【神回】ディーン無茶振りで黒柳徹子がビートボックスに!

バラエティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご長寿トーク番組といえば『徹子の部屋』。ゲストのディーンフジオカが特技のラップを披露する際に、黒柳徹子にビートボックスを頼む無茶振りぐあい!!ディーンも爆笑の黒柳徹子のビートボックスとは?!

@tetsukokuroyanagi)さんの投稿

黒柳徹子

生年月日:1933年8月9日(83歳)
血液型:A型

徹子の部屋:黒柳徹子の冠番組via google imghpルールルルルルルールルルルル~♫でおなじみ『徹子の部屋』。今回「神回」「歴史的瞬間」などと過去類を見なく、話題となっております!!ゲストは、五代ロスや主任ロスなど数々のロスを引き起こすディーンフジオカ。ゲストがイケメンだからって盛り上がっているんじゃないいんです!!では何故盛り上がってるかというと・・・。その名も「ディーンラップ」

@tfjok)さんの投稿

ディーンフジオカ

本名:藤岡 竜雄(ふじおか たつお)
生年月日:1980年8月19日(36歳)
出生地:福島県
身長:180cm
血液型:A型via google imghpんー、スゴイ地雷臭!(笑)ディーン、多才なのは分かったもうやめてくれ。となってしまった皆さんご安心を!今回は特別に、黒柳徹子がビートボックスを担当しています!やりました!徹子の部屋ですからね、当然“主”がやってくれますとも!「黒柳徹子、ビートボックス」って字面でもう面白いんですが、こちらが、噂の“神回”徹子の部屋。

ディーン無茶振りで黒柳徹子ビートボックスに挑戦!?

ディーンがラップ!黒柳徹子がビートボックス挑戦で夢のコラボ!

via youtu.be期待を遥かに超えてくれます。(笑)プスプス息が漏れまくりの黒柳徹子にディーンも思わず爆笑していますが、なんとも愛らしいビートボックス。最終的には手拍子にシフトして、ディーンとコラボ。

皆が口々に“神回”と呟く理由がここにありましたね。(笑)大御所中の大御所に無茶振りしちゃうディーンも流石ですが、きちんとノッてくれる黒柳徹子に拍手が止まりません。なによりディーンのこの最高な笑顔を届けてくれた、徹子の部屋にありがとうが止みません!!

芸人キラー、徹子の監獄?!

そんな徹子の部屋、いえ、黒柳徹子。「芸人殺し」の異名ががあるほどのマイペースさでも有名。「やってやって」と無邪気に芸をせがんだと思ったら、「そこでおしまいですか?」とバッサリ斬ったりと、黒柳徹子に全部のペースを持って行かれて反省会を開く芸人が跡を絶たないんだとか。徹子の部屋に出演するくらいなので、旬な方や大御所が呼ばれているのですが、黒柳徹子の前だと皆がタジタジになってしまうなんて面白いですよね。

【バナナマンの場合】

CMに入る前に、「二人がどんなに面白いかコマーシャルを挟んでコントをやってください」とハードルを上げる徹子さん。そして、CMが明けると「コント職人といわれてらっしゃる二人のコントを拝見いたしましょう。どうぞ」とバナナマンさんを紹介します。
バナナマンの二人は、変な空気のままショートコントを披露。見終わった後、特に笑うこともなく、「これはこういうことなのね」と徹子さんはネタの分析と解説をしてしまうのです。

百歩譲ってウケなかったとしても、ネタやオチの解析をされてしまうのは芸人として辛すぎますね・・・。ハードルを上げられてからこの仕打なので、相当メンタルにきたんじゃないでしょうか。お気の毒様です・・・。

【ダウンタウンの場合】

徹子さんに、「自分たちでネタを作っているの?」と聞かれて、「松本が作っています」と答える浜田さん。その後に、松本さんに向かってこう言います。
「笑わせるようなことをおっしゃる顔はそんなにしていらっしゃらないんですけど、そんなに面白い話を作るのが上手?」

若かった頃に出演した時のエピソードなのですが、こんなにインパクトが大きいことを言われたら一生忘れることがないでしょうね~。この後、ダウンタウン浜田は大爆笑。松本も、たまらず吹き出してしまう展開に。悪気がなく素直に思ったことを言ってるのが分かるので、なんだか許せてしまうのが不思議です。

