2016日本シリーズ前に広島カープの黒田博樹が引退を発表

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 

広島東洋カープのエース黒田博樹が今シーズンを最後にユニフォームを脱ぐと18日広島市内のホテルで会見し、発表した!この事はテレビでの速報でも流れ野球ファンだけでなく多くの人を驚かせた。黒田博樹という漢の勇姿を見届けたい!

【漢】黒田博樹引退へ 32年ぶりの日本一目指す!

日米通算200勝投手の最後にふさわしく終わりたい

10月19日広島東洋カープの黒田博樹投手が今シーズン限りでの引退を発表した。
日本シリーズ前会見するのは珍しいが、そこには黒田なりの考えがあってのことだろう。

黒田は今シーズンの7月に日米通算200勝を達成した。
しかし、黒田自身もまさか自分がこの年齢まで野球を続けられるとは思ってなかっただろう。
まして200勝なんて考えてもいなかった。
黒田は大阪の出身で高校時代は名門の上宮高校野球部に在籍していたが、無名の控え投手だった。
その後、専修大学の野球部に進むがこちらでも150キロを計測したが目立った成績は残せなかった。
だが黒田はプロ野球の世界に足を踏み入れようと決心し、プロ志望届を提出する。
本来なら、無名のピッチャーを獲る球団などそうそうない。
そんな周りの反応と違う視線で黒田を見つめる人物がいた。
広島東洋カープ球団スカウトの苑田聡彦だ。
苑田は大学時代の黒田を見て獲得を決めた。
その理由とは何か?
苑田はこう語る

僕らスカウトは試合の内容より、打たれた後のベンチに戻った姿を見ている。
肩を落として落胆している投手は大勢いるが、黒田は違った。
彼はインコースで打たれたならもう一度同じところに投げて、こう投げたらこう打たれるんだな・・・と自分で理解していく投手だった。
こういう投手は必ず大成すると感じたんです。
案の定ここまで長く現役をを続けて200勝までするなんてね。

黒田はと抱き合う苑田スカウトvia google imghp苑田スカウトなくして今の黒田博樹はなかったと思える。
黒田は1996年に広島東洋カープのドラフト2位(逆指名)で入団する。
当時は線も細くとてもプロの世界でやっていけるようには見えなかった。
さらに春季キャンプ後は2軍スタートが決定した。
2軍のマウンドで本来の先発ではなく中継ぎで登板した黒田だが初登板で1イニング10失点を喫してしまう。
しかし、当時の2軍監督の安仁屋は3アウトを取るまで降板させなかった。
その経験が今の黒田博樹に活きているのだろう。

入団したての黒田博樹。
線が細く心配の声が多かったvia google imghp

プロでの経験と実績

翌シーズンには、東京ドームで初登板・初先発・初勝利・初完投の快挙を達成した。
チーム事情もあり負けが先攻したが、そのシーズンは規定投球回に到達して十分チームの戦力になれることを示した。
その後は順調にチームのローテーションに加わった。
投球スタイルは急速に頼ったスタイルで豪腕だが制球難という投手の典型だった。
先発完封をしたかと思えば、次の試合で初回から5失点するなど安定性に欠けていたのだ。
そんな黒田だったが徐々に制球難を克服し、急速は落ちないままコーナーに投げ分けられるコントロールを身につけた。
このことが大きく影響して黒田は順調に勝ち星を積み上げていった。
2003年には当時エースとして君臨していた佐々岡に代わって開幕マウンドを託される存在になり、期待通りの活躍で二桁勝利を収める。
2005年には最多勝のタイトルを獲得し、名実ともにカープのエースへと成長した。

その後は優勝から遠ざかっていたカープで主砲の栗原健太、新井貴浩と一緒にカープの低迷期を盛り上げていった。
黒田は最速157キロのストレートと繊細なコントロール、9回を投げきるスタミナ、切れ味抜群のフォーク、シュート、スライダーを巧みに操ってリーグ屈指の好投手になる。

しかし、そんな黒田や新井、栗原をもってしても優勝には近づけない。
横浜とBクラス最下位を争うのが毎年恒例となっていたのだ。
その広島カープに黒田FA行使の一報がはいる。
FA権は国内の球団に自由に移籍できる権利だ。
黒田は他球団での自分の評価を知りたいとFA権を行使したのだ。

FA権後の記者に説明をする黒田。
重たい雰囲気なのに後ろの掲示板に書いてあるベストナイン投票は・・・(笑)via google imghp

FA権取得とカープファンの黒田愛

2006年、FA権を行使した黒田をカープファンは必死に残留させようとしていた。
広島東洋カープは市民球団なのでお金が無い球団だった。
しかし、ファンは黒田残留の為にお金を出し合い特大の横断幕を作った。
そこには「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。
ファンにとって黒田がどれだけ大きいかわかる。
それを受けて黒田は「国内で他球団に行くことはない」と語り、生涯広島カープ宣言をしたのだ。

2007年黒田は再びFA権を取得し、以前から夢だったメジャーリーグ挑戦を表明した。
これにファンもここまで頑張ってきてくれた黒田の気持ちを尊重し温かく送り出してくれた。
そして黒田はロサンゼルス・ドジャースへと入団する。

我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹
これをバックに投げる黒田の気持ちは大きく動いただろう。via google imghp

