指原莉乃、遂に声優アイドルプロデュースに乗り出す!

AKB48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

元AKB48、現HKT48の指原莉乃が、代々木アニメーション学院とコラボして自らアイドルグループをプロデュースすることが発表されました。メンバーオーディションの概要も出てますよ~!注目です。

重大発表・・・!?

1月29日23時45分頃に始まったshowroom内で指原莉乃からある“重大発表”が行われました。showroom配信前のTwitterでは「わたしの中で大きな発表」「情報解禁」と卒業や引退を匂わせるような表現を繰り返し、多くのファンが心配したためか「卒業はしません(笑)」とも呟くなど、発表前から周囲をざわつかせていました。そして発表された情報がこちら。

とうとうアイドルグループのプロデュースを開始し、メンバーオーディションを開催するとのこと!その詳細やプロデュースに至った経緯とは?
ちなみに発表と同時に代々木アニメーション学院のサイトが落ちたそうです…すごい注目度ですね。

指原莉乃プロデュース 声優アイドルオーディション

今回彼女がプロデュースをするアイドルは“声優アイドル”。メンバーは女性で、声優とアイドルという2つの活動を両立させ、今年の夏のCDデビューを目指します。指原莉乃はプロデューサーとしてこのグループの曲の作詞をはじめ、衣装や振付師、MV監督の選定を手掛け、秋元康越えと15~20年後には印税で生活することを目標としているんだそう。単なる企画で終わらせるつもりはなく、しっかりアイドルとして育てていくとの意欲も示しました。


via google imghp応募の条件は2017年2月28日時点で満12歳以上の女子。既に芸能事務所に所属している人や既婚・既婚歴や出産歴のある人は対象外です。指原曰く基本的に10代を希望するそうですが、要項は12歳以上となっているので20代、はたまた30代の人でも応募してみる価値はあるかも。「運命とかフィーリング、野性の勘で選びたい」そうなので、王道から意外な候補者まで幅広いメンバーになるのではないでしょうか。それにしても指原の野生の勘は非常に鋭そうです(笑)
さらに、メンバーとしては勿論“エース級”の子も欲しいけれど、指原自身が不登校でアイドルに助けられ、アイドルになって変われたという経験があるため、同じように今の生活を変えたい、変わりたいという子にどんどん応募してほしいと考えているそう。

アイドルプロデュースに至った経緯とは

豪華過ぎる・・・これは指原じゃないと渡り合えませんね・・・via google imghp実は指原、昨年8月に秋元康や小室哲哉、つんく♂ら、そうそうたるプロデューサー陣とともに代々木アニメーション学院のプロデューサーに就任していました。指原は過去に「モーニング娘。」などハロプロアイドルの大ファンだったことでも知られていますが、2012年6月には既にアイドルイベントをプロデュースしています。さらにSKE48松村香織のソロデビュープロデュース、HKT48のメンバー兼劇場支配人として曲や演出に携わるなど、アイドルに関するプロデュース経験はかなり豊富。今回代々木アニメーション学院から声優アイドルのプロデュースを提案された指原は、声優は様々な可能性を持つ仕事だと興味を持っていたこともあり、オファーを受けたそうです。

女性プロデューサーによるアイドルとは

@dempagumi.official)さんの投稿

でんぱ組.incvia google imghpアイドルというと、秋元康やつんく♂を始めとした敏腕男性プロデューサーの存在を思い浮かべる人も多いと思います。ところが最近では女性プロデューサーによるアイドルも台頭しているんです。代表格はでんぱ組.incでしょうか。福嶋麻衣子、通称もふくちゃんと呼ばれる女性プロデューサーが秋葉原で開いたライブバー「ディアステージ」を拠点として活動し、今ではアリーナツアーや武道館でのライブも複数回成功させる人気となっています。
福嶋麻衣子自身がアイドル好きでしたが、男性が生み出す歌詞等にいまいち共感しきれない歯がゆさを感じていたそうです。女性プロデューサーの強みとして、男性に気に入られないといけないというアイドル側が持つ媚が無く等身大でいられ、女の子が見て可愛いと思うものを作り女性にも愛されるアイドルを作れることを挙げています。

@fatezero294573)さんの投稿

via google imghpこの長所、指原自身に当てはまっている部分もあるのではないでしょうか。男性ファンの激減必死な恋愛スキャンダルすらも乗り越え、お笑いや汚れキャラ的な立場に立ったりしながらもアイドルとして活躍を続けています。嫌な感じの媚がなく自分を貫いている感じですね。そんな彼女がプロデュースするアイドルなので期待して良いのではないでしょうか。
今回アイドルグループ自体をプロデュースすることで、まさに360度好きなことを仕事にする状態になるわけですが、「自分がやりたかったこと全てこのプロジェクトでやる予定。アイドルオタクが理想のアイドルグループを作りたい」と意欲に溢れているようです。

@iketter_up)さんの投稿

常に全力感があるのも良いですね・・・via google imghp



ページトップへ