【ダチョウ倶楽部の場合】

この話の後、「どうぞどうぞってもう一回やっていただける? それでコマーシャル行きますから」と言ってダチョウ倶楽部さんを急かします。慌ててギャグをするダチョウ倶楽部さん。徹子さんは、淡泊に拍手をした後「コマーシャル行きます」と言いました。

お馴染みのギャグ「どうぞどうぞ」の誕生秘話を語っていた時に、投げかけられたキラーワード。芸も鮮度が命ですから、一度やったギャグをその場で、しかも誕生秘話を語っている際に・・・。恐ろしすぎます。そしてトドメに、急かした挙句のノーリアクション。これは芸人さんじゃなくても、体験したくない瞬間なんじゃないのでしょうか・・・。

【小島よしおの場合】

小島さんは、冒頭の登場シーンからお得意のギャグ「ウェーイ」を徹子さんに披露しますが、「あーそうですか」という反応。小島さんが「はい、おっぱっぴー」までやり終わったとき、「そこでおしまいですか?」と徹子さんに言われてしまいます。最初から最後までペースを崩された小島さん。

小島よしおのギャグは、説明のしようのない面白さって感じなので一回一回の雰囲気を壊されちゃうともう手も足も出ないですよね~。

ついに徹子の部屋、頂上決戦へ!!

この屍達の中生き残ったとされているのが、千原せいじ。千原せいじ自身も黒柳徹子に負けずを劣らずのマイペースさ、と言うかガサツさ。豪快で怖いものなしな野性的な印象がありますが、まさにその通りだった模様です!


千原せいじと黒柳徹子

via google imghp

なんと「せいじ無双」なんて言われ圧勝だったんです。徹子の部屋はご存知の通り、勝ち負けを争う番組じゃないのですが(笑)ここまで芸人キラーだった黒柳徹子を抑えこみ、トークに引きこむなんて流石です!!この時のトーク内容が「アフリカで、カバを食べ発疹が出た」という話題で、アフリカについて2人は意気投合したそうです。アフリカの話が広がるなんて、ビックな人たちは違いますね。

ローラと黒柳徹子

via google imghpその他にも芸人さんではないのですが、タレントのローラがなかなかの健闘ぶりだったのでご紹介。ハーフの可愛いお顔に、タメ口、天真爛漫なローラ。そんなローラと同じく天真爛漫マイペースな黒柳徹子、さぞのほほんとした回になるんだろうな~と思ったら間違いでした。なんとも、シュール!

映画『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』でキスシーンがあったことに触れ、徹子から「キスシーンどうだったの?」と訊かれると「ひみつー!フフフ」と無邪気。また映画には大量のゾンビが出てくることから、ローラが「本物のゾンビってどうなってるんだう?」と徹子に質問すると、徹子は「でも本物のゾンビって、こんなになって歩いていくんじゃないの?」と話しながら手を前に伸ばし、ゾンビの歩き方を披露、しかしローラは「んー誰が?」と訊ね、徹子は思わず「誰がってソンビの話よ」と冷静に突っ込むという展開

ローラに一問一答するコーナーで、徹子が「好きなタイプの男性は?」と質問すると、ローラは「好きなタイプは、なんか目が優しくて、、アボガド料理をあげたら喜んでくれる人!」と答えると、「そうですか。いっぱいいるでしょう」とバッサリ。「生まれ変わったら何になりたい?」との質問では、ローラが「空」と答えると、「空。いいね、空。いいと思います」と冷静。

お互い思ったままに話しているんでしょうが、独特すぎて思わず笑っちゃいます。なんでこんな自由なの!って感じで、こっちがハラハラしてしまいますが(笑)
長寿トーク番組の『徹子の部屋』。芸人キラーな黒柳徹子も楽しみですが、今回のディーンの回の様にいくつになっても色々なことに挑戦していく黒柳徹子の姿も楽しみです!

ご長寿トーク番組といえば『徹子の部屋』。ゲストのディーンフジオカが特技のラップを披露する際に、黒柳徹子にビートボックスを頼む無茶振りぐあい!!ディーンも爆笑の黒柳徹子のビートボックスとは?!

@tetsukokuroyanagi)さんの投稿

黒柳徹子

生年月日:1933年8月9日(83歳)
血液型:A型



ページトップへ