メジャーリーグでの黒田博樹という漢

2007年黒田はドジャースに入団した。
その会見で「広島からきた黒田です」と挨拶した。
普通なら日本から来た黒田ですというがここでも黒田の広島愛を感じる会見となった。

本来ドジャースから4年契約を申し込まれたが黒田は


ワクワクする気持ちはほとんど湧いてこなかった。
戦地に行くつもりでアメリカに行く。
4年間もそんな苦しいことはできない。
苦しい時間が短い方が自分は頑張れる。3年間できちんとした成績を残せれば、4年目に同等かそれ以上の契約を交わせるはずだ。

なんと自ら契約年数の短縮を申し出たのだ。
そんな気持ちで戦地へ臨んだ黒田。
出だしの2年間はなかなかメジャー特有の滑るボールと調整に慣れず、勝ち星を積み上げることができなかったが、3年目以降は持ち前の適応能力を活かし二桁勝利を上げ続けた。

2012年には名門ニューヨークヤンキースへ移籍し、ジーターやA・ロッド、イチローとチームメイトだった。
そのヤンキースに移籍したシーズンに自己最多の16勝を挙げた。
さらに残りの2年間とも二桁勝利を積み上げていった黒田は球界で安定して貯金を作れる投手として際立っていた。
そんな黒田だが年齢も40手前にして1年契約しかしていかなかった。
この1年契約にたいして当時インタビューにこう答えている。

1年契約は自分から申し出てる。
それは、もういつ気持ちが途切れて引退しようと思った時に契約が残っていたらそれを全うしなくてはいけないという中途半端な気持ちになってしまうから。
それなら1年契約のまま引退したい。
実際にもういつ引退の発表をしてもおかしくないです。
明日するかもしれないし、それは自分にもわからない。

こう語っていた黒田はヤンキースとの契約最終年も田中将大につぐチーム2位の11勝、奪三振はチームトップの成績でシーズンを締め括り、来シーズンへの期待が高まっていたが、ヤンキースは契約を結ばなかった。

そこに目を付けたのが古巣のドジャースだ。
他にも複数の球団が黒田の獲得を狙っていた。
年俸は20億とも言われていた黒田だが、なんと選んだ球団は広島東洋カープだった!

ドジャース時代の黒田!
18番だが最初はユニフォームが届かず08で会見していた。

今は引退してしまった往年のレジェンド、ジーターやA・ロッドと同じチームにいたことは誇らしいvia google imghp

黒田博樹、日本球界復帰!最後は広島で!

20億のオファーを蹴って広島に戻ってきた黒田は「自分が投げられなくなる前にカープのユニフォームを着て引退したい」と最後は広島でという気持ちだった。
それと時を同じくして、かつてのチームメイト新井も黒田無きカープから阪神へと移籍していたが、古巣へと戻った。
復帰1年目は黒田フィーバーもあり大いに盛り上がった。
マエケンこと前田健太の活躍もあり久しぶりのCSへと進出を決めた。

だが、シーズンオフにマエケンはメジャー移籍を発表した。
奇しくも移籍先は黒田と同じドジャースだった。
そして今シーズン、マエケンが抜けた事を不安視されていたが蓋を開けてみたら連勝に次ぐ連勝!
2位のジャイアンツに10ゲーム差以上付けて優勝!25年ぶりのリーグ優勝を決めた。
黒田も獅子奮迅の活躍だった。
またベテランとして若手への指導やコミュニケーションを欠かさなかった。
今年、神ってるで大ブレークした鈴木誠也は黒田からこう言われたという。

ガムを噛んでグランドに立つな。
イチローや松井がガム噛んでプレーしてるか?
調子乗ってると思われてピッチャーに当てられるぞ!

こう諭された鈴木はそれ以降気持ちを改めたところ大活躍したという。
他にも、自分が200勝した時にチームメイトや関係者にオリジナルの時計をプレゼントしたりと心配りをみせていた。
そんな黒田が引退を発表した。
理由は、まず広島カープでリーグ優勝できたこと、そしてもう身体がボロボロになってしまったこと。
黒田はCS最終ラウンドの先発を前にキャッチボール中、右肩に違和感を感じた。
しかし、痛み止めの注射を射ちマウンドに上がったのだ。
本人曰く、体中にここまで注射を射った選手はいないだろうと語っている。

引退を意識したのは?

2、3年前です。
毎年、毎年、そういった気持でシーズンを迎えていた。
自分の中で考えだしたのは9月過ぎ。
本格的に自分で考えました。

悔いはありますか?

今年、みんなの力で優勝を経験させてもらった。
最高のシーズンを送れたので、悔いはないです

日本シリーズへの思いは?

あと何試合登板できるか分からないが、最後のつもりで常にマウンドに上がってきた。
目一杯、ケガを恐れず投げていきたい

ファンにメッセージを

今まで本当にたくさん、僕が昨年、帰ってきてから、声援を送ってもらった。
日本一という結果で応えられるように、選手一丸で戦っていけたら

黒田博樹という最高のピッチャーを、漢をこれからテレビを通して見られないと思うと悲しいが、黒田の残してきた功績を讃えたい。
チームメイトもこの黒田引退で士気を上げて、勢いのままに日本一の栄冠を手にしてほしい。
そして、笑顔で黒田博樹を広島東洋カープの永遠の15番を送り出してほしい。

@takeo0106)さんの投稿

1975年2月10日 (41歳)
出身 大阪府 住之江区
身長 185 cmvia google imghp



ページトップへ