【画像】激ヤセの愛子さま、163cm37キロからご回復【動画】

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ついに学習院中等科を無事ご卒業された愛子さまが可愛くなりすぎてる!2017年2月は身長164cm体重36kgで、激ヤセの原因は摂食障害?拒食症?ダイエット?それともいじめ?と考えられる原因がありすぎましたが…

愛子さま、激痩せ

今から10年前に遡る2007年9月、愛子さまが大好きな相撲を両国国技館で観戦された際もニュースで拝見していましたが、今改めて見るとこのあどけなさ。時折笑顔を見せつつ、また時折両親に何かを尋ねながら食い入るように見入っていた姿が印象的でした。

順調に成長なさってきたようにもうつっていた皇太子ご夫妻の一人娘、愛子さまですが、その愛子さまに関する話題がいまヒートアップしています。その内容とは、彼女の容姿、体型のこと。

それもそのはず、その姿を見た人は誰しもが驚きを隠せないほどの激痩せぶりなんです。これまではどちらかというとしっかりとした肉付きといった印象すらあった人物が、鶏ガラのようになってしまったのです。

愛子さまの遍歴

厳密には、2017年より前から痩せていっているような兆候はあったものの、50kg台だった体重が40kg台になっているような雰囲気でした。さすがに痩せ方とスパンは短かめではありましたが、そう思った時からも更に痩せてしまいました。

一体いま何kgなんだと思わざるを得ないその風貌でしたが、ここにきてついに公になった具体的な数字。それが、身長164cmで体重が37kgというものでした。我々国民も驚愕です!1年間で18キロ痩せたとのこと。ということは以前は55キロだったということですよね。もしそのままであっても、身長164cmならかなり理想的だったのです。

愛子さまを時系列で見る

みんながよく知る愛子さまの姿かも。

筆者的にはこの頃、「思春期だしお痩せになってきて綺麗になられたな」と思ってました。ちなみに「秋篠宮佳子さまに憧れていてダイエットしている」なんてウソか本当か分からない話もよく目にした頃ですが、何せ笑顔が多くなってきたなあという印象が強かったです。

2016年

みんながビックリした写真でしたが、この頃の私たちはまだ知らなかった。これが「第一弾」になるとは……

そして2017年

前回でも痩せすぎだと騒然としていたのにまさかのまだまだ行くという。筆者はここで、確実に30kg台に乗っただろうことを確信したのですがビンゴでしたね…いやいや手とか半端ない。ダメでしょう。
毎年撮られている写真なのでこの構図なのもよく分かりますが、皇太子さまも雅子さまも、笑ってる場合じゃないよ!!と言いたくなります、いや笑わなきゃいけないのは分かってるんですけど、もうあまりにも違和感ありまくりな写真すぎて!悲しすぎる…

BMIなんと13.8!

15歳から39歳女性の理想BMI数値、ご存知でしょうか?19なんです。13.8という数字の異常性半端ない!

噂されている摂食障害とは

名前だけは聞いたことある方がほとんどだと思うので、主に原因を探りたいと思います。
まず、摂食障害の直接的な原因はまだ明確になっていないとされています。ただし、傾向はあります。多いのは家庭環境。また、単に勉強や環境、恋愛といった私生活におけるストレスからなる人もいますし、成長期特有の心の病後であるといえます。

この図からもわかるように、いま拒食症であっても、ふとしたきっかけで過食症、また過食嘔吐になってしまう場合も安易にあり得るんです。

邪推だし失礼だと思いつつ、やっぱり母親との関係性か、もしくは長らく不安定でいた母・雅子さまに愛子さまを見る余裕が無かったからなのか、それとも初等科時代にいじめがあったと囁かれているそれが事実で響いているのか。はたまた、最近でいうならばご公務も増えて人前に出ることが多くなったことで気にしたか。

愛子さまの場合、他の皇族女性の誰よりも、色んなことがあり得そうだなと思ってしまうのが現状。

東宮家内の食卓が緊迫か

2016年の冬、こんなやり取りが東宮家内であったようです。

「昨年11月の2〜3日間ほど、愛子さまはほとんど食事を召し上がらない時期がありました。皇太子さまは“作ってくれる方もいるのだから”と食べるように諭したのです。

しかし、愛子さまは“それはわかっています”とお返事しただけで、なかなか食がすすまなかったそうです」

(略)

父親の言葉にも耳を貸さない愛子さまに対して、ついに雅子さまも業を煮やされたようで、

「雅子さまは“青いものだけでも食べなさい”などとおっしゃったそうです。それでもなかなか言うことをお聞きにならず、厳しく叱ったこともあったとか……」

う〜ん。このエピソード、「国民の税金で生活してるくせに!!」なんて言う人たちも相当数存在しますからね…仕方がないこととはいえやはり炎上案件ですね、、

「11月のころを底だとしたら、現在は食べるようにはなりましたが、それでもおそばなどの食べやすいものだけを召し上がっています。お肉は今も口にされないそうです」(東宮職関係者)

