愛子さまの現在の姿が衝撃!?激太り&激痩せ画像まとめ!摂食障害疑惑も

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生となった愛子さまは今まで激痩せと激太りをくり返してきました。ここでは過去から現在までの愛子さまの激痩せと激太り画像を、原因とともにまとめてご紹介します。

愛子さまの激痩せと激太り画像まとめ

愛子さまは以前、拒食症を疑わざるを得ないほどまで激痩せした姿が話題になりました。

2016年の愛子さまが15歳のとき、今まで標準体重くらいの適正体重に思われていた愛子さまが激変してしまったのです。

あまりの激変ぶりに、愛子さまには替え玉がいるのではないかとか影武者説まで浮上したくらいでした。まずは2013年の愛子さまと2016年の愛子さまの姿をご覧ください。

2013年の12歳のときの愛子さまは太すぎず細すぎずの健康的な体型でしたが、2016年の15歳のときは全体的にかなり痩せてしまいガリガリに…。

しかし、愛子さまの変化はこれだけではありませんでした。

では愛子さまが近年どのように変化したのか見ていきしましょう。

2017年7月の愛子さま

2017年3月に愛子さまは学習院女子中等科を卒業しました。

実はこのとき、愛子さまは身長163cmに対し体重が37kgにまで体重が落ちていたそうです。

顔周りや脚がすごく痩せてしまっていますよね。

ちなみにこのときの愛子さまのBMIはモデルも驚愕の13.8。BMIが22に近いほど健康的な適正体重であると言われているため、愛子さまの体重は健康を害する可能性があるほど危険な状態です。

2017年7月に太って健康的に

痩せすぎが指摘された卒業式から4ヶ月後の7月。

愛子さまの体型はふっくらして健康的な体型になっていました。

この投稿をInstagramで見る

kazuさん(@kazu_hg993)がシェアした投稿


噂によると愛子さまはたった4ヶ月で15kgも太ったそうです。

一気に15kgも太れば普通は激太りだと言えますが、愛子さまの場合はもとの体重が軽すぎるため、たとえ15kg太ったとしても問題はありません。

ちなみに、愛子さまの身長163cmの標準体重は58.45kgだそうです。愛子さまが本当に15kg太っていたとしても52kgなので、標準体重よりもまだまだ軽いということになります。

また、愛子さまが52kgの場合のBMIは19.57なので、愛子さまはかなり健康的な体型に近付いたと言えるでしょう。

2017年12月、愛子さまはさらに太った

そして、2017年7月から5ヶ月が経過した2017年12月。16歳になられた愛子さまがさらに太ったと話題になりました。

こちらがさらに太ったと言われた愛子さまの画像です。

ちょうど1年前の激痩せしていた時期に比べると、かなりふっくらしたのがわかると思います。

愛子さまは中学校を卒業し、高校生になったものの1学期は頻繁に学校を欠席していましたが、2学期になってからは熱を出して数日欠席したとき以外はほとんど登校していたそうです。

基本的に元気に過ごしていて、勉強や学校行事にも積極的に取り組むようになったのだとか。

激太りしたとも言われてしまっているようですが、顔色や表情からも元気な様子が伝わってきますし、激痩せしていたときに比べれば心身ともに健康的になったことがわかります。

2018年3月、愛子さまが少し痩せて綺麗に!

ふっくら健康的になったと言われていた愛子さまですが、2018年3月の愛子さまは16歳のお誕生日を迎えられた2017年12月の頃よりは少し痩せたようです。

この投稿をInstagramで見る

Royal World Thailand 🇹🇭さん(@royalworldthailand)がシェアした投稿


ふくらはぎやウエストが引き締まっていて、顔も12月ほどパンパンな感じはなく、全体的にすっきりされた印象です。

2018年12月、愛子さまがまた太る

愛子さまに限った話ではありませんが、女子高校生は体型の変化が激しいもの。

愛子さまもこれまで激痩せと激太りが話題になっていましたが、2018年12月ごろの愛子さまはまたまた太ったと話題になりました。

たしかに、顔周りの肉付きがよくなっていますよね。

服装の影響もあるかもしれませんが、体型も全体的にふっくらした印象です。


2019年4月、愛子さまが太って顔がパンパンに…

2019年4月の愛子さまですが、なんとまた太ってしまったようで顔がパンパンになっていました…。

2019年になってからスキーをしたりテニスをしたりなど、アクティブに体を動かす機会が多々あったようですが、やはり2018年12月に比べるとさらにふっくらされたように見えます。

しかしながら、愛子さまは現在まで体型の変化が著しいように思えます。

なぜ愛子さまはここまで体型がころころと変化してしまうのでしょうか?

