押切もえの絵がすごすぎるwマルチな才能が話題に

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


えびちゃんと一緒にモデルとして一世風靡した押切もえ(40)まさかの絵画で才能発揮??彼女のマルチな才能をまとめてみました。

押切もえの絵がすごいと話題に

押切もえは同世代の女性のファッションリーダー的存在で、モデルとして活躍する一方で絵画に精通しており、二科展で何度も入賞するほど絵画の才能があること、みなさんご存知ですか?

押切もえの絵画の才能を一躍有名にしたのが、二科展で入賞した「花咲くヨウニ」という作品です。この作品は、80号キャンバスに大きなバラの花をモチーフに、力強く時に優しいタッチで描かれた押切もえの表現力の豊かさが感じられる一作です。

押切もえが描く絵画の世界は、華やかさのある大きなバラと少し暗めの色調が、移り行く時の流れを見事に表現されています。小学生のころから絵を描くのが好きだったという彼女は地元のコンクールで入賞した経験があり、このころから現在の活躍の片鱗を覗かせていたのでしょう。

しかし押切もえの才能は絵だけではないんです!

押切もえの才能

マルチな才能①小説

押切もえは絵画の才能に加え、豊かな表現力でエッセイストや小説家としての一面もあります。なんと小説は大賞にノミネートされたことも!!

2009年にエッセイ本「モデル失格 〜幸せになるためのアティチュード」を、その後「浅き夢見し」で小説家デビューを果たしています。

そして「永遠とは違う一日」は、恋や仕事に揺れ動く女性の心を優しく包み込むようなストーリーで、山本周五郎賞にノミネートされ、その後小説新潮に連載されました。この作品は、彼女の出産経験に基づいて執筆されたとも言われています。

マルチな才能②料理

押切もえが作る料理はSNSでかなり好評なんだとか。


その腕前に「おいしそう」や「バランスがよさそう」など絶賛の声が絶えません。盛り付けの美しさにも定評があり、ファッションリーダーの彼女らしいセンスの良さは、お料理にも活かされているのですね。

押切もえはアスリートフードマイスターの資格を取得していますね。旦那様への愛が伝わってきますねw

見た目や味、さらに家族の栄養管理も考えられたメニューは種類も豊富で、インスタにアップしている料理は、ぶり大根や白和えといった和食から、パエリアなど、和洋中問わず、バリエーションの多さが見て取れます。

YouTubeでは 作り置きレシピを紹介しており、真似してみる!とのコメントが多くありました。

他にも、ソムリエ協会が認定するワインエキスパートの資格も保有し、ワインイベントの開催を行うなど、食に関しても幅広い分野で活躍しています。

マルチな才能③ゴルフ

ここまで絵画、料理、小説とセンスで勝負する才能が続きましたが、押切もえはスポーツの才能もあるようで、ゴルフの世界でも活躍しています。

プロアマ大会の出場や、プロとコースを回るなど、ゴルフの腕前もプロ級です。

ちなみに押切もえのゴルフは2010年ころは99だったようです。

ゴルフのプレーもさることながら、ファッションセンスのいい彼女はゴルフウエアやクラブ、バッグ、シューズなどプロデュースも手掛けています。絵の才能に長けている彼女はデザイン画から書くこだわりよう。おしゃれな彼女らしいエピソードですね。

押切もえは、ゴルフ以外のスポーツにも精通しています。ホノルルマラソンでは4時間台で完走や日々のトレーニングの様子が彼女のインスタにアップさています。彼女のスタイルは、バランスの良い食事や日々のスポーツの賜ではないでしょうか?

押切もえのマルチな才能から目が離せない!

押切もえは、読者モデルからスタートし、トップモデルとなった今でも進化を続けています。

マルチな才能は、彼女の努力の賜物ですね。

進化を続ける押切もえ、40代はどんな才能を開花させるのでしょうか。



ページトップへ