指原、親知らず抜歯で握手会中止【腫れ顔】

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


HKT48の指原莉乃が親知らずを全抜歯。大胆さや多忙さへの評価・理解の声がある一方、翌日の握手会中止に対しファンよりメディアをとった等と怒りの声も。そんな中、当の指原は元気に?腫れた顔の画像をアップしたようです。

唐突な親知らず4本抜き

世間はゴールデンウィークまっただ中の5月5日、指原莉乃がTwitterで突然親知らずを4本同時に抜いたという報告をしました。本人も続けてツイートしていますが、アイドル活動やタレント活動等々、多忙を極める売れっ子なので、手術時間と最低限のダウンタイムを確保出来るのがこの日だけだったようです。

親知らずを抜く指原

親知らずの抜歯は、かなりの出血や痛み、そして腫れを伴う手術として知られていますよね。特に食事が難しくなることから、ほぼ全ての経験者の口からは“体重が落ちた”というワードが出てくるほど。最も一般的な1本ずつ抜くのでも大変なのに4本同時とあって、報告ツイートには勇気を評価する声や心配の声など1000件以上のリプライが寄せられています。

歯科治療慣れをアピール

術後の生活では食事に関しての心配が大きいですが、歯列矯正の経験から歯科治療中という食べ辛い時の対処には慣れているとツイート。おすすめ商品としてセブンイレブンのインスタントマッシュポテトを推しています。

セブンのインスタントマッシュポテト

公式HPのコメント欄には早速、「指原おすすめで食べたくなった」といった投稿が。指原は2016年3月頃に歯列矯正を始めています。人前に出る仕事なので当然ではありますが、歯の裏側に装置を着ける、費用がちょっと高いやつですね。矯正を始めた当初は食べることに支障を感じ2キロ痩せたそうで、さらには仕事柄うまく喋れないことが辛くかなりのストレスだったようです。

裏側矯正中の指原

裏側だと食べ物が器具に挟まった時が大変そうですが、矯正終了時に装置を取る時に多少歯に傷が付いたとしても安心ですね。もちろん時間が経てば痛みや不快感も和らぎ装置に慣れますし、実際に歯並びを褒められるようにもなったようで、「本当にやってよかったなあって思う」とコメントしています。というわけで歯に関する痛みやストレスには慣れているから大丈夫、だったはずなのですが…

抜歯翌日の握手会が中止に

指原が親知らず全抜歯した翌日の5月6日に、幕張メッセにてHKT48の9thシングル「バグっていいじゃん」の握手会が開催されました。指原は第3部から第7部までのスケジュールとなっており、第5部まではしっかり参加していたようです。


ところが、体調不良を理由に急遽第6部中止のアナウンスが。第7部は一度は開催するとされましたが、結局6部同様に中止となってしまいました。

本日(2017年5月6日)幕張メッセにて開催しておりますHKT48「バグっていいじゃん」個別握手会/スペシャルレーン握手会におきまして、指原莉乃は体調不良により6部の個別握手会を中止とさせていただきます。

ファンイベントだと喋らないわけにもいかないですし、親知らず4本抜きですから痛み止めを服用していてもかなり痛かったんじゃないでしょうか。

握手会中止を謝罪

指原自身も術後の痛みなどを知らなかったわけではないでしょうし、時間がありさえすれば1本か2本ずつ抜きたかったんじゃないでしょうか。それでも我慢出来る思っていたけど、実際は考えていたよりずっと辛かったようですね。
しかし翌日に握手会があると分かっていながら無謀なことをし、握手会に来ていたファンの時間もお金も気持ちも無駄にしたことは事実です。当然中には怒りを感じるファンもいるようで、指原がファン(握手会)よりメディア(テレビなど)を優先したといった意見まで出ています。ファン相手の閉ざされた握手会なら休んでも良いか、という気持ちがどこかにあったのではないかと勘ぐってしまう気持ちもよく分かります。

重なる握手会中止

しかも指原は同じく体調不良により、2月に行われていた握手会も中止していました。今回の5月6日の握手会は2月の握手会の振替先にもなっており、2回続けて中止の被害を受けたファンがいる可能性もあるんです。体調不良は仕方ないこととはいえ、指原くらいの知名度のあるプロですからもう少し頑張って欲しいところです。

腫れた顔を公開

そして術後3日目となる5月7日、指原がTwitterで「痛みも出血もない」とのコメント付きで腫れた顔を公開しました。

パンパンに腫れてますね…痛みがないというのは正直嘘だろうとは思いますが、心配するファンに向けて腫れきった頬で笑顔を見せた指原。もう暫く経てば抜歯により以前よりもすっきりした顔を見せてくれるんじゃないでしょうか。
とりあえず自撮りの加工がアイドルにしては控え目なところに好感が持てます。

 




ページトップへ