー

セックスの時間が短いランキング第3位:チンパンジー。

ここまで、すでにサルやチンパンジー系の動物はセックスの時間が短いことが分かっていますが、チンパンジーもやはり時間が短め!

セックスの時間はわずか8秒ほどなのですが、チンパンジーにはいくつかのセックスの種類があるのだとか。

「機会的交尾」はメスが様々なオスとセックスをし、「所有行動」では地位の高いオスが独占的にセックス、さらに「コンソート」ではひとつのペアが長期間、他の群れから離れてセックスをし続けると言います。

なんだか人間のセックスとよく似たパターンでもありますね!

第2位:ピグミーマーモセット

セックスの時間が短いランキング第2位:ピグミーマーモセット。

指先にギュッとしがみつく様子がとっても可愛いとピグミーマーモセット。

体長はわずか15cmほどで、日本ではいくつかの動物園で飼育されています。

そんなピグミーマーモセットのセックス時間は7秒。

ピグミーマーモセットは人間と同じく一夫一妻で、メスはオスに対して舌を突き出すことがセックスに誘う合図なんだとか。

第1位:コモンマーモセット

セックスの時間が短いランキング第1位:コモンマーモセット。

コモンマーモセットは動物の中で、もっともセックスの時間が短い動物。

その時間は6秒で、こちらもやはりサルの仲間です。

挿入した瞬間にセックスが終了してしまいそうですが、それでもしっかりと子孫を繁栄させているのが素晴らしいですね。

セックスは命がけ!セックス時間が長すぎて死んでしまう動物も…

たった数秒という短い時間でセックスを終える動物がいる一方、何時間もセックスに時間をかける動物もいます。

それがカルタと呼ばれる有袋類の動物。

カルタのオスは「1回繁殖型」と呼ばれており、その名の通り1回セックス(交尾)をするとそのまま死んでしまいます。

カルタは生後10か月で性的に成熟し、秋ごろに1~2週間の繁殖期を迎える動物。

この時期にメスとセックスをするのですが、なんとその時間は最長14時間!

そして精子を出した後、息絶えてそのまま死んでしまうという悲しすぎる生涯となっています。

時間より回数!2日間で100回以上セックスする動物は?

セックスの時間が短かったり、1度のセックスで死んでしまう動物がいる一方、「回数で勝負!」という動物もいます。

それが百獣の王であるトラ。

トラは2月から5月にかけてが繁殖期ですが、この中でセックスをするのはわずか数日のみ。

しかし、平均して2日間で100回以上のセックスをしていることが判明!

トラは動物の中でも、妊娠成功率が低いと言われているため「数打てば当たる作戦」ということなのでしょうか…。

<こちらもおすすめ>

嫁を女として見れない夫が続出!その理由や改善ポイントをチェック!

misono、浜崎あゆみのものまねで炎上【動画】

まとめ

セックスの時間が短い動物をランキング形式でご紹介しました!

現在、地球上に生存している動物の中でもっともセックス(交尾)の時間が短いのはコモンマーモセットで約6秒ということが分かりましたね。

その一方では、何時間もセックスに時間をかけて死んでしまう動物、さらにとにかくセックス回数をこなすという動物もいました。

気になった方はぜひ、好きな動物のセックス(交尾)時間を調べてみてくださいね。




ページトップへ