体のことが心配になるレベルの栄養バランスですね。本当に一体何があったというのでしょうか。。もとより食事を作る人たちも専属でいると思いますが、こうなるとたまらないでしょうね。。

以前の愛子さまの様子

さて、そんな愛子さまですが、以前はどのような人物だったのでしょうか。あまりたくさん情報を目にするというわけではない人物でもありますから、知らない人も多くいるかもしれませんね。

書道を愛する愛子さま

今も習われているのかは定かではないですが、かなりの達筆であられる旨のニュースはよく流れています。そもそも皇族の方で字が汚い人なんていなさそうですし、ありえなさそうですよね。

運動神経抜群だった愛子さま

特に小学生のころは運動神経が良く、たびたびリレーの選手なんかにも選ばれていたそう。


今や走ると折れそうな足なので走らないでと言いたくなってしまいます。昔と比べると見る影もないですね。

2014年4月に学習院中等科に入学

12歳のころになりますね。小学生の頃に比べると痩せた印象ですが、とはいえかなり標準的な体型に見受けられます。

入学式の際のメディア対応

via www.youtube.com

そして今の状態へ近づいていくわけですが、ここまできたら、むしろ今どんな状態にあるのかはっきり公表してくれたら憶測や噂ばかりにならないのに。

とも思いつつ、やはり皇族の方で、しかも大事な思春期真っ只中の女の子のことですからデリケートな問題ですし無理ですかね。愛子さまにも可哀想か…

 

痩せていく段階を踏む愛子さまの様子

これくらいの細さならば、「お綺麗になられたなあ」で終わるのに。もっとちゃんと、普通にご飯を食べて欲しいですね。切実に。

影武者ならどれだけいいでしょうね〜…そうであって欲しいと思ったけど、まあ、違いますよね。はい。

影武者説の根拠

実は皇室の影武者説というのは一昔前からささやかれているものです。

今回の愛子様に関しても影武者説が出ましたが、皇室の影武者説の根拠は…?

2006年3月16日、週刊新潮の特大号

この記事では、愛子様がスキーを練習する様子を撮影した記者の体験が記されています。

そこで目にしたのは二人の愛子様。

スキーを練習しているのは愛子様にそっくりな女の子で、その一方で皇太子さまが本物の愛子様を抱っこしていたのだとか。

もちろん真実かどうかは分かりませんが、これをきっかけに影武者説がささやかれるようになりました。

2017年の愛子様は

そして今回の話題である、激やせした愛子様。

2017年の1月に姿を現したときには、昨年に続いて激やせしていることで話題になりましたが、この愛子様が影武者ではないかというのです。

つまり、本物の愛子様はもう2年くらい、公に姿を見せていない…ということになりますね。

激やせしたのは影武者だから?

愛子様は、驚くほど短期間に激やせしています。

いくら食が細くても、ここまで痩せるということがあるだろうか、というスピードで痩せているのです。

並々ならぬストレスなどがあったのでしょう。

ということはもしかすると痩せたのは影武者で、愛子様の影武者という大変重要な役目を果たさなくてはならなくなったことがストレスとなり、摂食障害などをきたしてしまったのではないでしょうか。

なぜ影武者を用意するの?

しかしその場合、一番大きな疑問があります。

なぜ、影武者を用意する必要があったのかということです。

いろいろとうわさはありますが、もしかしたら本物の愛子様は発達障害などを患っているのではないか、といわれています。

そのため、公に堂々と姿を見せることができない、と。

だとしたら障害者差別ですし、あまりにかわいそうな気がしますが…

もちろん真相を知るのは皇室の方のみですから、世間の噂はしょせん噂ですが、どうなっているのかよくわからない皇室だからこそ、このように闇があるのではないかと勘繰られてしまうのでしょうね。

愛子さま、学習院をご卒業。

追記:

そして2017年3月22日、愛子さまはご無事に学習院をご卒業されましたが、その映像がめちゃくちゃ可愛くなっていて驚き!!今までよりいくらか体重もマシになったのでは??その動画はこちら!

愛子さま 中学校ご卒業

via www.youtube.com
もちろん今までに比べると痩せたままではありますけど、これくらいならまだ見ていられる気がします。何より表情が本当に変わりました!今までは一体何だったのかと思うくらい。3年間の想いを語られるのを微笑ましく見ることができて安心しました!



ページトップへ