【放送事故】フィギュアスケート韓国の衣装がはだけてポロリ!?【平昌五輪】

他スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平昌オリンピック、フィギュアスケート団体でアイスダンスの韓国代表が演技をしているときに衣装がはだける放送事故!ユンユラの衣装がどんどんはだけていくというアクシデントでポロリ寸前?!動画で徹底検証!!

平昌オリンピック、フィギュアスケート、アイスダンスで放送事故

平昌オリンピック、フィギュアスケートアイスダンス韓国代表のミンユラの衣装が、背中のホックが外れたことで脱げそうになるハプニングがありました。オリンピックという場で、こんなことが起こってしまうなんて、正直最悪ですし、フィギュアスケートの女子選手にとっては1番嫌なハプニングですよね。一体どのようなアクシデントになったのかさっそく見てみましょう!

フィギュアスケート、アイスダンス韓国チームにアクシデント

フィギュアスケートというと、その華やかな衣装を見るのも1つの楽しみですよね。バレエとか、新体操とかの衣装みたいで、女の子にとっては憧れもあるでしょう。しかし、その衣装がはだけたとしたらどうでしょう?フィギュアスケートが華やかな競技から、ある意味、危険な競技に変わってしまいますね。平昌オリンピックのフィギュアスケート団体で起きた韓国チームのハプニングを動画でご覧ください。

平昌オリンピック、フィギュアスケート韓国のアイスダンス

韓国のミンユラが衣装のホックがはずれながらも一生懸命に演技をしている動画ですが、これはかなりはだけてきているので、演技どころではないと感じますね。しかもミンユラは韓国代表なので、自国開催なんですよね。。なんだか、痛たまれない気持ちになりますが、よく最後まで笑顔で演技をしたなという感心する気持ちも出てきます。

フィギュアスケートって技もあって、怪我しないようにしない気をつけないといけませんが、衣装まで気をつけないといけないスポーツになってしまったということですよね!本当はこんなこと、あってはならないですし、衣装デザイナーさんたちは青ざめたことでしょう。。

フィギュアスケート、アイスダンス、肩までずり落ちる韓国代表のミンユラ

画像で見てみると、肩まで衣装がずり落ちてきているのも分かりますし、背中側のホックが取れてしまっているのも分かりますね。フィギュアスケートは、衣装の一部がリンクに落ちたり、過激すぎる衣装を着ると減点されてしまいます。かつて村上佳奈子が衣装の一部が落ちて減点されたこともありました。

しかし今回は、ホックが外れただけだったからか、減点はなかったようです。ただ、点数は伸び悩んでしまいました。そりゃそうなっちゃいますよね。。せっかくのオリンピックの舞台だったのに、衣装が気になって本領発揮できなかった可能性は高いですよね。選手もこの日のために4年間練習を重ねてきてるのに、衣装のせいで…なんて思うとたまらないでしょうね。

フィギュアスケート、他大会でポロリした選手も

実はフィギュアスケートの衣装は、かつてポロリしてしまった選手もいるというほど、エロさが備わっています。そのときの動画があるので、ごらんください。1分45秒ぐらいからスタンバイしてください。

フィギュアスケート、思いっきりポロリ事件

これは、かなりポロリしていますね。テレビにもバッチリ映ってしまいました。演技途中に衣装がズレて、自分で気づいて整えたものの、その後もズレて乳首が丸見えになってしまっています!また、最後のポーズの前にもポロリしてしまってますね。

フィギュアスケートは、最後に選手がキス&クライにいるときに、演技がスローで流れたりするのですが、ポロリしているところをスローで流されるのはさすがに嫌ですね。。まぁ、フィギュアスケートの衣装は、ポロリの可能性があることを考えて、作らないといけないということでしょう。

フィギュアスケートは浅田真央にもポロリ事件があった?

なんと、われらが浅田真央にも、ポロリ事件があったというのです。浅田真央といえば、すでに現役引退したものの、フィギュアスケート界に与えた影響力はとても大きく、現在世界で活躍するフィギュアスケートの若手選手のほとんどが浅田真央に憧れて頂点を目指してきた人ばかりと言っても過言ではないですよね。そんなフィギュアスケート界の雲の上の存在の浅田真央がポロリ事件って本当でしょうか?

フィギュアスケート浅田真央、ギリギリ見えた?

浅田真央がポロリ事件を起こしたというのは、2015-2016シーズンのフリーの演技です。フィギュアスケートを休業していた浅田真央が復帰して、蝶々婦人を演じていましたね。その年の世界選手権でポロリ疑惑が起きました。動画があるので、ごらんください。4分55秒からスタンバイしましょう。

 


フィギュアスケート浅田真央、ポロリか?

http://img.image-bankingf25.com/otakara/kininaru/2016/160411_k05c.jpg

フィギュアスケート浅田真央、ポロリ画像

演技後の浅田真央は非常に疲れていて、最後のポーズのあとにリンクに手をついていたのですが、そのとき胸元が大きく開いて、かなり奥まで見えていましたね。これだけ体力消耗するフィギュアスケートなので、演技後は手をつきたくなるのでしょうが、これ、リアルタイムで見ていたのですが、「真央ちゃん危ない・・・!」と思ったのを覚えています。ただ、見えたか見えていないかはギリギリのところで、はっきりは分かりませんね。浅田真央は、他にも乳首が透けてしまったという事件を起こしているので、そちらも見てみましょう。

http://img.image-bankingf25.com/otakara/kininaru/2016/160411_k08c.jpg

フィギュアスケート浅田真央、乳首が透けるハプニング

向かって右側の胸元を注目すると、確かにうっすら何かが透けているのが分かります。色的にも位置的にも、おそらく乳首だと思われますね。ビールマンスピン中でしょうか。手を思いっきり伸ばしているので、見えてしまったのかもしれません。この衣装は、2013-2014シリーズのショートプログラム、ノクターンのときですね。ソチオリンピックのときのシーズンです。国民的人気を誇る浅田真央にも、こんなハプニングがあったんですね。フィギュアスケートって、本当にちょっとハラハラさせられる競技ですね!

浅田真央の胸が成長して巨乳になったりしぼんだり繰り返す【画像】

SNSの反応

平昌オリンピック、フィギュアスケートの韓国代表ミンユラの衣装がずれたことについて、SNSでは、「最初から心配だった」とか、「案の定脱げてる」というように、登場したときから怪しいと思っていた人はいたようですね。確かに、胸元もかなりあいていますし、背中の露出もすごいので、心配されるのも分かります。また、「ホック外れたのに頑張った」という人もいますね。本当にその通りだと思います。

まとめ

フィギュアスケートって、衣装にもかなり注目される競技なので、衣装がズレてしまうとすぐに気づかれますよね。オリンピックという大きな大会では、みんなが緊張しているものなので、色んなことがあると思いますが、フィギュアスケートでのポロリは、同じ女性としては可哀想だなと思ってしまいます。ポロリがないように、フィギュアスケートは衣装の規定も厳しいとは思いますが・・・。


ページトップへ