2019年5月、令和の愛子さまがこちら【現在】

2019年5月1日より新元号の「令和」に突入しました。

天皇ご一家と上皇ご夫妻が令和初の夕食会を行った日で、愛子さまたちは皇居の半蔵門に合わせた人たちへ車から笑顔で手を振っていました。

上半身しかわかりませんが、愛子さまは顔周りが少しスッキリしたようで、顔色もよくとても健康的になられていると思います。

ちなみに夕食会は行事の一環ではなくプライベートなものだそうです。

愛子さま、激太りと激痩せの原因は?

では、愛子さまはなぜここまで激太りと激痩せをくり返しているのか、原因をご紹介します。

愛子さまの体型の変化は精神的な問題か

愛子さまは小学校から中学校まで、不登校になる時期が度々ありました。そして、愛子さまが2017年4月に無事高校へ入学されてからも、すぐに再び不登校気味になってしまっていたのです。

『女性自身』が学習院関係者に確認しただけでも、愛子さまに関する以下の事実が分かっている模様です。

高校入学後のガイダンスが行われた4月11日と12日を欠席。通常授業初日だった13日まで3日連続で欠席された。

17日から19日も同様に3日連続でお休み。24日の欠席は、「翌日の球技大会に向けて大事をとった」という。

5月8日から12日には、天候不順による風邪を理由に5日連続でお休み。さらに翌週の15日もお休み。6月に入ってからも、第4週は出席できたのが22日の1日だけ。

期末テスト直前の6月29日と30日には、「テスト勉強のお疲れ」を理由に学校を休まれた。だが、これはあくまで本誌が確認できている範囲で、さらに欠席が多い可能性もある。

この投稿をInstagramで見る

Royal_japanさん(@love_royalss)がシェアした投稿


愛子さまが不登校になるのは精神的な問題が大きく関係しているようでしたが、たしかに強いストレスを抱えているなど、精神的に辛いときに激太りや激痩せしてしまう人は少なくないです。

愛子さまの場合、精神的に辛くなってしまうと、食欲の低下やふらつきなどの症状が現れることがあるようです。

摂食障害の可能性も

愛子さまの激痩せが話題になっていた2016年12月ごろ。愛子さまは食欲が低下していてふらつきなどがあり、医師と相談して登校時間を区切って学校生活を送っていました。

公には食欲が低下していることになっていますが、あまりに痩せてしまったため、中には愛子さまは拒食症なのではないかとの噂も出ていたのです。

そんな愛子さまが中学校を卒業後、たった3~4ヶ月で15kgも体重が増加してしまいました。体重だけ見れば健康的になったと言えますが、ただ単に過食になってしまったのではないかとの見方をしている人もいるようです。

もしも拒食と過食の事実が本当であれば、愛子さまは摂食障害だったということになります。

ただ、愛子さまが摂食障害だということは公表されているわけではないため、あくまでも可能性として考えられるということです。

愛子さまの現在は学校も勉強も好調な模様

愛子さまは現在まで太ったり痩せたりをくり返していましたが、原因はやはり精神的な部分が大きかったのかも知れません。

そんな愛子さまですが、現在は学校も勉強も好調な模様です。

愛子さまには多くの友だちができ、通知表はほぼオール5で常に学年でトップクラスの成績を納めているそうです。

愛子さまは2019年現在、高校3年生になりもうすぐ大学受験の季節がやってきます。

愛子さまは内部進学をする可能性が高いため、受験勉強で頭を悩ませることはなさそうですが、それでも今後精神的に弱ってしまう日がこないとは限りません。

愛子さまにはこのまま順調に学校生活を送り、健康的な毎日を過ごしてほしいですね。

<こちらもオススメ>

【画像】愛子さまの霊視が怖すぎる!心霊写真や雅子さまの眞子さまへの嫉妬もヤバい

【画像】激ヤセの愛子さま、163cm37キロからご回復【動画】

愛子さまの作文が凄すぎる…。中学生が書いた世界平和への想いとは

愛子さまの本当の父親は皇太子徳仁親王ではない!?理由と噂の真相とは

愛子さまの通信簿はオール5!欠席多いのに何故?大学は上智希望か

愛子さまの性格がヤバい!わがままでコミュ障に不登校と話題に

まとめ

愛子さまの現在までの体型の変化をご紹介しましたが、思春期なだけあってなかなか変化が激しいものでした。

恐らく、精神的な部分が影響していると思われますが、現在は学校生活も勉強も安定しているようなので、しばらくは健康的な体型を維持されると思います。

今後、辛いことはたくさんあると思いますが、摂食障害になることなく健やかに成長されることを願いましょう。



ページトップへ